work-everyone

誰にでもできることを考えなしにダラダラやることの無駄

たとえば保護者会の資料作り。

ま、私の塾は保護者会をやりませんが…

資料の内容を作るのって、やっぱりそこのボスとか、授業を担当していたり受験に精通している講師じゃなければ作れないですよね。

でも、その後の印刷ガーガーかけて、でもってホチキス止めして・・・

それは別に誰だってできる。

なのに、私が会社員のころは紙並べてホチキス止めして…みたいな作業を授業後から終電までの間、私と教室長が黙々とやっていたりしたわけですね。

たとえばチラシの配布。

チラシの作成はやっぱりその塾の商品をちゃんと理解していて、魂を込められるボスやスタッフしかできないわけです。

で、それを印刷した後で配布するわけですけど、その配布を塾のボスがやる必要があるのかどうか。

ま、「一人塾長だから仕方がねえ!」という話になるのかも分からんですけど、でも、それって誰でもできるじゃないですか。

いや、ポスティング業者に頼んじゃえば良いじゃない?って話で。

そのあたり、先日書いた記事に私の気持ちは譲りますけど。

いやだって一説によるとポスティングって素人がまくと1時間に250枚アベレージとからしいんですよ。

ポスティングって1枚4円程度で業者に頼めると思うんですよ。

カンタンな計算ですよ、4円×250枚=1,000円・・・

あれれ?って思いません?

つまりですよ、時給1000円の仕事になるわけですよ、単純計算。

埼玉県の最低時給って現在高騰に高騰を重ねて926円ですよね?

高校生でも、どんな簡単な仕事でも、1時間926円なんですよね。

埼玉県のポスティング1時間って最低時給+74円の仕事なんですよね。(いやポスティングを通して市場調査するとか、次の大きなものに繋がる何か思惑があるなら良いんですけど。)

だとすると、コレってわりと誰にでもできる仕事なんではないかい?という話に…

ダメなヒトダメなヒト

ふざけるな!俺のポスティングは・・・俺のポスティングは・・・俺の、俺の、俺のポスティングには・・・愛が詰まってるんだッ!

確かに肉体は疲れ、精神がすり減り…っていうのが仕事をした感につながる部分はあるかもしれないんですが、でも、それってその先に待っているのは「こんなに頑張っているのに報われない感」にもつながるんじゃないかって。

誰にでもできる仕事は極力しない、誰にでもできそうな仕事はできる限り誰かに頼む、そこを一生懸命、それこそポスティングを一生懸命するのと同じくらい、脳みそに汗をかくくらい考える。

それだって立派な仕事じゃないでしょうか?

いや、私的にはそっちの方が仕事らしい仕事だと思ってたりします。

こう言ってしまうと気を悪くされてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、誰にでもできる仕事を汗水たらしていつか報われるとセコセコ動いているのは、結構な無駄だったりするのかもしれませんよ?

それよりはいつ誰にどのくらいのコストで任せられる仕事がどれだけあるのか、それを一生懸命考えた方が明るい未来が待っているって可能性もありますから。

その人にしかできない仕事、その人が一番活躍できる仕事を考える

悩み

一人塾長だと全部を全部、自分でやらなきゃいけない部分が多いんで難しいかもしれませんけど。

(それでも先ほどのポスティングの件とか、教材作成とか、その他もろもろ、それこそ配信サービス利用だの、アウトソーシングができる時代なので、そこは結構一生懸命検討した方がいいとは思いますが。)

たとえアルバイトでもスタッフを雇っている塾長なら、その人にしかできない仕事、その人が一番上手にできる仕事ってメチャクチャ考えた方が良いかと。

たとえば、ウチの塾で言うとウェブ関係とか広告宣伝関係とか、ま、制作関係については私が一番得意なわけですね。

好きなんで、そりゃガンガンできるぜッ!って部分が大きいんですけど。

他のスタッフだと、たとえばホームページの1ページ作るのに1日かかっちゃうことも私がやれば1時間で済むなんてのは当たり前にあるわけです。

ただ逆もあって、たとえば生徒指導とか、保護者面談に関しては私よりも秀でたスタッフがいるわけで、自分では気づかない生徒の様子もその講師が見てくれれば、細かいところまで気づいてくれたり。

妙な知識をいきなり発動して生徒を爆笑の渦に誘い込むことを得意な講師もいますし。私だと恥じらいが出てしまって寒くなることも、彼の場合平気で出来たりするわけですよね。

