「言い出しっぺ」とセロトニントランスポーター遺伝子S型

ショック

お盆休みが終わりました。

一つ、私の中でとても重大な問題があります。

ストックがないのです…。

そう、Mブログの記事ストックをお盆休みの間に使い果たしたんですね…。

え?お盆休み中ならストックため放題だっただろうって?

Mr.MMr.M

甘い、甘すぎる!

乳幼児3人抱えた家庭において、休みの日に一人でパソコンバチバチやってることがどれだけ命知らずの行為なのか…

妻が何かしらの第三形態になって、間違いなく何かしらの危機が訪れますから…

正直、クソ忙しい夏期講習のデスマーチ中の方が、まだ記事を書く時間とか余裕を持てるという…。

もうね、家にいて悠々自適にブログ活動、オンラインサロン活動にいそしむなんて、それ自体で家計を支えるレベルで収入ないと、おそらく世の中の奥様方は認めてもくれないでしょう…。

旦那「これも仕事だ!」

妻「馬鹿言うな~ッ!そんなの趣味だろ~ッ!」

って感じで…。

という時間ギリの追い詰められた私が選んだテーマが「言い出しっぺ」について。

世の中、「言い出しっぺ」になれる人って少ないですよね?

どうです、皆さん?

皆さんは「言い出しっぺ」になれるタイプの人ですか?

私はどちらかというと「なれる」んです。

いや、勘違いしないでほしいのは、私は決して学生時代に学級委員長に率先してなったりとか、授業中にガンガン挙手をするようなタイプでは全然なかったんです。

それどころか、私は根暗タイプというか…、陰でぐちぐち言ってるタイプで…。

ダメなヒトダメなヒト

今とそれほど変わらんじゃないか?

Mr.MMr.M

・・・

タダですね、私は何か会議的な、会合的なことがある場合に、みんながみんな「し~ん・・・」ってなるのが大嫌いなんです。

”誰かなんか言えよ、誰かなんか言えよ、雰囲気”って言うんですかね。

いや、だったら、まずお前が言えよ、みたいな。

小中高生くらいのときまでは、それなりに思春期の恥みたいなのがあって、それが勝ってたんで私も集団の一部としてダンマリ決め込んでいたんですけど…。

きっかけは何なのか分からんのですが、大学生くらいの時からですね…、このウジウジモードに耐えられなくなることが多くなってきたんですね。

ウジウジモードが集団で発動しそうになると、とりあえず発言しちゃうみたいな…。もう気持ち悪さに耐えられないというか…。

という感じで、社会人になっちゃったもんなんで、会社員生活でも割と会議とかで先陣切って訳の分からなことを発言する役割みたいなのが定着してた部分はあるんですね。

私は元来は「言い出しっぺ」体質では全然なかったんですが、何というか自身のウジウジモードに耐えきれない忍耐力のなさがきっかけで、会社員時代の環境がそうさせてくれたというか…、ま、「言い出しっぺ」の訓練がオートマチックになされてきた部分が多いのかな~と。

で、実はこの「言い出しっぺ」については、その人の性格とか、そういうモノを超えた部分で「言い出しっぺ」になれない理由がある、ということを皆さんご存じでしょうか?

いや、私もある本を読んで、そんなことがチラッと書いてあったんで偶然知っただけなんですけど…。

実は遺伝子的に日本人は「言い出しっぺ」になれない人が多いらしいんです!

それがセロトニントランスポーター遺伝子S型ってのと関わっているらしいんですが…。

ま、詳しいことは詳しい人のサイトをじっくり読んでください。調べればすぐに出てきますので。

このブログを読んでくれている人の中で、この遺伝子について夏休みの作文を書こうとしている人は皆無だと思いますので、私は自分の解釈の中で、ホントにサラッと俗っぽく説明していきますので。(正確な情報に関しては責任持ちません!)

セロトニントランスポーター遺伝子とは?

