ショック

この4月から6月、有難いことに一気に生徒数が増えました。

有難いことに正社員講師が一人増えました。

有難いことに教室も一つ拡大することができました。

そして、このブログも1月50,000pvを記録することができました。

さらに現在、オンラインサロン開設に向けいろんな方から前向きな意見を聞くことができ、サイト構築をせこせこやっているところなんですが…。

皆さん、想像してください。

皆さんよりも能力が低く、知識もないある平凡な人間がおりました。(塾経営12年をもってして年収500万程度の経営者なんですから、この評価は正しいはずなんです、謙遜じゃないですよ。)

で、未だかつてない生徒数を抱えることになり、慣れない人材育成に追われ、新教室の準備をし、ど素人がウェブ構築を手掛け、そして塾のブログ以外にもブログを書く…。(ま、塾のブログは大したことは書けていませんが…)

無理でしょ!で、これに家のごみ捨て、洗濯、おむつ替えとか入ってくると…無理でしょ!

ということで、面談の日程を忘れてしまったり、体験生の把握ができてなかったり、順調にスタッフたちに迷惑をかけ続けているという今日この頃…。

私生活でも結構ヤバくて、先日記事で楽天市場のことを書きましたが…。

楽天に手を出し始めた私は楽天のクレジットカードも作ったんですけど、カードのウェブサービスを開始するのにセキュリティの開始パスワードなるものが必要だったんですね。で、私はそのセキュリティパスワードを設定した覚えが一切なかったんですよ。だからね、そのログイン画面みたいなところに、カードの暗証番号を入れたんですけどダメなんです。

それとは違うらしくてですね…、じゃあもう手あたり次第、子供の誕生、自分の誕生、その逆バージョン、自分の好きな番号などなど、ありとあらゆる数字を入れたんですけど、全然ダメ…。

で、結局、楽天カードのカスタマーサービスに電話したんです。

言われたんですね、「その画面が出ているのなら、セキュリティコードを設定しているはずです。でも、番号が分からなければ解除手続きをいたしますので…」的なことを。んなこと言われたって、そんなコードを設定した覚えはサラサラない…ん?あれ?何だこのメモ…。

私は手帳に手書きでいろいろなパスワードをメモっているんですけど、そのなかに「楽天セキュリティ」なる文字が…。で、その後ろに4桁の数字が書かれており…。

何とですね…、私はセキュリティコードをばっちり設定し、ばっちりメモっていたわけです。そして、ばっちりそれを忘れているという…。

ちなみにもっとやばいのは、その4桁のセキュリティコードが妻の誕生日だったという…。ありとあらゆる番号を試したはずが、妻の誕生日だけが抜けているという…。いや、これはちょっと家では言えない話なんですが…。

という私のどうでもいい話はこの辺で切り上げますが、いかに私が限界に達しているかということが分かっていただけたでしょうか?

ま、皆さん、一つだけ言っておきますけど、「限界」「限界」自分で言ってるうちは人間全然大丈夫ですから。そういう弱音を吐いて他人の気を引こうという人間には十分に気を付けてください!

ただ断っておきますが、記事はこのようなくだらない雑談とライトな内容でお伝えいたします。時間がないのは現実なんで…。

今回の記事は私が新しく買ったパソコンの使用感について。

オフィス込みで19万円という貧乏経営者にとっては背伸びをしまくって買った名機でございます!

hp(ヒューレットパッカード)のHP Spectre 13の威力。

以前の教室拡大の記事でもちょろっと書きましたけど、ついに届いたHP Spectre 13。hp(ヒューレットパッカード)という会社のパソコンです。家電量販店とかではなかなか見ないと思いますけど、BTOパソコンというやつです。要はネットショッピングで買うパソコンということですね。(※詳しいスペックなど以前の記事でご確認いただければ幸いです。)

本来私はマウスコンピューターを主戦としておりまして、実際マウスコンピューターのPCのスペックとか使用感に全く不満はないのですが、ずーっとマウスコンピューターが続いていたのでちょっと変えようかな、と。

どうせ変えるなら性能がいいヤツで…ということでこれを選んだんですけど、まあ学習塾業務、ブログ運営、サイト構築くらいでしたら、有り余るスペックであるのは間違いないです。

電源入れたら、1分かからずに起動してくれるってのはさすがSSDだなと。

我々が使用する頻度の高いオフィス系に関しても、モッサリすることは一切ないですし、私が頻繁に利用するフリーソフトのGIMP2だとか、インクスケープに関してもサクサク起動しますし。

ただ、それは以前に使っていたマウスコンピューターのm-Book J370XN-M2SH2-Aでも同じなんですけどね。実用性とかコストパフォーマンスから考えたら、はっきり言ってマウスコンピューターのm-Book J370XNの方がいいかもしれませんけどね、3万円くらい安いし使いやすいんで…。ま、その辺りは後述します。

その薄さはボールペンレベルである…

じゃ、HP Spectre 13の何がすごいって、その薄さが半端ないんですよ!

