突然ですが、潜入サロンを1カ月弱にして退会いたしますッ!

U先輩、今まで黙っていてくれてありがとうございました!

自分なりに質問したいことは質問し尽くした感があるので満足です。

そもそも、やっぱり自分のサロン運営の方が当たり前ですけど面白くて、忙しくて…。

潜入サロン先での質問攻撃もこの一週間はすっかり鳴りを潜めていたのです。

で、来週から夏期講習に入るじゃないですか。

もっと質問しないだろうな~って。

じゃ、ここで潜入は辞めてしまおう!という結論にいたったわけです。

あ、こういうこと書くと「じゃ俺もMサロン辞めよ~♪」とか起爆スイッチ押しちゃってるかもしれませんが…、辞めてくださいよッ!

ああ、Mサロンを辞めるんじゃなくて、Mサロンを辞めるのを辞めてください!と言ってるんです!

ダメなヒトダメなヒト

ややこすぃ~

オフ会だってあるんですから。

限定記事だって書いていきますし。

それに有料note第2弾も考えてますし。(講習中でもサラッと参加してもらうことができそうなライトなのを考えてます。)

私のように辞めないでくださいッ!

Mサロンを見捨てないでくださいッ!

と、見苦しい懇願をしたところで、潜入サロン先を辞めるに至り管理人とのやり取りをしたんですね。

で、そのやり取りの中で、「およよ?」と感じたことがありまして…。

違和感。

そうなんです、ま、ホント一言二言レベルなんですけど、とっても違和感。

そのあたり、管理人さんとのやりとりを皆さんにも見ていただこうと。

私がただ単にクレーマー気質なだけかも分からんのですが…。

金をもらう自覚の欠如と無意識の傲慢さ

やり取りを見ていただく前に、このサロンの退会方法をチェック。

サロンの退会

Mr.MMr.M

なるほど、なるほど、管理人さんにメールをすれば退会できるんですね。カードの引き落としが止まるんですね。と、私は理解しました。

メールしてみます。

オンラインサロンの退会

うん、ここでちょっと違和感。

じゃ、もともと管理人にメッセージなんて書かなくてよくない?

「キャンプファイヤー(オンラインサロンのプラットフォーム)でカード決済を止めてください。」って書けばよくない?

正直、自分は管理人がカード決済を止めてくれると思ってました…。

(あ、ちなみにMサロンの場合も退会の場合は、ペイパルで決済を止めてくださいね。この辺り退会についての説明はMサロン上の「オンラインサロンの会員になるためのページ」に詳しく書いてあります。ああ、だからと言って退会しないでくださいよッ、皆さ~ん!)

で、キャンプファイヤーというサイトでログインしてみるんですよ、でもできない…。

パスワードが違うんかな~と、パスワードの再設定を試みるもやっぱりログインできない…。

「メールアドレスの本人確認が必要です。」

という文字が私のログインの前に立ちはだかるんですね…。

あ、そういえばそもそも俺ってログインなしでカード決済したんだった!と気づくわけです。

キャンプファイヤーというプラットフォームはログイン設定なしでカード決済できるんですね。(「ゲスト支援」というヤツです。)

そもそもアカウントがないので、マイページなるものに入れるわけがないのです。

で、このキャンプファイヤーはログインしてマイページ的な場所から決済の停止をしないとカード決済が止まらんわけです…。

Mr.MMr.M

詰んだッ!?

ということで管理人にメールをするわけです。

オンラインサロン退会

分からんですよ?世の中の一般の人がどう思うかは分からんですよ?

でも、私はこの管理人のメッセージ見たときに感じたんですが…。

Mr.MMr.M

違和感ッ!

いや、そんなんじゃないですね。

Mr.MMr.M

何様ッ!?

って…。

「アカウント作らずに支援できるんですか?」って…、アンタ管理人のくせにそんなことも知らんのかいッ!?

で、なぜに上から目線?「俺ってあなたのなんなのさ?あれ、一応僕って君にお金を払ってるわけだよね…?」

ま、毒づきはほどほどにしておいて、ちゃんとあるんスよ、ホント、キャンプファイヤーってのは、ほれ。

ホレ、キャンプファイヤー自身が言ってんじゃん。

焚火を囲んで歌うたいながら言ってんじゃん。

「会員登録およびログインなしでメールアドレスのみの入力にてプロジェクトへの支援が可能です、ホイッ♪」って。

「パスワードを忘れてるだけではないですか?」だと…?

