年末調整を会計事務所に依頼したときの料金は?

数字

年末調整の季節がやってまいります。

正直、私程度の塾の規模の場合、自分で全部やっても大した手間ではないのですが…

でも、時間もったいないですから。

それに私はこういう手続き、届け出がものすごく嫌い。

テンション激下がりで、いつまでもチンタラやってなかなか進まない…

実は法人一期目は自分でやりましたが後悔しました。

多少の金払ってでもやってもらった方が全然いいや…と。

なので、二期目は丸投げです。

当然三期目の今期も丸投げ。

では、実際に会計事務所に頼むとどのくらいの金がかかるでしょうか。

私が契約している会計事務所の場合はこちら。

【料金】

・年末調整料金 基本料10,000円+2,000円(×人数)

・給与支払い報告書 2,000円

・法定調書合計表 20,000円

自分の塾の場合は、年末調整が必要なのは4名なので、合計でちょうど4万円と言ったところです。

ただし、11月15日(金)までに書類をとどければ早割で20%OFFになるということ。

つまり32,000円ですね。

自分自身は、自分の人生は常に時給2,500円が最低でも発生していると考えていますので…

32,000円÷2,500円=12.8時間ということになります。

年末調整を全部自分でやるとして12.8時間以上かかるんだったら、絶対に頼んだ方がいいわけです。

いや、書類の正確性とか考えたら、もっと短い時間でできたとしても頼む価値はありますね。

もっというと、年末調整の時間を他のことに使えれば、売り上げをあげられる可能性もありますので、さらに短い時間でできたとしても頼んでしまった方がいい。

年末調整で自分にかかる精神的なストレスを考えるとさらに。

そんなこんなを考えていくと、仮に4時間くらいで全てできたとしても、頼んじゃった方がメリット大きいんでないかい?という話になりそうで。

で、4時間では間違いなくこのMr.Mオジサンは年末調整業務を終わらせることができない自信が満々なわけで。あれやこれや調べたり、「クッソ、意味わかんねッ!」ってなる時間とか考えたら6時間以上はかかるだろうと。

32,000円なら、絶対に頼んだ方がイイ!いや、40,000円でも頼んだ方がイイ!

ということで、現在事務所に送る書類をかき集めている最中でございます。

40,000円でもいい、とか言いながら何とか11月15日は死守したいですから。

年末調整を会計事務所に依頼してもやらなきゃいけないこと。

ま、丸投げと言っても実はやらなきゃいけないこともあるんですね。

会計事務所から送られてきた書類をお見せしましょう。

まずこれです。

会社が書類をチェックするためのプリント。

私の塾の場合、チェックする必要がないくらい少ないんですが…

年末調整提出書類一覧

『扶養控除等(異動)申告書』『保険料控除申告書』『配偶者控除等申告書』もメールに一緒に添付してもらっています。これらの書式は国税庁とかのHPからもダウンロードできると思います。

さらに各従業員に配布するチェックシートも送られてきます。

ということで、基本的にこちらがやるのは書類集めくらいになりますね。

一応、『保険料控除等申告書』を書かなければいけないですが、大した手間はかかりません。

書類さえあれば、30分くらいで書けちゃいますから。(従業員の分は各従業員にそれぞれ書いてもらいますし。)

私の場合は、給与の計算もこの会計事務所と契約しているので、給与台帳などを提出する必要もありません。

よって、送付までの作業を全部ひっくるめても年末調整業務は2時間弱で終わるとは思うんです。

年末調整くらい簡単なんだから自分でやれ?

いやいやいや、時間は何よりも貴重なので。

このくらいの金額だったら私は頼んでしまいます!