カッティングシートとは?

窓ガラスに貼る看板の役割をするようなシールのことです。

まあ、大概の店舗の窓ガラスには貼ってあったりしますよね。

もちろん、学習塾も例にもれず。

と言いつつ、私はカッティングシートに関しては今まであまり立ち入ってきませんでした。

なぜなら、ほとんど使ったことがないから。

入り口にだけ自分の塾の名前をかたどったシールを貼ってもらったんですけど、結構高かったんですよね。

(本当に簡易的なヤツでも2,3万円したはず…)

だから、窓にカッティングシートを張るんだったら、タペストリーで隠す戦法にしちゃえ!と。

タペストリーは安いですからね~

ただ、今回私は開かずのシャッターとなっている教室の一角に手を入れようと。

そして、その開かずの一角にある窓ガラスは、タペストリーでは対応できない構造になっていると。

窓ガラスにカッティングシートを貼る以外に打つ手なし!

ということで、カッティングシートを発注することにいたしました。

ただ、貧乏経営者ですから。

あくまでも安く。

文字だけだったらデザインをお願いする必要もないから、安く済むんではなかろうかと。

そんでもって貼り付けも自分でやっちゃえば…

ということでカッティングシートの制作だけをやってくれる業者に頼んでみました!

カッティングシートの値段は?

上の写真が今回制作してもらったカッティングシートです。

ガラスの内側から貼るタイプ。

大きさは横75㎝×縦70㎝。

シートを貼るときに使うヘラみたいなやつもつけての発注。

さらに自分はillustratorやPhotoshopを持っていないので、pngデータでの入稿。

データ変換料がかかっています。

ガラス用内貼りシート印刷(ユポ合成紙)光を通しにくいタイプ(700×750㎜)6,690円

寸法カット1枚分 500円

データ変換サービス 1,000円

スキージ(張り込み用ヘラ) 500円

商品合計8,690円

送料1080円

総額費用9,770円

10,000円以内で塾の名前が入ったオリジナルの窓ガラスのカッティングシートが完成。

納期は一週間程度でした。

カッティングシートの貼り方

説明書がついていたので、シートの貼り方を紹介します。

用意するもの

・スキージ―(ヘラ)

・霧吹き(スプレー)

・洗剤液(中性洗剤1:水50)

・雑巾などの布

・ペン

・メジャー

下準備

①下地の清掃

強い粘着力と耐久性を得るため、下地のホコリ、ゴミ、油分などを布できれいに拭き取ります。

②位置を決める。

貼り付けたい位置にペンなどで目印をつけます。紙テープなどでも代用できます。

貼り方①水貼り

①洗剤液を吹き付ける。

貼り付け面全体に洗剤液を吹き付けます。

フィルムの裏紙を剥がし糊面にも同様に吹き付けます。

②フィルムを貼る。

フィルムを仮止めします。

裏面にゴミや指紋が付かない様にご注意ください。

③圧着

スキージ―で空気と水を押し出します。

中心から外側へ繰り返し押し出すと擦りムラが少なくなります。

貼り方②ドライ貼り

①フィルムを貼る

裏紙を約10㎝剥がし、位置を決めて圧着します。

②圧着

裏紙を剥がしながらフィルムの中央から左右に圧着します。

カッティングシート発注のまとめ

タペストリーとかのぼりとか、そういうのはillustratorなしでもオンラインデザインとか用意されていて、割と簡単に制作できる業者があるんですよね。

ただ、カッティングシートはなかなか手軽に発注できる業者が見つからなかったんです。

調べる限り、多くの会社が「入稿データはillustratorがPhotoshopに限る!」と…

やっぱり貧乏経営者にとってそれは困るんですよね。

だって、illustratorとかPhotoshopがまず高いじゃないですか。(デザインのプロでもないから、そうそう頻繁に使うモノでもないし。)

だったらデザインから貼り付けまで全部業者に頼んじゃった方が良いかもしれないし。

ワードとかパワポとかそういうデータでもやってくれる業者を見つけるのがまず大変でしたね~

ということで、今回私が依頼した業者なんですが…

ここで発表するのはやめましょう。

もったいぶります!

いや、だってこの金額がもし市場の相場よりも高かったら、それはそれでこの業者さんに悪いですし…。

ま、一番の目的はこういう情報をもったいぶって「オンラインサロンに入ってね♪」という誘導であることは間違いないんですけど。

ダメなヒトダメなヒト

守銭奴がッ!

でも、「あぁ、このくらいの値段で発注できるのかぁ~」という情報提供にはなったということで。

これが安いかどうかは分かりませんが、少なくとも窓ガラスのカッティングシートはタペストリーよりは高いです!


スポンサーリンク