冗談抜きで薄さがボールペンレベルなんですよ!

私はいつもPCを持ち歩く派の人間なんで、この部分には超惹かれたんですね。だってクリアファイルとかの間にすっと入れられるって、バッグの耐久力考えると結構大事じゃないですか。それにパンパンのバッグ持って歩くって、運動部所属の中学生の下校時のバッグみたいで大のオッサンとしては恥ずかしいわけですよ。バッグはすぐ壊れちゃうし。

hpノートパソコン
実際の写真がコレ。画像が悪くて申し訳ございません…。 左側の青紫色に微妙に見えるのが私の愛用のボールペンのパイロットのリッジでございます。なんとボールペンとほぼ同じ厚さという…。

そのオシャレさはスタバに持ち込んでも堂々と過ごせるレベルである…

コストパフォーマンスではマウスコンピューターに軍配が上がるかもしれませんが、hpのパソコンはオシャレなんです!かっこいいんですね。

そのカッコよさはスタバに持ち込んで、周り全員がMacBookを使っていようと気後れしないほどにオシャレなんです!

hpノートパソコン
どうです?このシャープな輝き。この輝きはマウスコンピューターには出せませんよ~。(マウスコンピューターだってぜんぜんダサくありませんけど。)

とオシャレさを強調していますけど、私はカフェでPC作業をするような意識高い系オシャレ経営者ではありませんので、その効果はせいぜい塾で、「どう?新しいパソコンカッコよくない?」とスタッフや生徒に自慢できるという程度なんですけどね…。

しかし、失うものもそれなりにある…

いいところばかり書いているとhpの手先のように思われるのも嫌なので…。注意点を二つほど書いておきましょう。

この注意点は結構大きいですよ!

USBポートがない!

USBを差し込む穴ですけど、普通パソコンって複数ついてますよね?有線マウスの場合はそこに突っ込むわけですし、USBメモリー使っている人は当然そこに差すわけですし。(ま、私の塾はDropbox使っているんでUSBメモリーは絶滅しましたけど。今はどこでもオンラインストレージ使ってると思いますけど…)

スピーカーとかもUSBポートに差し込みますよね。PC使ってリスニング問題再生することもあるんで、USBポートは学習塾業務でも必要なわけです…が、なんとHP Spectre 13USBポートが一つもないんです!

薄すぎるがゆえにUSBポートの大きさに耐えられないわけですね…。その代わりに小さい穴が開いています。iPhoneとかの下についている穴よりもちょっと大きいヤツが3か所空いているんです。なので、マウスなどUSBにつなぎたいときには、USBの穴がついているコンセントみたいなやつが必要になるわけですね。(付属で一つ付いていますが。)

hpノートパソコン
穴が小さいんです…。USBは直接差さりません…。 パソコンとプリンターを同期させたり、何やらかんやらを有線でやっている人には全くもって不向きです!もはや無線当たり前仕様のパソコンであることは間違いないでしょう…。

変換キーがない!?

キーボードの左上って『変換キー』がありますよね、普通。

このパソコン、ないんですよ…。これは本当に参った…。どこ探しても『変換キー』がないんです!

もちろん、ググりましたよ?でもね、これはというサイトが出てこない…。

で、見つけた方法が『shift+caps』入力。ただ、このショートカットキーの立ち回りも微妙なところがあって、未だに使いずらい部分があるんですね…。

hpノートパソコン
左上の『言語変換キー』が見当たらない…。

さらにこのノートパソコン。スリム、スマートを突き詰めたためか、上下ボタンが1ボタン分しかないんです!

どういうことが分かりづらいと思いますので、写真をどうぞ!

hpノートパソコン
見よ、この省エネ設計! 上下が超押しづらいんだぞッ!

ということでオシャレと薄さと引き換えに、初心者ユーザーを泣かせる設計となっているHP Spectre 13

私はこの名機と友達になれるでしょうか…。

いや、高い買い物だったんで何とか使いこなせるようにしないといけないのですが…。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

マウスコンピューター/G-Tune


スポンサーリンク