学習塾の倒産増加のニュース(2018年)

挫折

2018年9月のニュースなので少し古いものとなりますが。

ネットサーフィン中に見つけたので紹介します。

学習塾や各種スクールなど、教育に関わる事業者の倒産件数が増えている。少子化に伴い、生徒の奪い合いが起きており小規模事業者を中心に淘汰が進んでいる。大手~中堅の事業者による買収が活発化。「弱肉強食」の時代に突入している。

企業調査の帝国データバンク「2008年以降の教育関連業者の倒産動向」調査(18年9月10日発表)によると、18年は8月末時点で65件。前年1~8月期の57件を超えた。このペースで進むと、過去最高の100件前後になりそうだ。

教育関連業者(学校法人を含む、学習塾、予備校、語学教室、資格取得スクールなど)の倒産件数は、2014年以降3年連続で増加している。特に2017年の84件は、リーマンショック後の2009年(93件)に次ぐ過去2番目の多さ。18年は8月末時点で65件となった。

業態別でみても、すでに「家庭教師、各種スクール」が25件、「学習塾」が24件、「予備校」9件(いずれも18年8月時点)と、通年で過去最多だった17年度を上回る見込みだ。

一方、負債規模別をみると、「1000万~5000万円未満」が59件となり、全体の90.8%を占めた。リーマンショック以降、7割前後で推移していた小規模事業者の倒産の急増が目立つ。

教育関連業者の倒産が増えている背景には、少子化の影響にともなう生徒数の減少が考えられる。塾や家庭教師、各種スクールでは限られたパイの奪い合いによる競争の激化がある。

大規模~中規模事業者による事業買収が進み、倒産後にスポンサーとなって生徒数と従業員(教師やインストラクター)、商圏を引き継ぐケースが多くみられたという。スケールメリットを生かせる事業者に有利な状況が続くことで、今後はいっそう小規模事業者の苦境が予想される。

(J-CAST会社ウォッチ)

ということで、われわれ小規模事業者は厳しいとのことで…。

※小規模事業者の定義(中小企業庁)商業・サービス業など…「従業員が5人以下の事業者」

気にする必要がない部分

このニュースを見て「うん、ここは我々が気にすることじゃないよね。」って部分が二つ。

大規模事業者による買収

ココはどうでもいい話。なぜなら同じ世界の話ではないから。

企業買収なんて雲の上の話です。

「怖い~、大手に吸収されちゃう~。」なんて全然思わなくてよし。

誰も私の塾なんて買収したくない。そもそも買収をしかける会社が私レベルの塾が目に入ってるわけないんです。

こんな話が関係するのは、せいぜい20教室から30教室くらい展開している学習塾からでしょ?

こういうニュース見て「あぁ、ヤバい…。大手に対抗しないと…。」なんて考える必要まったくないです。全然別の世界の話なんですから。

少子化によるパイの減少

ここも全く考えなくてよい。

というかこんな大前提の社会現象を考え始めたら学習塾どころか何もできない。

少子化によるパイの減少を考えて、自分の行く末を案じるんだったら介護業界行くとか、葬儀屋になるとか、それに関わる花屋になるとか、そういう根本から考えないといけないんですから。

少子化によるパイの減少を憂う時間があるのなら、教室の窓ふきした方がいいですよ。

気にしないといけない部分

勝つ

一方で気にしないといけない部分もあるかと。

この数字は氷山の一角であるという予想

この倒産件数って全然少ないですよね、きっと。

実際はもっと多くの学習塾が店を畳んでいますよね。

帝国データバンクに拾われない小さい学習塾なんて、それこそ星の数ほどあるでしょ?

開業届も出してないような自宅個人塾だってたくさんあるだろうし。

法人なら破産手続きとか必要でしょうけど、個人事業なんてひっそり店を畳んでも誰も気づかないわけですし。

帝国データバンクで拾われてる数字でさえ厳しい状況なんですから、それに拾われないホント小さな我々レベルの学習塾はもっと悲惨な状況だと。

「厳しい」なんて通り越して「悲惨」…、そんな状況かもしれません。

われわれ個人塾が置かれているのはそういう「悲惨」な状況なんだと自覚して、必死こいて経営していかないといけないって。

弱肉強食であるという事実

記事中に「弱肉強食」とありますが、ライターさんの使っている意味での「弱肉強食」なら私は、われわれ零細には気にする必要はないのかなと。

「弱=小規模事業者、強=大規模~中規模事業者」的な構図はどうでもいい。

そんな大前提を気にしたって今さらどうにもならないし、そんなことがどうにかなるとも思ってない。

われわれが気にしないといけない「弱肉強食」の事実は、「弱=儲かってない個人塾、強=儲かっている個人塾」の構図。

企業買収とかそんなカッコいい響きの大きな話ではないんですよ、我々零細個人塾につきつけられている「弱肉強食」って世界は。

弱者同士の「弱肉強食」の世界なんです。

大手じゃないんです。中規模でもないんです。ミサイルも機関銃も爆弾も持ってない弱者同士の戦い。竹槍同士、素手同士の戦いです。竹槍同士、素手同士の戦いの中で弱者となるのか、強者となるのか、その戦いですよ。

企業買収なんてどうでもいい。でも、目の前の生徒一人を奪い取られるか奪い取るかの勝負は、ホント、命がけでこだわらないといけない。今、ここでその一人を獲られたら、芋ずる式で生徒を奪われ続けるかもしれない。今ここでその一人を奪えれば、同じようにその塾から何人もの生徒を引っ張れるかもしれない。

その程度の戦いです。ただ、その程度の戦いの中に我々の生活、人生の全てが詰まっていると覚悟せよ、という感じ。その程度の戦いを制した個人塾が隣の塾のパイ20をもらえるという現実。

大手塾からパイ20はもらえませんよ?パイ20を取れるのは隣の個人塾からなんです。隣の塾が生徒の成績を10上げたのであれば、こちらは11上げる。隣の塾の先生が面白さ10ならば、こちらは面白さ11を。残酷な話、隣の個人塾が潰れなければ、私の塾が潰れるという構図。

実際、私の塾への転塾生は隣の老舗個人塾からが一番多いです。が、だんだんその数も減ってきています。つまり、隣の老舗個人塾に転塾するだけの生徒がいなくなっているという事実が…。個人塾同士の共存共栄なんてあり得ないですよ、同じ商圏で戦っている限り。

大手塾が100,200で放つ広告宣伝や無料キャンペーンや校門配布に対してアレコレ施策をめぐらす必要なんてない。その弱肉強食の世界に我々零細個人塾は生きてない。われわれが生きている弱者同士の弱肉強食の世界を正しく認識して、正しく戦って行こうよって部分。そこは気にしないといけないでしょうね。