読者対談、第8弾。地元九州に帰り個人塾起業を考えるAさん

ブログ読者

ブログ開設から今日で1年が終わります。

(ま、正確には6月2日からスタートしているので、明日が最終日なんですけどキリがいいところで5月31日をブログ年度の最終日といたします、どうでもいい話ですけど…)

1年目の終わりに相応しく、ブログ読者対談を行うことができました。

テーマは「個人塾の開業」

うん、テーマもこのブログ運営にとって、すごく相応しいテーマです。

1年を通してあれやこれや、いろんな脱線をして記事を連ねてきましたけど、もともとは個人塾開業を考えている人や、個人塾経営で悩んでいる人に少しでも役に立てれば、という狙いで開設してきたのです。

まさに今日の読者対談は、1年の終わりに原点回帰をするに相応しいお相手だったと思います。

いや、ホント平日の午前中に現在他業界にお勤めになられている方を捕まえて、有休をとらせてまで読者対談に持ち込むあたり、私の自分勝手が滲み出ております…、Aさん、申し訳ございませんでした!

Mr.MMr.M

わざわざ有給を使って、埼玉まで来ていただきありがとうございます!(Aさんは現在、東京在住の方なのです…)

今回はAさんの個人塾開業に向けた話を絡めて、Mr.Mが大体どのような流れで読者対談を行っているのかを書いていきます!

読者対談の流れ

事前の連絡

保護者からのメール

まず、読者の方から「お前のようなちっぽけなヤツに会いたいぞッ!」というメールをいただきます。(もちろん、そんな文面で送ってくる方はいません。皆さん、常識的で謙虚な方ばかりです…)

ご本人の情報が全く分からない状態での対談は私がビビりのため、遠慮させていただいております。名前や現状をある程度お聞きします。(現在、何県に住んでいて起業を考えているのか、それともすでに個人塾経営をしていて悩まれているのか、それともMr.Mみたいな訳の分からないヤツと何かやってみたいのか、ただ話をしてみたいのか。)

私は基本的にどんな内容の話でも興味がありますし、記事のネタにもさせてもらいますので、時間と場所さえあれば、現在のところお断りすることはありません。(何かの勧誘とかだと断りますけど…。今後、新しい取り組みを始めて時間がなくなったらお断りすることが出るかもしれません、その際はホント申し訳ないです!先に謝っておきます!)

で、場所と時間はものすごくわがままを言わせてもらっています。

原則は平日の午前10時~12時の間。

場所は埼玉の某所。私の家から車で30分圏内の場所を指定することがほとんどです。

喫茶店やファミレスを指定させていただいています。

一度だけ愛知県からきていた方(その方もAさんでした。愛知のAさんですね。今回は東京のAさんです!)のときは、予定がなかったので休日に私の塾でお話させていただいたのですが、基本的に私は休日は家族に時間を使う派の人間なので、休日の対談はあまり期待しないでいただきたいのです…。(第1弾のOさんのときも、たまたま空いていた日なのでOさんの家の近くまで行きましたね、遠かった!)

で、日時と場所が決まったら、しばらくそのまま待機をお願いしております。

臆病者なんで身バレをできる限り防止するために、ギリギリまで名前などはお伝えしていません。対談ギリギリの前日や2日前くらいで自分の電話番号と名前をようやく明かします。(皆さんには聞いておいて、自分はギリギリまで言わない卑怯っぷりを発揮しているのです…。)

「くそ~Mr.Mって何者なんだぁ~!」というストレスに打ち勝った人だけが会える人物、それがMr.Mなのです!

ダメなヒトダメなヒト

そして、そのストレスを抱えてまで、わざわざ会う価値がないことをアナタは知ることでしょう!

Mr.MMr.M

・・・

まず自己紹介から

当日は大体朝10時から埼玉県某所の喫茶店やファミレスで対談が始まります。

当たり前ですが、まず自己紹介から。

私は本業の塾の名刺とブログの名刺二枚を渡します。

で、今日のAさんにも言われましたが、大体言われることが…

「イメージと違いますね。」と。

「もっと尖った人だと思った」とか、「もっと怖い感じの人かと思った」とか、「もっとベテランって感じの人かと思った」とか…言われますね。

ダメなヒトダメなヒト

皆さん、弱い奴、他に何も取り柄のない奴ほど、顔が見えないネット上では粋がるんですよッ!

Mr.MMr.M

・・・

ま、私自身は決して穏やかな人間ではないと思ってます。尖っているかどうかは分かりませんけど、近しい友人や親族からは「かなり偏った人間」という評価で一致してますし…。(そして生徒たちからは「かなり奇妙な人間」という評価で一致してます。)

自分自身の自己紹介はあらかたこのブログに書いてありますので、何を言っても皆さん、よ~く知ってくれています。ホント、有難いことにくだらない記事まで目を通してくれている人がほとんどなんですね。

Mr.MMr.M

恥ずかしいッ!