ホントね、その一言、自分自身ゾッとしましたぜ…?いよいよ物忘れを気にする年齢になったのかッ!?って…。

「忘れているならキャンプファイヤーに問い合わせてください。」・・・はぁ?

パスワード忘れてたら、パスワードの再設定機能があることも分からないで管理人をやっておられるので???

こうやって書いてるとムカムカムカムカ怒りが込み上げてくるんですけど…、自分自身の器が小さいだけでしょうかね?

すいません、自分、結構「その一言異議あり!」派の人間なので…。

ごめんなさい、こんな一言にギャースカ噛みついちゃって。

でもね、仮にもお金を取って運営している人がこういう対応していいのかな~って思いますよね、私は。

私みたいなクソ田舎者の芋太郎でさえ、皆さんが退会するときのことを考えて何度も何度も自分自身でアカウント作ってカード決済して、それをキャンセルして。皆さんが自分で定期決済のキャンセルができない場合のケースも考えて、割といろいろ試したんです。(もちろん、それでも不測のケースで今後困らせてしまうこともあるかと思いますが…)

何というか、そういうことを考えてたらこんな言葉出ねぇーでしょ?

私個人的な意見ですよ?個人的な意見ですけど、この言葉からは「レベル40オーバーの俺が間違っているわけない。どうせレベル5程度のお前が何かしらミスってるから、お前がどうにかしろよ。」的な思いを感じまくっちゃうんですよね。いや、あくまで個人的にはってことですよ?

金をもらう自覚欠如してんじゃない?こんな初歩的なことも調べないで。想定しないで。

一事が万事、傲慢になってんじゃない?自分が間違うはずがない、どうせ間違えてんのは零細個人塾でヒーコラ言ってる貧乏人の方だ、みたいな…。(ま、そこまでは言い過ぎでしょうけど…。感情of感情が爆発in爆発しちゃってるんで、ホント見苦しい言葉が並んでますが、皆さん、もう少し耐えてください!)

ま、ホント私は容量が小さい人間なんで、こんな一言で噛みつかれた管理人さんも気の毒なんですが…、いや、やっぱり再度見返しても結構イラっとしますよね~。

管理人さんも夏期講習中で忙しかったんですかね?忙しいところにクソ面倒くさい問い合わせでムカついたんですね?気持ちは分かりますけど…。

「こんなレベルでも成功できるんだ!」という希望をもらう

ま、でもプラスにとらえます、私は。

「こんなレベルでも成功できるんだ!」って。

学習塾5つも6つも持ってるんですよ、この管理人の方。

で、全部の教室100名越えらしいんですよ。

私、そのクラスの人って、私レベルの零細小者にこんなことを突っかかられるレベルじゃないって思ってました。

雲の上の存在って思ってました。

潜入先サロンの人数だって85名とかいるみたいですし…。

あ~、やっぱ全然かなわねぇ~なぁ…って。

と、思ってたんですけど、やっぱ「舐めてんじゃねぇよ!」って。

塾の規模で勝つってのは結構ハードゲームでも、ネットの世界じゃ「舐めんなよ!」って思ってます。

オンラインサロン、ブログ…、何かしらで何とか一矢報いるというか…、何というか闇の泥炎がメラメラと…。

自分は割とこういうダークな感情からエネルギーを引き出すタイプなんで、その部分では最後の最後まで感謝いたしやすッ!

あなたでソレなら、自分だってできる!

と、自惚れに近い感覚で希望を持たせていただきやすッ!

些細な一言が拡散するネット社会って怖い!

自分自身が書いてて言うことじゃないですけど、やっぱ怖いですよね、ネット社会って。

一応、伏字というか黒塗りしてたりしますけど、たぶん、探そうと思えばこのサロンは特定できちゃうと思うんですよ。

いや、私は「このサロンはここだ!」とは言いませんよ?いろいろ怖いんで。

でも、探す人は探すじゃないですか。

だって、Mサロンのメンバーの多くが「アナタノコトハ、イゼンカラシッテイタ、ハハハハハハハ」なんて怖いことをおっしゃっているし…。

で、今回、私がこんなことを書くじゃないですか。

そしたら、仮に私のブログをある程度定期的に読んでくれている方なんかは、「へぇ~、そうなんだ、そういうサロンがあるんだ。俺、入らね~。」みたいになるケースだってありますよね?

