このブログ運営もいよいよ1年を迎えようとしています。

いやぁ~この1年間、色々ありました!

と、ありきたりな言葉で始めようとも思いましたが、ま、ひたすら記事更新に明け暮れ、気づいてみたらメッセージをもらえるようになり、数人の方と直接お話させていただけるようになり…。ま、そんな感じです。

それをいろいろと言えば色々ですけど、言葉にすると「あ、こんな程度なのね」って感じで寂しくもあり…。(世の中にはブログを通して書籍販売にこぎつけたり、芸能人レベルになっちゃう人もいる世界ですから。)

ブログの訪問者数を振り返ると、とくに2019年に入ってからの動きが面白く、「あ~なるほど、世間の人はこういう興味をこういう時期に持っているのね~」なんて様子が見て取れたり。

この部分はホント、ブログ運営をそれなりにしていないと分からない部分で、現代を生き抜くうえで結構大事なことを実地で勉強させてもらってる感はスゴイします。(塾のHPのブログ運営だけでは分からなかった部分です。)

ま、今回の記事についてはおそらく需要は少ないとは思いますが、2019年に入ってからの本ブログの訪問者数の動向から、思うことをいろいろ書いていきます!

Mr.Mの経営ブログの1月以降の訪問者数の波

2019年に入ってから5月13日までのユーザー数とpv数の変化をグラフに表しました。

こうやって見ると色々波があるんですが、探ってみるとそれぞれに理由があって面白いのです!

確定申告時期の波

まず、3月の初めにかけて私のブログはユーザー数、pv数ともに順調な伸びを見せています。

もうね、この頃はホントに何を書いても伸びるんで調子コキ憎のMr.Mだったのですが、実はこの時期にpv数を荒稼ぎをしていたのは、「個人塾に税務調査が来るかどうか?」という学習塾経営からは離れた記事だったのです。

全然想定外なことに「個人事業主 税務調査」の検索で割と上位表示されていたのです。

やはり世の中、私と同様、税務署に怯える人たちが多く1月~3月15日にかけてこの記事が人を呼び込んでくれました。(今でもブログ全体で1位、2位を争うpv数を記録しています。)

ま、それでも5月の連休も過ぎた今日この頃、ほぼ需要が無くなったこの記事は過疎化している状況ですので、また時期が来るまで他の記事に埋もれていくことでしょう。

10連休でpv数も激減

GWの10連休と重なった部分も注目です。

ガクッとpv数が落ちています。(思ったよりもユーザー数は落ちていませんでした。)

やはり気分ウキウキのGW。私の批判めいた記事が並ぶ、どす黒い気分になりそうなブログなど世間は求めていなかったということでしょう…。

皆さんが私のブログを無視して、休日を満喫しているという健全な生活をされていて何よりだと。

ま、口ではそう言いますけど、心の底では「ちくしょ~、皆読みたいときだけ読みやがってぇ~!」と、自分自身も連休中は記事の更新が滞っているのを棚に上げて、憎しみで満たされておりました。

連休明けの波

連休中のpv数の落ち込みにダークMr.Mとなっていた私ですが、連休明けのpv数上昇に人を信じる気持ちが復活しました。「あぁ、皆さん、私を忘れないでいてくれてたのね…」とブログの世界で生きる希望を改めて見出したのであります。

ま、くだらない冗談はさておき、連休明けで通勤途中や職場などで、このブログを読むことを再開してくれた人が多かったのだと思います。

3月中盤からユーザー数が停滞していてちょっと不安ではあったのですが、連休明けに伸びてきたので一安心しております。ただ、連休明けの反動で伸びただけって可能性も十分あるので予断は許しませんが…。

ラッキーパンチの波

実は3月15日の確定申告の期限前に「税務調査」の記事とあわせて、このブログのpv数を伸ばすラッキーパンチが起きました。それは3月8日の「週刊〇日」における市川EB蔵さんの「酒は無駄対談」により、私のブログの「酒は無駄」という記事の閲覧数が一気に伸びるという奇跡。この記事も未だにベスト5に入るくらいのpv数を誇っているのです。(この記事も現在は需要がゼロに近いのでいずれ他の記事に飲まれるでしょうけど…)

いやぁ~有名人の力って凄いなぁ~って。歌舞伎とは全く関係のないこんな弱小ブログにまで影響を与えてくれるんですから。だからと言ってEB蔵さんのファンになるかって言うと、それはまた別問題ですけど…。

実はこのラッキーパンチに味をしめた私は、「翔んで埼玉」狙いで”さくまひでき”さん関連の記事もアップしたのですが、こっちは今のところ不発に終わっています。キーワード選定の部分で下手くそだったためか、全く上位検索に引っかからない記事となってしまいました…。ま、気になる人は読んでみてください、お願いします…。