今回の東京のAさんの紹介を少し。

30代前半男性。地元は九州。元教員。祖父は教頭先生の教育一家。現在の本職は全くの別業界。(ただし、ここにいたるまで学習塾のアルバイト・家庭教師などの経験はアリ。)舞台経験もあるという異色の人物。

雑談を含めて色々話すんですけど、今回のAさんもなんと私が元勤めていた大手塾でアルバイトをしていた経験があるとか!前回のIさんも勤めていましたし、これで二連続!やっぱり大手塾はスゴイなぁ~という話もしたり…。

読者様相談

塾講師ウソつかない

で、急に「具体的に聞きたいことなどありますか?」と話を振るMr.M。ここから読者様の相談が始まります。毎回思うんですが、独立開業の相談をされる方は本当にいろいろ準備されています。私が開業したときと比べると大ちがいでいつも恐縮しちゃうんですが…

開業場所の相談

今回はこの部分の話がすごく多かったですね。Aさんの地元の地図を見せてもらって、学習塾の分布などから、どのあたりが個人塾起業に向いているかなど話していきました。

ま、私が言えることってあくまでも「アパート1室開業」をするとしたら?って部分になっちゃうんで、どうしてもニッチ的な場所を選んじゃうのが恐縮なんですよね…。(一等地的なところは無意識に外しちゃうんです。)

今日もお話していて、「1階事業用物件で勝負なら、ここじゃないかもなぁ~」なんて思っちゃうんですけど、いかんせん私には”開業は1階事業用物件勝負!”という知恵(感覚)がないわけで…。

このあたりはホント、1階事業用物件で最初からある程度の資金をぶっこんで勝負をした人の話を聞ければ一番いいんですよね。

東京のAさんもアパート1室にこだわっているわけじゃなくて、1階事業用物件を視野に入れているし、自宅開業まで視野に入れていらっしゃったので、その道のプロがいたらもっといい話ができたとは思うんですよね。(ま、私自身は自宅開業は否定派の人間ではありますが、結局、人それぞれですから。何を選択するにしても、それぞれでメリット・デメリットがありますし。)

時間割・月謝

時間割や月謝もきちっと作られてきていました。ココに関してだけ、私は指摘しましたね。

「小学生の開始時刻が15時45分は早すぎるのでは?」ということだけ。

(私と対談してもこの程度ですよ、私が言えることって。)

月謝については、基本私は安すぎなければいくらでもいいと思うんです。

高くてもそれだけの価値があればお客様は来てくれますし。(もちろん高く設定すると、最初の知名度がない時点では集まりにくいのはあるでしょうけど。)

高く設定すれば、自分自身もそれだけの価値を持たせる仕事に覚悟も持てますし。

ちなみに私の塾の月謝をAさんにお見せしたところ、「安い」と言われました。ま、大体、どの方にもそう言われます。ただ、私は自分の塾の月謝を安いとも思ってませんし、高いとも思ってません。だから金額で商品を売ったことは一度もありません。(ま、私は「一銭でもお金を頂いている以上、手を抜くな」という、いたってシンプルな考え方をしているので。)

「安い」と言うよりかは、あ、このままでは今年の消費税はヤバいな…、お客様に協力してもらわないと!ってことで値上げはしましたけど…。

障害を持っている生徒、不登校の生徒を受け入れるか

やっぱりですね、対談は良いです。いや、直接対談だけじゃなくて、とにかく他の人とコミュニケーションをするって新しい視点というか、新しい考え方のヒントになりますよね。

今日はこのポイントがとても新鮮でした。Aさんから聞かれたんです。

「障害を持っている生徒とか、不登校の生徒って受け入れるんですか?」って。

いやぁ~、確かにこの視点って今まで記事にしませんでしたけど、塾を開業したら必ずぶち当たるポイントの一つですよね。

うん、これについては一つの独立した記事のテーマにさせていただきますッ!

一応、私の回答は「自分たちの力で成績を上げることができるのであれば受け入れる」と言う答えでした。この辺りの詳しい考え方は後日。

私の意見・考え方

で、大体最後の30分くらいは私の考え方を話す感じに毎回なっちゃいます。

せっかくリスクを背負って独立開業するんだから、自分自身がどうなりたいかを真剣に考えた方がいいとか、自分がやりたいことがあって独立するんだけど、結局お客様がいなければ生きていくことができないんだから、お客様が何を欲しているのか、何を心地いいと感じているかを考えないといけない。塾の名前1つから自分よがりじゃなくてお客様が発しやすい言葉、覚えやすい名前を考えるべき、みたいな偉そうなことをベラベラ喋ってます。(で、皆さん有難いことに真剣に聞いてくれています。)

終了

接客力

で、大体12時ごろに話は終了。結構2時間くらいがちょうどいいんですよね。あんまり長すぎても情報量が多く成り過ぎちゃって私はパンクしちゃいますし…。皆さんもそれぞれ忙しいと思いますので、私ごときが皆さんの時間を食い散らかすのも気が引けますし…。

ということでブログ初年度の締めくくりとしては、素晴らしい対談をさせていただきました!改めて東京のAさん、わざわざ有給までつかっていただきありがとうございました!

さて、明日からブログ運営2年目が始まりますが、すでに対談予定が2件入っております。1件はあのスーパーエースが再び!?そして、もう一件は相当の結果を出している個人塾の経営者の方です!なぜに私なんかの小者とッ!?そんな感じで恐縮しているんですが…、ま、図々しく場所も時間も指定してたりして…。

お二人ともよろしくお願いいたします!

では皆さん、2年目のMr.Mも見捨てないでください!私は私で無い知恵と、限られた能力で必死に頑張ってまいりますので!


スポンサーリンク