〇〇時間でいくらだから高い?(安い?)

悩み

これから塾を開業する人は結構気にしてる部分だと思います。

いや、すでに経営を始めてる人でも気にしてる人は多いのかも。

「授業時間が何分で月謝がいくら」みたいなこと。

授業の時間単価とでも言えばいいんですかね。

ま、チラシやホームページでも見ることは多いかと。

”他塾と比較してください!1時間当たりの授業料がなんと〇〇円!”

みたいな…。

開業を控えている人なんかは、それこそ近所の競合の塾の授業時間と月謝を調べては色々悩んでいるかもしれません。

ま、これから私はこの記事で偉そうなことを書いていきますけど、正直言えば私も開業期にはそのあたりは考えたような気がします。

「この塾は1時間当たりいくらだから俺はもっと安くしよう」とか。

だからと言って「ウチは1時間あたりは安いですよ!」とか売り出したことは一度もないですけど。

ただ、今になって考えると、この考え方ってあんまり意味がないというか…。

最近、ある塾の先生が「生徒に『他の塾はもっと授業時間が長いのに安い』と言われて凹んだ…」という話をされていたんですね。

私がもし同じことを生徒から言われたらショックというか…、ムッカ~ってなっちゃうかもしれません。

で、私は短気なんで「じゃ、その塾に移ればいいじゃん。」って言っちゃうかもしれません。

その先生には「そんなの気にしなくていいですよ。」と偉そうに言ってしまったんですが。

いや、でもマジで気にしなくていいと思うんです。

その辺りのことを今回の記事では書いていこうかな、と。

「プロ講師がやってこの値段!」ってホントに安い?

授業時間だけじゃなくて、「プロ講師がやってこの値段」みたいな売り方もあると思うんです。

ま、「学生アルバイトじゃない」って部分は私も開業当初は多用しましたので、偉そうには言えないんですが。

ダメなヒトダメなヒト

でも偉そうに言うんだろうが!

先日、全国の個人塾のHPを調べていて、いくつかありましたね。

「講師は全員教員免許を持っているプロ講師」みたいなところが。

(私が面白い!と思ったのは、「教員上がりは採用しません。」という塾があったことです。ここは個性的な学習塾でしたね~。経営者の人の考え方がものすごい尖ってて。「むしろ他業種の人大歓迎」みたいな感じでした。)

「学生アルバイトなし、講師はすべてプロ講師、なのにこの値段!」

⇒「あぁ、この月謝設定には勝てないな…。自分は他業種脱サラ組だし、講師は学生アルバイトだし…」

悩んじゃう方もいるかもしれませんよね?

でも、それも実はあんまり関係ないのかなって。

そんなに深刻に考えることでもないのかなって。

結果が出なけりゃ何時間やろうと誰がやろうと1円でも高い!

年賀状印刷比較

ちょっとたとえを出しますよ。

ダメなヒトダメなヒト

どーせ、ラーメンでしょ?分かってんだよ、こっちは。

あるところにラーメン屋があるとします。

で、そのラーメン屋さんの店主がメチャクチャ有名な料理人なわけですよ。

でもって使っている食材は超こだわっているわけです。

チャーシューは国産の黒豚で、水は四川省の山奥の湧水を使って、麺の小麦はアンデス山脈の高地の古代都市で三日三晩占い師が祈祷したものを使っているわけですよ。

なのに価格が500円!

勝てないと思いますよね?

これはヤベェーと思いますよね?

でもね、マズいんですよ。クソまずい!これを500円で食べるくらいなら、チャル〇ラを自分で作って3時間後にのびたヤツを食べた方が全然マシなレベルで。

グーグルマップの評価でも圧倒的な1なわけです。

食べログにだって、モザイクかかっちゃうレベルで罵詈雑言が飛び交うわけです。

勝てないっすか?いや、勝てますよね、これなら。

最初は物珍しさでガっとお客様は殺到するかもしれない。

でも、同じくらいの速度で悪い評判が伝わってお客様は去っていきますよ。

ラーメン屋にお客が行く理由は店主がスゴイからじゃないんですよ、食材がスゴイからじゃないんですよ。

単純に「おいしさ」求めて行くわけですよ。

もちろん、広告宣伝とか何の工夫もなく美味しけりゃ集客できるってことではないと思いますけど。

でも、「美味しい」んだったら、自分とライバル店主との経歴の差とか、食材の一個一個とか、そんなの比較して過度に自分の商品を卑下する必要はないですよね。

学習塾でも同じじゃないですか。

「成績が上がる」んだったら、講師の経歴だとか授業時間なんてそんなに気にしなくてもいいような気がするんですよ。

もし、本当に生徒の成績が上がっていて、それでもなおいつまで経っても集客ができない、生徒が他塾に移ってしまうって現象があるんだとしたら、それは講師の経歴が問題なわけでもないし、授業時間が短いのが問題なわけでもないと思うんですよね。

原因は他にあって、たぶん、結局お客様が満足するほどの成績が上がっていない、というのがほぼ全てなのかな~と。

(「いや、そんなことない。マジで成績は上がってる!」と思うのなら、その上がっている成績を世間様に伝える方法に問題があるのかもしれませんけど…)

とにかく、プロ講師だろうが、授業時間が長かろうが、結果がまるで出てなければ1円だって高いということです。

そもそも短時間で結果が出る方が高くて然るべき

集客の入り口は「プロ講師」に軍配が上がるかもしれませんけど、お客様からしたら脱サラ未経験であろうと学生アルバイトであろうと定期テストで100点アップは同じなわけです。

プロ講師が出した100点も、学生アルバイトが出した100点も、お客様からしたら価値は一緒。

授業時間なんて正直、100分の授業で100点上がるよりも、1分の授業で100点上がる方が価値はあると思いますよ?

短時間で結果が出る方が授業としては価値が高いと。

そうやって考えると「隣の塾は〇〇時間で△△円かよ~、ウチはそんな価格設定できないよ~」なんて悩む必要ないんじゃないでしょうか。

ま、現実問題授業時間が短くて(というより自習や補習を含めての指導時間が短くて)結果を出すのはなかなか難しいんで、ウチの塾もけっこうな長時間指導になっちゃってますけど…。

そもそも指導時間が長いってのはデメリットもあるんですよ?

成績が上がらなかった時に不信感を持たれますから。

「これだけ塾に行ってるのに成績が上がらないのはなぜ?」って。

結局、授業時間が長かろうが、短かろうが、成績が上がらなければいつまで経っても集客はできないってことで。

なんかとっ散らかっちゃって、まとまりのない記事になっちゃいましたけど…

要は「他塾の方が授業時間が長い、講師はプロ講師ばっかりだ」って部分にあんまり神経質にならなくてもいいんじゃない?という話です。

ただ、「他塾の方が成績が上がっている」って部分はメチャクチャ神経質になった方がいいと思いますけど…