セロトニントランスポーター遺伝子には、S型遺伝子L型遺伝子があるらしいのですね。

で、S型遺伝子を持っている人は神経質でネガティブ。

L型遺伝子を持っている人は楽観的でポジティブ。

メチャクチャ簡単にまとめるとそんな感じ。

「言い出しっぺ」になれない人って、なんでなれないかって考えると、やっぱり自分が言ったことの責任を負うのが嫌だ。自分が言ったことが失敗したら嫌だ。つまり、将来に対して不安を抱える傾向が強いってことですよね。

分かります、とてもよく分かります。私も元来そうですから。

つまり、S型遺伝子を持っている人=「言い出しっぺ」になりたくないという図式。

日本人の保有率

さて、じゃ、「言い出しっぺ」になりたくないS型遺伝子の保有率ですが、どんなもんなんでしょ?

実はここに驚異の結果があるわけです。

なんと、日本人の約98%がセロトニントランスポーター遺伝子S型を持っているらしい!(SSタイプが68.2%、SLタイプが30.1%。)

楽観主義、ポジティブ思考のL型遺伝子のみ(LLタイプ)の保有者は、日本人の1.7%しかいないという事実…。

そりゃ、皆、「言い出しっぺ」になるのを嫌うわけだ…。

自治会の役員決めるのだって2時間、3時間かかるのは普通だと。

個人塾経営者が集まって「〇〇やれたらいいよね~」「誰か〇〇開く人いないかな~」って、いつまで経っても何も決まらないのも普通だと。

だって我らが遺伝子がそう運命づけているわけですから!

4,5人集まると昼食の店が決まらないのも、旅行の行き先が決まらないのも、全部我らが日本人に流れるゲノム先生の仕業だったと…。

「言い出しっぺ」になることでほぼ目立てる。ほぼ頭一つ抜け出る。

勝つ

ということはですよ、逆を考えれば「言い出しっぺ」になれれば、ほぼ目立てるわけですね。

だって当たり前のようにストレスなく「言い出しっぺ」になれる人が1.7%しかいないかもしれないわけですから、この国は。

バリバリのS型遺伝子保有者でも、「言い出しっぺ」になることを訓練して、「ま、言い出しっぺになって失敗したとしても、命まで取られるわけじゃないからね♪」みたいにだんだん慣れていけば、「お、あいつは一味違うな…」みたいな評価が得られるかもしれないってことです。

ま、経営者なんて「言い出しっぺ」になれないと当たり前のように仕事が滞っちゃうわけですし、新しいこともできないわけなんで、どうしたって「言い出しっぺ」癖がついてないといけないんですが。

脱サラ独立野望を持っている人は、ぜひ今の環境の中で「言い出しっぺ」訓練をしておくのもいいのでは?

4,5人集まってのグループワーク的なあの「はい、今からウジウジモード始まりますッ!」というあの独特の居心地クソ悪い雰囲気…。

そうなったときに何でもいいから発言しちゃう。無責任でいいから「俺、やります!」と言っちゃう。そういう訓練。

パパさん教室的なところで「自己紹介誰から?誰から?」「リーダー誰やる?誰やる?」とかなったら、速攻で「あ、じゃ自分やっていいっすか?」って。

結婚式場の説明会的なところで、「塩で固められたタイの鏡開き」的な妙なものをハンマーで割る練習したい人~?一人だけできますよ~?って言われたら、速攻で「俺、やっていいっすか?」って。

ま、もっとライトなところで言えば路線バスの「つぎ、とまります。」ボタンを必ず自分で押すとか。皿に残った唐揚げの最後の一個を必ず自分が食べるとか。(いくら何でも訓練にならないか…、コレじゃ…。)

脱セロトニントランスポーター遺伝子S型ということで。

実際、「言い出しっぺ」になったって大したリスクないですよ。大して他人は自分のことなんて気にしてないし。

私だって言い出しっぺで作った個人塾連合、大失敗の挙句に潰しましたけど誰も私のこと指さして「だっせぇー、あいつ。」とか言いませんから。「個人塾連合潰した情けない人」みたいな名札つけて生活しなさい、とかそういう法律ないですし。

ま、言い出しっぺになって仮に失敗したり、ちょっと恥ずかしかったりしたって、結局、話のネタにしかなりませんよ。で、ネタなんて人生たくさん持ってた方がいいわけですしね。


スポンサーリンク