やりたいことへのステップ

夢・希望

いきなりですが、私にはやりたいことがあるんですね。

ま、じらすようで何なんですけど、2年くらいずっとそれは「やりたいなぁ」と考えているんで、おそらく絶対にソレを自分自身やりたいんだと。

なのでホント、繰り返しじらすようんで何なんですけど「いざ、やるとき」まで絶対に他人には言いません。(と言いつつ、何人かの人には言っちゃったりしてるあたりに意志の弱さを感じます…)

で、そのやりたいことをやるためには、金の面もそうですけど、人の面とか、宣伝の面とか、そういう部分でいろいろステップがあるわけですよね。それはどんな事業をやるにもそうだと思いますけど…。

自分を例に言うと「やりたいこと」をやるためには今の学習塾経営から一歩引かないといけない。要は、自分がもっと塾以外に稼働できる時間が絶対的に必要。ということは、人を雇わなければいけない。もしくは、人を育てなければいけない。⇒A

次のステップは、新しい事業をスタートしたときに絶対的に集客力が必要。それは学習塾レベルの集客ではなく、たとえばカフェの集客とか、パン屋の集客とか、そういうジャンルでの集客力みたいなのが必要。生徒を育てて、結果を出して、それによってクチコミを発生させるという学習塾特有の集客スタイルではなく。⇒B

その次にいよいよ新事業の物件探しだの、スタッフ探しだの、具体的な動きが始まる…。⇒C

ちょっと分かりにくいかもしれないですけど、ステップは3段階でA⇒B⇒Cみたいな漠然としたイメージ。

で、今は当然ド直球でAですよね。で、少しだけBもかじりかじりやってるかなって感じで。Cは全くのゼロ状態。

次の次を考えることのデメリット

悩み

色んな人と話していると、割とみなさんA⇒B⇒Cってステップがあったときに、Cにこだわる。

いや、当たり前なんですよ、CがやりたいんですからCにこだわらなければいけないのは当たり前なんです。

でも、そのこだわり方がCをやったときの試算とかをとてもよ~く考えたりする。

市場のニーズがあるのか、コストがどれだけかかるのか、単価をどうしようか、回転率をどうしようか、人件費をどうしようか、物件はどこがいいのか…などなど。

でも、Cってステップとしたら2つ先なんですよね?

2つ先のことを今アレコレ考えていても、自分はしょうがない気がするんです。

いや、それがちゃんとした分析ならいいんですよ。冷静な分析なら。

でも、どうなんでしょ、コレは私だけかも分からんのですが、結構先のことを考えると「悩み」に変わりませんか?

で、結局、「できそうにない理由」ばかりが目につく。

例えば物件探すんでも、「あれ~、やっぱ、自分が想定していたよりも高いぞ…。これじゃこの前考えた客単価じゃ利益が出ない…。」

でも、まだステップAにいるわけですよ。Cにたどり着くまでまだまだ時間があるわけですよ。物件が思ったよりも高かろうが、安かろうが、実際ステップCにたどり着くころにはその物件はすでに借りられているかもしれないし…。今、物件価格でアレコレ悩んでもしょうがないわけですよ。

人件費だって一年以上先のことなら、今悩んだってしょうがない。最低時給がコロコロ変わるじゃないですか。きっちり考える人ほど、ストレスたまりますよね。それこそ「え?また変わるの?試算が崩れる…」って。

とにかく自分の場合は先の先を考えると、「悩み」に変わる。で、結局、できない理由ばかりに頭が支配される。で、結局、やらない。

自分としてはそれが一番嫌なんですね。ウジウジウジウジ考えて、できない理由に支配されて結局やらない、って結論が一番嫌だ。

なので、自分は先の先のことなんて考えない様にするんです。(とは言え、考えちゃいますよ?だって2年もやりたい、ってずっと思ってることなんで…)

先のこと、やりたいと思ってることは「夢」程度の漠然としたもので残しておく。細かい試算、細かい動き出しは全くしない。それをやっちゃうと悩んでばっかりで、ストレスもたまるし、時間ももったいないから。

(周りに言わない理由もここにあるかも。周りに言うと大体他人って言うじゃないですか。「ソレはこうだから利益が出ない。」「ニーズがないから客が来ない。」とか。無視できるほどに確固たる信念があればいいんですけど、自分は意志が弱いんでやっぱり左右されたりするんですよね。だから言わない。)

まず、今を制す、ココを突破しなければ次は絶対にない

勝つ

A⇒B⇒Cのステップがあったときに、いくらCを目指していたってAが突破できなきゃ、Bもなけりゃ、Cもないわけです。

今を制すことができなければ、いくら先のCを考えたって意味がない。

もちろん、Cを目指しては進みますよ?

そういう意味で目指すべきゴールは絶対に必要です。ビジョンというか、それは絶対になければいけない。

でも今山のふもとにいて、目指すべき頂上がある、じゃ、その頂上をずーっと観察して、思いを馳せて、頂上いったら何しようか、そんなことばっかり考えてたって一歩も進まないじゃないですか。

とりあえず目指すべき方向、場所が分かってるなら、次にやることって目の前の道を切り開くために、目の前にモサモサしている藪を切り拓くことだけ。とりあえず、一生懸命その道を進むことだけ。

頂上の酸素濃度だの、気温や湿度だの、たしかにたどり着いたら重要かもしれませんよ?さすがに酸素濃度が超薄かったら、頂上で写真撮影どころじゃないですから。気温や湿度もとてもじゃないけど人間が過ごせるレベルじゃないかもしれない。

でも、ですよ。そんなことを考えていたら何も始まらないし、どの山だって登れない。どの山だって頂上に行くまでには毒蛇だっているだろうし、がけ崩れの可能性だってあるだろうし、天気が変われば小川だって氾濫する。

いちいち先を考えていたら、結局幼児でも登れるような山しか登れないじゃない。

とりあえず、。とりあえず、ここ次のことは今、ここを突破して次にたどり着いてから考える。

なので、以前の記事でFC塾のサイトから試算についてあーだこーだイチャモンつけてましたけど、実は自分は売上シュミレーションだの、コスト分析だの、そういった類は超苦手だったりするんですよね…。他人のこと散々言っておきながら、自分のことになると「どーでもいい」って部分が非常に大きくて…。

目指すべき山の頂上が決まったんなら、手当たり次第に目の前の藪を刈りつくせ!とにかく進め!足りない頭使ったって何も始まらない!

ま、私の主義・主張を書いても、調子こいたヤツが調子こいたこと言ってるに過ぎないんですけど…。

昨日、卒業生から電話があり、「先生が言ったようにブログで金稼いでみたいと思います!今から税務署に開業届出しに行きます!」という嬉しい連絡があったので、彼へのエールのつもりで書いてみました!

ダメなヒトダメなヒト

自分自身が大して稼いでもいないのに、偉そうに言っちゃうあたり、キミってホントに調子乗り男くんだよね?

Mr.MMr.M

・・・