書けば書くほどpv数は増えるという当たり前の結果

ユーザー数の上昇とpv数の上昇は、当たり前ですがほとんど一致します。そりゃ、ブログの訪問者数(ユーザー数)が増えれば、見てもらえるページ数(pv数)も増えるのが当然。たとえば、上の図の黄色の丸枠で囲ったところなんかそうですよね。「確定申告の波」と「市川EB蔵さんの波」に乗れた部分です。

ただ、灰色の丸枠の部分を見ると、pv数は一時的に上昇しているのにユーザー数はほとんど変わっていません。これはなぜか…?

気になったので、何か特別に注目を集めた記事があったのか調べてみたのですが、特になし。

答えは更新した記事数にありました。

4月1日からの1週間は1日2記事ペースで更新をしています。これは私のブログのペースにしては早い更新ペースです。(私はどんなに早く更新しても1カ月で50記事がせいぜいなので…。1日2記事ペースってことは1月60記事ペースになりますからね。)

ユーザー数は変わらなくても、ある程度定期的に読んでくれている人がいる限り、記事を更新すればするほどpv数は増えるんですね。どんな内容がない記事を書いたとしても、ファンであれば読んでくれるということだと。(ま、ただクソみたいな記事やテーマと離れた記事を連発すると、その有難いファンの方々も離れていってしまうでしょうが…)

学習塾のブログはどんな波を想定すべきか?

学習塾に求めるもの

学習塾のブログでも季節によって需要があるはず。

その需要を見込んでブログに記事を書いたらどうでしょうか?という提案。

訪問者数が増えれば、ドメインパワーが強くなりますので、「市町村名+学習塾」でのトップページ表示は十分に可能なはず。

一応、私がパッと思いつく話題を時期ごとに載せました。

記事がグーグルに評価されるまでに時間がかかりますので(半年くらいかかる場合もあるらしい)、先を見込んで記事を仕込んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに文字数は最低でも5000文字クラスを投入しましょう。どれもそれなりに競合も多いテーマですから…。

4月は「塾の選び方」系の記事の提案

新年度を迎えて世の保護者様方が気になるのは「どんな塾に入ったらいいのか」ということ。

そこで私が提案する記事内容は「塾の選び方」をテーマにした記事。競合もたくさんあると思いますけど、上位表示されれば相当のアクセス数を稼ぎ出せるはず。

「良い塾」や「悪い塾」などのキーワードでさらに絞ると上位表示を得られる可能性が高まるかもしれません。

7月は「夏期講習 費用」「夏期講習 合宿」系の記事の提案

世のお父さん、お母さんの中には「塾の夏期講習は高い」、というイメージがありますよね。ということは「夏期講習 費用」というワードは需要があるかと。もしくは「夏期講習 高い」とか。「夏期講習費用 相場」とかでもいいかもしれませんが。

あとは「塾の夏期合宿って意味あるの?」みたいな需要もあるはず。これも「塾 夏期合宿 高い」とか、いろいろワードを変えて狙えるかと。

9月は「北辰 偏差値」系の記事の提案(埼玉県限定)

ココは埼玉県限定の話題になっちゃいますけど、9月からは私立高校の確約が話題になっていきますから、確約のメイン材料となる北辰テストについての需要が上がっていきます。「北辰 偏差値」に続いて「上げ方」とか入れてもいいですし、「確約」のワードで狙っても良し。

2月は「公立高校 合格 ボーダーライン」系の記事の提案

2月は公立受験生たちが公立高校の過去問をガンガン解いていく時期ですよね。当然気になるのは合格点ボーダーラインというやつです。

自分が受かるかどうか不安になる訳ですよ。人は不安になると何をしますか?

ダメなヒトダメなヒト

トイレに行く!

答えはネットで調べる。

「都道府県名+公立高校+合格点」「都道府県名+公立高校+合格+ボーダーライン」など、考えられる組み合わせは色々あると思いますが、相当需要が増すでしょう。(中学生とか、保護者だけじゃなくて、塾業界の人たちも調べますもんね。)

まとめ

ということで、自分自身のこのブログをちょろっと分析して、学習塾でも季節とか時期を意識した記事をブログで書いたらどうでしょうか?という内容でした。

学習塾の日々の日記的なブログを書くのが苦手な塾長とかは、時期ごとにお客様が気になるだろうな~というテーマを想像して、お役立ち系の記事をしこたま撃ち込んだらどうでしょうか。結構、グーグルのSEO的にも強いHPになりそうな予感がプンプンします。