前回の記事に続き、未来に向かっての話です。

前回は1万円を未来に使えるか?という話。

今回はその1時間を未来に使えるか?という話。

私は幸いにしてダブルワークをしなければ塾経営が続けられないほどに苦しんだことはありません。

なので、今現在、午前中は副業、そして夕方から塾経営。それで何とかやっている。

という人の状況というか、気持ちというか、それは全く分かりません。

無責任な発言ばかりの記事になること、お許しください。

こういう人の年収が上がることってあるのだろうか?

たとえば今現在、月の収入が20万円くらいのサラリーマンがいたとする。

家族がいて、コレじゃなかなか生活できない、と。

だから休日を使って、コンビニのアルバイトをしている。

生活費を賄うために。

1時間1000円×土日合わせて12時間くらい?

1万2千円。それが月に4回。約5万円。

これでどうにか生活ができる。

非常に大変だと思います。

頑張っているとも思います。

家族のために偉いとも思います。

土日の休みを潰して…、もっと言うと幸せを犠牲にして生きるために頑張っているわけです。

で、ここで質問です。

果たして、今現在、犠牲に犠牲を払って存続しているこの生活。

いつかは変わると思いますか?

月収が20万円から30万円に変わって、いつかは楽になると思いますか?

私はかなり難しいと思うんですよ。

だってね、月収20万円からジャンプアップするには、その会社でメチャクチャ活躍して昇進するとか、もしくは転職して給料いいところに行かないといけないわけですよね?

そしたら、実績とかスキルとかが必要なわけです。

でも、この人。

その実績とかスキルとかを上げるための時間とか体力とか精神力を何に使っていますか?

コンビニのアルバイト6時間×2日×4週に使っているわけですよ。

コンビニのアルバイトに精を出してれば、バイトの給料が5万円から10万円になればいいですよ?

体力も精神もギリギリの状態で、工夫も何もできない状況で、やっつけ仕事で乗り切っている会社の給料が20万円から30万円も上がればいいですよ?

どっちも非現実的ですよね?

要は目の前の月5万円に時間も精神力も投資している状況では、未来に好転は見込めないって話なんです。

そのコンビニのバイトに投資している時間は、食いつないでいくだけの時間であって未来に希望を見出す時間の使い方ではないわけです。

家庭生活ならまだしも、塾経営でそれじゃ…

無責任に偉そうなことを言ってますけど、コレ、家庭生活の話だったらまだいいです。

だって、一家の主として家族を食い繋がせていくことは立派に大事なことですから。

その義務と責任がありますから。

なりふり構ってなんかいられない。

直近、子供たちの生活がかかっていれば、キレイごとはないわけです。

それに家庭生活なら、何とか耐えに耐えていけばいつかは子供が成人し社会に出る。

そのときは、子供にかかる生活費が減る、教育費が減る、たとえ給与が上がらなくても、少しだけ余裕のある幸せを感じられる生活が訪れるかもしれない。

もっと先、子供が結婚し、孫を生んでくれれば、耐え忍んできたことを誇りに思える瞬間が来るかもしれない。

でも、経営は別の話だと思いますよ?

今の塾を存続させるためだけに、スキルアップも何も望めない、タダ生き永らえるためだけにバイトをしている。

バイトで得た月5万円で、何とか塾経営のマイナス分を補えて塾経営が続けられる。

ホントに続けられる?

一つ言いますけど、そうやってコンビニのアルバイトをしている間に、となりの塾の塾長は教材研究をし、ホームページを手直しし、ブログを更新し、イベントを開催しているんです。

自分が生き永らえるための時間を使っている間にライバルたちはどんどん成長していく。

ライバルたちはどんどん発信していく。

自分が現状維持のための成長なき時間を使っている間に、ライバルたちは成長のための時間、拡大のための時間をガンガン使っている。

現状維持のための時間に費やすことのリスク。

もう一度言います。

家庭生活なら良いんです。

そうやって、現状維持を耐えに耐えていけば、いつかは希望が訪れるかもしれないから。

幸せが訪れるかもしれないから。

でも、塾経営ではまずあり得ませんよ?

A塾長は、ギリギリの生活の中、時間をチラシに使う、ホームページに使う、教材研究に使う、自身の勉強に使う。塾経営の発展のため、自身の成長のために使う。

B塾長は、生き永らえるために時間をコンビニのバイトに使う。

AとB、どっちの塾長が3年後に成功しているでしょうか?

どっちが3年後、朝スッキリ起きて、昼にスタッフとともに塾に入り、コーヒーをスタッフと飲んで笑いながら仕事をしているでしょうか。

どっちが3年後も変わらず、「ギリギリのアルバイト+塾経営ともいえないような小規模経営」を必死に続けているでしょうか。

どういう未来を思い描いて塾を開業したのか。

ギリギリの経営を続けるための時間を使うことが、思い描く塾経営だったのなら何も文句はないです。

ただ、このブログのテーマである「普通の生活を送る」くらいの未来を描いていたのであれば、金も時間も未来への投資は必要だと。

「何も知らないくせにふざけんな!こっちはオマエみたいに余裕なんかないんだよ!」

全くその通りです。私は何も知りません。

もしかしたら、そうやってコンビニのアルバイトでも耐え忍ぶうちに塾経営に資する能力を獲得する可能性もありますし。

もしかしたら、「苦節10年、コンビニアルバイトから奇跡の逆転塾長」なんてフレーズで注目集めて、集客に成功する未来が待っているかもしれないですし。

ま、普通はないと思いますけど。

そんなギリギリの生活していれば、思考も普通は狭まって、そんな柔軟な発想も浮かばなくなるでしょうから。

「じゃ、借金しろって言うのか?」

と言われれると、困っちゃいますけどね。

私も無借金経営をやってきているので。(無借金経営は決して良いことではない、という人もいますよね。)

「じゃ、コンビニのバイトを辞めたら、誰が俺の塾経営の責任をとってくれるんだ?潰れたらどうするんだ?」

って思う経営者の方は、さすがにいないとは思いますけど…

もしいたとしたら、経営にはムチャクチャ向いてないかもしれませんね。

さっきも言いましたけど、家庭生活じゃないんですから。

自分が好きで始めた塾経営なんですから。

こんな訳の分からないMr.Mの言うことを聞くも、ギリギリのコンビニアルバイト+塾経営を続けるも、それは自分自身の責任なんですから。

何をどう巡り巡っても、責任は自分自身にしかないんですよ、経営者は。

その1時間を未来に向かって使えているか。

本当に目指している未来に向かって責任ある1時間の使い方をしているか。

金の使い方も大事ですけど、時間の使い方はもっと大事だと。

ダメなヒトダメなヒト

おい、今回はずいぶん偉そうなことをのたもうたな?

Mr.MMr.M

確かに!

自分自身もまだまだ未来のための1時間を使えてはいないですけどね・・・