3月2日からの休校要請に対しての学習塾の対応

昨日、安倍首相から全国の小中高校に対し、3月2日~春休みまでの休校要請が出されました。

当然、学習塾としての対応が迫られます。

他の学習塾がどのような対応をしているか、一刻も早く知りたい経営者の方もいるでしょう。

特に一人塾長の方は頭を悩ませているかもしれません。

前置きや余計なことは抜きにして情報をお伝えしたいと思います。

首相の要請通り3月2日から春休み全て休校

FC教室などに多いようです。

FC本部から休校にするように指示が出されているケースがあるようです。

月謝は3月分、春期講習ともにいただかない形になるようです。

通常通り授業を行う。

「無理に通塾はしないこと」「休んだ場合は何らかの対応をする」「ご家庭の判断で休みも認める」という説明付きで、通常通り授業を行う塾も結構あります。

ただし、どの塾さんも単に「通常通り行います。」とは言っていない様子です。

あくまでも出欠は「ご家庭の判断に任せる」というケースが多いようです。

通常+朝から塾を開け学校の代わりをする。

通常通り行うだけではなく、朝から塾を開け学校代わりに使ってもらう塾もあるようです。

ニュースで早速、共働きのご家庭の嘆きなどが上がっています。

そういうご家庭にとっては、塾がこういう対応をしてくれるのは有難いのかもしれません。

さらに、塾生の弟や妹も一緒に来て良い、という対応をしている塾もあります。

すでに保護者から感謝のメッセージもいただいているようです。

来週1週間、通常授業をして様子を見る。

感染者がごく少ない地域。またはいない地域の学習塾では、とりあえず来週一週間、通常授業をしてみて様子を見るというところもあるようです。

大手塾の動向や、近隣塾の動向を見て判断するということです。

来週1週間、塾を休校にして様子を見る。

来週1週間は塾を休校にして様子を見るという塾もあります。

その場合、一週間分の授業をどこかで振り返るか、その分の月謝を減額するかで判断が分かれています。

スタッフに余裕があれば振替対応で、余裕がなければ減額対応になるかもしれません。

一週間様子を見つつ、次の一週間の判断を決めていくようです。

集団指導を個別指導やオンライン指導に切り替えて指導する。

普段は集団指導を行っている塾でも、事態が収束するまで個別授業やオンライン指導に切り替えて対応する塾もあるようです。

保護者の反応は?

いくつかの塾から対応についての保護者の反応が出ています。

通常通り塾を開ける、という判断について「学校がない時に開けてもらえるのは助かる」という声が出ているようです。

一方で、この首相の休校要請が出る前から「塾に行かせるのが心配だ」という声をもらっている塾もあるようです。

これは地域によっても違うでしょうし、お客様の層によっても違うでしょう。

普段からどれだけ保護者や生徒と信頼関係を結んでいるか、お客様のことを理解しているかが問われそうです。

正解はだれにも分からない。

今回のことに関しては三つのことがポイントだと私は考えました。

1つ目はお客様の気持ち。

ウイルス感染をどれだけ敏感に考えているのか。それとも、この騒ぎで起こる様々なデメリットを気にしているのか。

ウイルス感染に対してかなり敏感に考えられているお客様が多ければ、休校措置などが正解になるでしょう。

でも、一方で感染者もほとんどいない地域において、学校も塾も休みになったら勉強はどうなるんだ?

子どもの面倒は誰が見てくれるんだ?

という気持ちの方が多ければ、開校するのが正解になるでしょう。

ここは自分の塾にどれだけの割合でどのような気持ちを抱いているお客様がいるか、憶測でしか判断できませんが。

2つ目は売上。

休校措置をするからには振替授業か、授業料をあきらめるか、どちらかを選択しないといけません。

人手があれば振替授業ができるかもしれませんが、今現在、人手に余裕がある学習塾などほとんどありません。

一人塾長の場合はとくに減額措置で対応するしかなくなります。

その減額措置がはたして今の自らの塾経営に耐えうるのか。

ここを論じるのはこんな状況下において不謹慎だ、と言われるかもしれませんが、現在のこの状況は塾経営者にとっては死活問題です。

3つ目は生徒の学力。

上記のように学習塾によって選択は様々です。

自分の塾が休んでいる間に他の塾の生徒たちは勉強している現実があるのです。

その間に学力の差は当然に広がっていきます。

生徒の成績が満足に出せなければ、先々の集客に困るかもしれません。

私はこの3つを考えて、ある意味でちょうどいい妥協点を探りました。

どの選択を取ったのかは今回は言いません。

皆さんの選択に私の選択が影響してしまうのが怖いからです。

私にそんな影響力があるとは思っていませんが、皆さんの判断の1ミリでも曇らせてしまったら…

そう思うと私自身の選択をこの場で示すのは差し控えさせていただきます。

それだけデリケートな事態だと私は感じています。

一人で迷っている、悩んでいる経営者の方の、役に少しでも立てば、と思い早急に記事を書きました。

どんな選択をするにしても、早くお客様に伝えた方がいいでしょう。

学習塾側の判断が出るまでお客様も不安なはずですから。

学習塾経営者の皆さん、お互い覚悟が必要なときですね。

何とか踏ん張るしかありません。