(Mブログのコアなファンだと「あ~あ~、ま~たひねくれ者が大したことのないことに噛みついてるよ、ったくしょ~がね~奴だな。」と思うのでしょうが。)

ま、拡散している張本人が言うことじゃないですけど、こうやってブログだのSNSだの通して拡散していく可能性があるわけです。

それによって集客力が落ちたり…、そんな可能性メチャクチャあるわけですよね。

変な話、今回、この管理人の方、相手が超小者の私で良かったですよ。大して拡散力もないし、説得力もないような存在なんで。

コレ、それなりにアクセス数を誇る人相手だったらどうすんだ?という話。

この管理人さん、今は学習塾も成功、オンラインサロンもそこそこ人が集まっている、でも地雷踏んだら一寸先は闇ですよ。

フォローじゃないですけど、一応言っておきます。

この管理人の方、メチャクチャ見識深いですよ。ホント、私の質問にも的確に答えてくれました。間違いなく力がある方だと思います。だからこのサロンに入ることって意味はあると思います。(いや、当たり前ですけど私はMサロンの方がぜんぜん良いと思ってますけど。安いし。)

それでも、自身の何気ない一言で激烈なショックを自分自身が食らっちゃう可能性がある世の中ですよってことは絶対的に意識しないと。傲慢さって怖いなって。

ま、他人のことを批判しまくり、自分のことは棚上げ人間の私が言えるような資格はないんですけど。資格がなくても言っちゃうのが私なので。

後日談

ちなみに定期決済の停止自体はできました。何とか自分で調べてあれやこれややってログインを成功させ、カード決済停止までこぎつけました。

もちろん、サロン管理人さんが言うキャンプファイヤーなるプラットフォームにもメールを送りましたよ?

だって管理人さんが「キャンプファイヤーに問い合わせてください。」って言ってましたから。

自分、辛抱ならない性格なもんで、モヤモヤするのが嫌いなんでとりあえず連絡しておこうって。

以下が自分がキャンプファイヤーに送ったメール。

これを7月23日の14時36分に送っております。

で、現在まだコレに対する回答は来ておりません。(7月24日8時18分)

ま、まだ一日も経ってないんで気が早いっちゃ気が早いのかも分からんですけど…。

(皆さんに決済いただいたMサロンの決済会社のpaypalは基本3時間くらいあれば返信くれますけど…。)

ちなみに自分が調べた限りキャンプファイヤーは電話での問い合わせができません!

電話番号がどこにもないのです…。(いや、自分の調査不足ってだけかもしれないですけど。)

たしかに電話連絡がたくさん来ちゃったら人員配置も必要だし、面倒なのは分かるけど…。

こういうことって、やっぱり電話で確認したいって気持ちが芋太郎のMr.Mにはあるんですよね~

Mサロンの決済会社のpaypalは日本語に堪能な外国の方が電話で結構丁寧に対応してくれるんで、比べちゃうとちょっとね…。

で、キャンプファイヤーは運営側の手数料が10%取られるわけでしょ?

ちょっと勉強してpaypal決済でサロンを自前で作っちゃえば手数料4%ちょっとなんで…。

ま、この辺りは余計な情報ですが…。もし仮に今後Mサロン派生でオンラインサロンの開設に興味がある方がいたら、ほんの少し話はできると思いますので、ぜひご連絡を!(メンバーの引き抜きは困るっちゃ困りますけど、引き抜かれたらそれはそれで自分の力量を呪うだけなので…。「Mr.Mという弱者でもオンラインサロン運営ができるんだ、じゃ俺もできる!」というのも全ての方が生まれながらに持っている生命・自由・平等などに関する権利ですから。)

とにかく、潜入サロン管理人さんがしきりと頼っているキャンプファイヤーなるプラットフォームがどのくらいの期間で回答してくれるのか待ってみたいと思います!(解決してるから、返答ないかもしれませんが…。)

個人塾の塾長、学習塾講師がネタを持ち寄った理科の語呂合わせ集が何と100円でッ!?
俺たちの理科

『俺たちの理科』~巷の個人塾長たちが送る語呂合わせ集~

Mr.Mの「学習塾経営・起業オンラインサロン」(Mサロン)初の小プロジェクトがスタートしましたッ! メンバーの知識を持ち寄って有料記事を作成しよう!ということで… 書籍とかね…、本当はドカンッ!と行きたいですけど、ま、始 […]

コメントなし