連休中、子どもの昼寝中にザ・ノンフィクションを見て暗くなるMr.M…

挫折

連休後半。

午前中、近場のショッピングモールのゲームコーナーに子供を連れだしたMr.Mは、帰りの車で子ども全員が昼寝に陥るという幸運に恵まれ、午後の数時間、自由時間を手に入れたのであります!

連休中で狂った曜日感覚でしたが、この日は日曜日。

日曜日の午後2時と言えば…

フジテレビの『ザ・ノンフィクション』でしょう!

ま、普段の休日はこの時間帯は大体出かけており、テレビを見ることはほぼないのですが、ホントたまたまパソコンをたたきながら、テレビをつけるなんて言う至福の時間に恵まれ…。

いや、独身時代はよく見ました。『ザ・ノンフィクション』…。

休日の昼間から暗くなるんですよね…。でも、何か世の中、不幸な人がいるから自分なんてまだマシだ、って思えたり…、ときには「あ、コイツまじでヤバいヤツだ。」とテレビに向かって罵詈雑言をぶちまけたり。

今回の『ザ・ノンフィクション』は後者。

子供を他の部屋で寝かしながら、子どもには聞かせることができない罵詈雑言をテレビの中の元全国no.1ホストの『伯爵』にぶちまけておりました。だって、『伯爵』…超ダサいんですもん。

元全国1位のホスト、『伯爵』がクソダサいオヤジで悶々とする…

今回のザ・ノンフィクションの主役の『伯爵』、現在42歳の現役ホスト。

もともと全国でno.1の人気を誇るホストだったとか。

しかし、現在は店の指名ランキングも圏外。

月の収入も10万円あるかないかの超ダメホスト。

そもそも42歳で現役ホストとか、ヤバいですよね?

そのくらいの歳だと普通経営とかに回るんじゃ…ってのが、素人考えだったんですけど、案の定、伯爵よりも後輩の元ホストは社長だったり。

で、その社長がやっぱり言うわけですよ、伯爵にホストを引退して裏方に回らないか、と。

(ま、見ているこっちとしては「いやいやいや、こんなヤバいオッサン、それこそ経営サイドじゃ何もできんだろう?」とか思っちゃったりするんですけど…。)

伯爵ね、やっぱりダサいんですよ。な~んでこの人が全国no.1になったことがあるんだろう?って超絶疑問になっちゃうレベルでダサいんです。

まずね、客にダメ出しされまくり。1周りも年下の客に「アンタと話してても気分良くならない」、とか…。過去の栄光にしがみついているヤツが一番ダメとか…。

いや、もうやめてあげて!ってこっちが言いたいくらい痛々しいというか…。

そんで伯爵も伯爵で、亡くなった友人のお墓の前で「お前との約束が…」って涙ながらにno.1返り咲きについて嘆くんですが…「色々やったのに…、もうダメかもしれない…。」みたいに。

いや「色々やったのに…」って…。お前がやってんのは新人に酒を煽って飲ませて、中堅の人気ホストたちにダメ出しされて、逆切れしてるだけだろうッ!?という始末で…。

今回のザ・ノンフィクションを見ていた人なら分かると思うんですけど、あの「伯爵」の新人に対する酒の煽りっぷりは、ホスト業界のみならず、今の時代、どの業界で会ってもカンペキアウトのアルハラでしたッ!

あれだけ完璧なアルハラは厚生労働省の「アルコール・ハラスメントはダメです!」とかいう啓発ビデオに使えるレベルで完璧でしたね。

現代の「人」の売り方、「ファン」のつけ方を伯爵に学ぶ

いいね!

しかし、番組後半、伯爵は人気回復のための行動に出るのです!

若い人気ホストたちにアドバイスを聞きに行くのです!

その中の一人、超人気ホストが伯爵に奥義を授けるんですね。

それがSNS

現代のホストは、まずSNSでファンを集めて客を見せに呼び込む、と。

なんかどの世界も共通した部分があるなぁ~、と。

それを聞いた伯爵。

TikTokで動画を作ることに。

しかし、伯爵42歳、まず動画が作れない!髪型や格好は必死に若者づくりしててもそこは42歳です。アナログなんです…。(この辺り、伯爵に滅茶苦茶共感する部分があり、何か悲しくなったんですが…。)

そしてね、伯爵、SNSの世界を舐めている。

誰かの猿真似をして作った動画で、すぐに結果が出ると思っている!

この辺り、ホームページに形だけSNS連携をしている個人塾経営者と同じ匂いを感じたのは私だけでしょうか?

(とりあえずFacebookとかTwitterをやってれば知ってもらえて、客が増えるみたいな…)

ま、伯爵もバッチリ店の社長とかに懸念されるわけですが…。そんなにSNSの世界って甘くないよ、みたいに。

で、伯爵、バッチリSNSでもコケるわけです。

だって42歳のオッサンが若者と同じことを猿真似でその劣化版を繰り広げていたって誰も見ないじゃないですか。

そのあたりも店のエース的なホストから指摘されたり、ま、例の如く客からもダメ出しのオンパレードで…。でも、エースホストや客の言うことがムチャクチャ説得力あるんです。

42歳の現役ホストだからこそできることがたくさんあるだろう?

伯爵、それこそあなたはネタの宝庫だろう?と。

で、伯爵、ズッコケ始めるわけです。42歳のダサい感じを売り出していく訳です。

すると見る人が爆発的に増える…。そしてホストの仕事でも使命が入る…。何と3年ぶり?に店の指名ランキングに入る…。

コレも結構、他人ごとじゃないですよね。

学習塾経営でも同じこと言えません?

自分はプロ講師だ、経験豊富だ、技術が凄いんだ…。いくら言っても誰も見向きもしない。

自分自身の置かれている立場、見られ方、分かってないまま自分の独りよがりで発信している塾経営者、多いような気がします。でね、そんな発信をし続けたって大手塾の講師には勝てないわけです。(実力じゃないですよ?見られ方で、という意味で。)

大手塾なんて大きなキレイな写真で、それなりのキャッチフレーズ多用していかにも「プロ講師よろしく」見せることなんてお手の物じゃないですか。

私のようなしょぼい教室の知名度ゼロ講師が、いくら地球の中心で「俺はプロ講師だッ!」って叫んだって誰も「いいね!」なんて押してくれない訳ですよ。

われわれなんて学習塾業界の『伯爵』なんです。正当の道を辿ろうとしたって何も目立たない。誰も発見してくれない。誰も指名してくれない。

でもね、そんな『伯爵』だって武器がたくさんある。42歳現役ホスト、元no.1ホスト、今はダサい、今はカッコ悪い、だからこそ近寄りやすい、それを正しく伝えられたとき、しっかりファンがついてくれる。

何か今の時代の「弱者がどうやってファンをつけて勝ち残っていくか」を42歳現役ホストのダメホスト『伯爵』に教えられた気がします。

ダサさ、ダメさを含めて自分をどう見せたら多くの人が共感し、楽しんでくれて、自分のファンになってくれるのか。

(いや、ダメホストとか言っちゃダメですね…。たぶん、今はファンの方が多少ついていると思うので、数少ないファンの方から怒られちゃいます。)


スポンサーリンク