前回の記事でお伝えしたMr.Mの壮大なる小さな計画を進めようと意気込んで仕事場に来たのですが、新しい教室の火災保険の契約があり…。

保険屋さんから何と二時間も相談を受けるイレギュラー…。(よって何も進められないままに夕方突入…)

保険の相談?違います。

保険屋さんの息子さんの話。(新中学1年生。)

中間テストが終わりました。結果がかえって来ました。散々でした…。

というよくある話なのですが…。

私の塾の生徒ではありませんよ?別の塾に通っていらっしゃいます。

ま、その塾の話を事細かく聞いていたわけですね。

ブログのネタになるッ!

いやいやいや、そうじゃなくて近所の学習塾の情報を得られる貴重な機会だと思いまして…。

冗談みたいな話が噴出していましたが、ま~当事者にとっては笑えないでしょうね…。

酷すぎですから!

全く成績の上がらない謎の指導内容

保険屋さんの息子さん、五教科通っているらしいのです、その塾に。(流行りの自立型個別指導塾ですね。あ、表現が紛らわしいですね、その塾自体は流行ってません。指導形態として流行りです、という意味です。)

で結果は20点、30点あり、そして最高点数が英語の80点台後半。

ま、中学校最初のテストですから。英語は超平均点高いですよね~。

ちなみに私の塾にも同じ中学校の生徒がいますけど、90点ピッタリが最低得点です。で、この90点ピッタリの生徒は相当凡ミスをやらかしているので、私に焼きに焼かれて現在補習行きになっているのですが…

さ、この息子さんが通っている塾の指導内容をお伝えいたしましょう!

宿題を20ページ出します。一週間分じゃございません。一回の授業分です!良いですね、この量。ブラックですね。ま、多少の誤差はあると思いますけど五教科分で100ページ!?一週間でこの量!普通にこなせていれば、学年一ケタ間違いなしでしょうね。

で、宿題をやります。一生懸命やります。終わりません。当たり前です、だって学年一ケタに入るレベルじゃないんですもん。普通の生徒なんですもん。しかも受験生でもない中学1年生ですよ?(ちなみにうちの塾でもこの量を一週間で終わらすことができる生徒は2,3人だと思いますよ?全員学年1位経験者ですけど…)

お父様の話だと飯を食う時間、風呂に入る時間すら相当に削って、夜11時までかかっても終わらないそうです。お父様言います。「私から塾の先生に事情を話してやるから、もう寝なさい。」と。お父様、正しいです。

で、次の塾の授業。終わってない宿題の続きやります。宿題の続きだけで、授業時間が終わります。で、その日の宿題がまた20ページ出ます。

ここで皆さん、思いますよね?「あれれ?な~んかおかしいぞッ?」って。

宿題が20ページ出されて、終わらなくて塾の授業中に宿題の残りをやって、また終わらない宿題が出されて終わらなくて、塾の授業にやって…、問題集を解いてるだけじゃん!買った問題集を場所を変えて解いてるだけじゃん!

で、強烈にスゴイのが学校の宿題も家で終わらないから、塾でやっていいそうなんですね。あ、いや、私の塾だって自習に来てやる分にはぜんぜん良いですよ。どんどんやれって言いますよ?でもね、この塾は塾の授業中に学校の宿題をやって良いそうなんです!学校の宿題の質問を受け付けてるわけじゃないですよ?学校の漢字練習の宿題を塾の授業中にやってOKなんですよ!

どうやら私はふる~い固定観念に縛られていたようです。何と今の塾では学校の漢字練習を授業中にやって良い時代になっていたのです!私のような古いタイプの塾講師には、その感覚がどうしても分からんのですが、塾の授業ってのはわざわざ月謝をいただいて学校の漢字練習をやっても許される場所だったんですね!コレは、学校の音楽の宿題の楽譜を写す宿題とかもOKなんですかね?ちょっと時代遅れの私には分からんのですが…。

自立学習塾のハイブリットICT指導ってのは、そういうことだったんですね!?最先端授業ってのはそういうことだったんですね!?私は自分の子どもを絶対にココには通わせません!たとえ原始時代レベルの時代遅れの人間になったとしても…。

ちなみにこの塾では、テスト前もパソコンを使って予習をやり続けていたらしいんです。で、案の定、「勉強したところが全然テストに出なかった…」と。中学校まで200mの距離にあって、その中学校の定期テストの範囲もつかめてない!?それとも、掴んでいたとしても敢えてそれをやらせない!?