そういうことを考えて、そしてチームで話し合って、キミはこの時間は生徒をよ~く観察してくれ、とか、このタイミングは生徒の前で好きに何を言っても良いから爆発してくれとか、で、自分は今コレコレこういう作業がたまっているから時間をくれとか。

たとえば、以前記事にも書きましたけど、ウチのエース講師がちょっと前までプログラミングを勉強して、HPにいろいろ実装しようと試みていたんですね。でも、一向に仕上がらなかった。私としては本人から自発的に出てきた取り組みだったので、ある程度までは自由にやってもらいましたけど、我々がやっているのは経営であってボランティアじゃない。

やっぱり結果が出ないことにいつまでも労力と時間を投資させるわけには行かないんですよね。

なので、彼がやっていることについてはいったんストップ。で、先日、ふとしたところから見つけた情報でプログラミングなしで、ワードプレスのプラグインだけで行けることが判明。(それ関連の記事がコレ ⇒ Calculated Fields Formで塾のホームページに訪問者を増やせ!

彼が2カ月かけてもできなかったモノが、私には1日で出来てしまうという…。

ダメなヒトダメなヒト

自慢か~いッ!

人には得意不得意、いや、好き嫌いがあって私はこの手のことが好きなんで、情報が入ってくるわけですよね。で、すぐに「あ、コレはコレに使える!」ってなるというか。

逆に生徒の微妙な悩みとかは私は一向に気づかないんで、他のスタッフに目を光らせてもらっていた方がいいわけで。

組織全体としてどこに誰が労力をかけるのが一番効率的なのか、お客様に喜んでもらうための最短経路は誰が主導していくのか。

私のような零細塾ではこう言うことを考えるのはメチャクチャ大事なことだと。

成果を出さなきゃチームワークが崩れると心得よ!

覚悟

で、ここからが結構自分的には大事だと思ってることで。

誰でもできるような仕事はしないってなるじゃないですか。

経営者は経営者ができる仕事をしろってよく言いますけど。

コレ、「成果」が出ないとスタッフから見限られますよね。

たとえば私は今現在、丸付けとかってあんまりしないんですね。

生徒面談もホントにしなくなったし、保護者面談、入塾面談も相当しなくなってます。

(トイレ掃除はポリシーとして率先してやりますけど。)

で、パソコンににらめっこばかりして常にパソパソしているわけですよ。

仮に私が何にも形にしない、利益も一切出さない・・・みたいなことになっていたとしたら。。

ダメなヒトダメなヒト

ざけんな~ッ!こっちは肩こりビキビキで丸付けしてんのにぃ~!パソって遊んでるだけじゃねぇ~べかッ!この禿げちょびんがッ!

ってなるじゃないですか。

誰もができる仕事って、それこそ体を動かす仕事(丸付けとか、ホチキス止めとか)が多いんで、分かりやすく仕事をしてるって感ですよね?

でも、ウェブで集客するとか、ホームページに新機能を実装するとか、サロンを塾経営に結びつけるって、成果と言うか結果が絶対的に必要なんですよね。

それがないと、誰もができる仕事じゃないだけに誰もが理解できるわけじゃない。理解できないから「ただ遊んでる」って思われかねない。いや、成果が出なけりゃ遊びと一緒という評価で間違いないとは思うんですけどね。

ま、私がやってることなんてフォルムだけ見りゃ、ネットサーフィンしているのと大して変わりないですから。SNSで他人のことをウジウジ羨ましがってるのと大して変わりがないですから。

ただ成果を出すのが難しいからって、いつまでも経営者とかそれに準ずる管理者がわざとらしくあくせくバタバタ働いてたら、組織全体の労働効率は一向に上がらないわけで。

ま、そこは仕方ないですよね。上に立つ人間はホチキス止めで仕事アピールしてちゃいけないわけですよ。丸付けの枚数で仕事やってる感出してちゃいけないわけですよ。

「えっ、この人、これで何でいつの間にかこんなに利益出してるの?」とか、「この人、いつも入塾決めてスゴイよな…」とか、結果で仕事を分かってもらうしかないわけで。自分自身は結果を出すための時間と労力を使うべきで。

で、そのために誰にでもできる仕事ってのは誰かに任せて、で、それぞれの得意分野にそれぞれの人員を配置して。

と、偉そうにダラダラと述べてみました。

偉そうな記事を書いておきながらですけど、私もまだまだ全然ですけど…

「塾長はいつもネットサーフィンしてて楽でいいよなぁ~」と思われているでしょうね。ま、実際、ネットサーフィンしてる時間もそれなりにありますけど…

ダメなヒトダメなヒト

フーーーーー…ショッッッピンッ!!以上!