でも辞めない?その秘密はおしゃべりにアリ?

保険屋さんは私の塾の近所にあるため、私の塾にも通うことができるんですね。ま、ただ、保険屋さん的には取引先だし、いろいろ気を遣ってくれているんだと思うんですが…。

なんで私の塾に通わせないかというと、本人ストップが出てるわけです。私の塾に対しては。「厳しいから嫌だ」と…。私もそれだとたぶんついて来れないので、まだ止めた方がいいと。

ただ、幾らなんでも、今の塾はヤバいと。だから私に二時間も相談してくれたんですけど…。保険屋さん(お父様)はもうその塾は辞めさせたい、と。しかし、本人は塾を辞めたいとは言わない。

本人曰く「塾では分かってる。パソコンの授業ではできている。」と…。

そして、大学生講師が面白い話を聞かせてくれると…。

Mr.MMr.M

こ、これはまさにハイブリット!

「パソコンの簡単な問題+大学生のお兄さん・お姉さんのおしゃべり」これがハイブリット学習塾の正体だったんですね!おじさん、知らなかった!

ま、よく聞きますけどね。大学生のおしゃべり戦法。お友達講師戦法。

またの名を延命戦法ですね。成績がぜんぜん上がらなくても、先生と友達になることによって本人に辞めたくないと言わせ、本当にギリギリヤバくなるまで退塾させないというヤバい個別指導塾伝統の延命戦法。

こんな塾はいずれ潰れる…

挫折

ただ塾生、そうとう少ないらしいんですけどね。

「いつも空いてる。」って息子さん言ってるらしいです。

「あの塾、潰れるよ~。」なんてお父様に言ってるらしいです。

当たり前ですよ。塾講師じゃなくたって、この塾の異常性は分かるでしょ?

こんなの塾に行かない方がよっぽどマシです。勉強が分からないから塾に行っている生徒に対して、分からないままに宿題を20ページも与える。で、その宿題をやり続けることに全ての授業時間、家庭学習時間を使う。

「宿題、宿題、宿題…」

ストレスめっちゃたまるでしょ?勉強、めっちゃ嫌いになるでしょ?で、勉強をやってもやっても成績が上がらないって自己嫌悪に陥るでしょ?

大人で考えてみましょう。絶対に終わらないレベルのノルマを課されます。勤務時間で当たり前のように終わりません。家に持ち帰ります。家で必死にやっても終わりません。睡眠不足で次の日会社に行って怒られます。終わるまで残業です。もちろん、サービス残業です。で、また新たにノルマが課されます…。

いい仕事できますか?会社の利益を上げるような素晴らしい仕事に繋がりますか?下手したら過労死です。下手しなくても体調は壊します。で、その会社を間違いなく辞めます。

塾に限らず、企業ってのはなんで社会に存在させてもらっているのか。当たり前ですけど、必要とされているからですよね。社会的に必要だからこそ、存続できるわけです。

この塾、必要ですかね?

いや、分からんですよ。一人の方の話を聞いただけなんで、全部が全部同じ指導してるって訳じゃないのかもしれませんけど…。いや、たった一人でも問題ですよ、このレベルは。少なくとも、私が知っているまともな塾、まともな先生からはこのレベルは出ませんよね。

宿題20ページ=悪、って言ってるわけじゃないんですよ。中学受験とか上位生ばかりのバリバリの進学塾謳っているなら、宿題20ページもまた正義の場合があると思うんです。生ぬるいこと言ってたら、戦えないレベルの競争ってのも現実ありますから。

ただね、普通の塾ですよ?誰でもOK的なよくある自立型個別指導塾ですよ?何でもできます、何でもあります、一人一人に合わせますってヤツですよ?

で、宿題20ページ?いやいやいやいや、平均点も行かない生徒に宿題20ページ?それも基礎問題ばっかりとかならまだしも、たいして教えてもいないところも合わせて20ページ?

Mr.MMr.M

1つ言おう、それをこなせるんだったらアナタの塾にはもともと行かない。

潰れない方がおかしい。ここまで行くと、少なくともその生徒に対しては迷惑をかけている可能性が非常に高い。その生徒にとって悪影響を及ぼしている可能性が非常に高い。

他人様に迷惑をかけて存続できる企業なんてあり得ないんですよ!