いただきます。

Mr.M塾のここ数年の念願がようやく叶いそうでございます…。

3人目の正社員ッ!

ナイスッ!塾講師ステーション!バンザイ、塾講師ステーション!

ということで、ずいぶん前に書いた求人サイト『塾講師ステーション』の記事を追記・修正いたしました。

この3か月間の塾講師ステーションの運用の実録など追記してますので、ご興味がある方はぜひご覧いただければ。

いやぁ~それにしても長かったなぁ…。

正社員3人体制までの道のり。(まぁ、まだ勤務開始もしてませんし、契約書も結んでないんで完璧に確定はしてないんですけどね…。何があるか分からない世の中ですので、見切り発車で発表しちゃってますけど。嬉しさのあまりってヤツです、ご容赦を…。)

さて、私の自己満嬉しさ爆発発言はこれまでにして、今回の記事に移りましょう!

ダメなヒトダメなヒト

俺は願う。キミが1か月後に「やっぱり世の中分からない!人事採用への厳しい道のり再び!」とかいう題名の記事を書くであろうと。

スマレジ・タイムカードで無料でアルバイトの勤怠管理

今回は個別指導塾など、アルバイトスタッフをある程度の人数を抱える個人塾経営を考えている人に向けて。

ま、FC加盟だとこのあたりのシステムは込み込み契約だと思うんで、御用はないでしょうけど…。

(FCだと一体いくらくらいとられるんでしょう?こういう勤怠システム的な部分で。)

原始的に紙のタイムカードをカシャッて機械に入れるタイプの管理、今時さすがにやらないですよね?

生徒の入退管理でさえバーコードでピッの時代なんですから。

ただ、やっぱりそういう装置揃えたりサービス使うと金がかかるわけで…。

いや、かからない方法があるのです!

世の中、便利になりました!

スマレジ・タイムカードという無料で使えるクラウドサービスがあるのです!

使う機能を増やせば、当然有料になっていきますが、タイムカード利用と勤怠管理だけなら無料です!

私もアルバイトの勤怠に関してはこれを利用してます。

ま、無料だと勤怠管理と給与計算が連動しないんで、勤怠一覧をPDF出力して『freee人事労務』に入力して給与反映させるのが手間っちゃ手間ですけど、アルバイト5,6人なら5分くらいでできますし。

ココに関しては時間短縮よりも、今のところ無料が勝っちゃってます。

もっとバイトの人数増えてきたら、勤怠と給与連動も考えないといけないと思いますが…。

アルバイト5,6名くらいなら無料のスマレジ・タイムカードで十分!

で、私の場合、給与管理に関してはfreee人事労務を使ってますけど、ここも無料がいいならエクセルで給与明細を自作すればよし!私も数カ月前まではそれでした。

アルバイトの勤怠・給与の無料戦術は、スマレジ・タイムカードエクセル自作給与明細で決まりです!

給与連動を考えるなら、結局freeeが便利?

ティッシュおじさん

今回はアルバイト5,6名なら無料で十分という話でしたけど、10名とかになったらやっぱり給与連動もした方がいいかと。10名分とか入力するの面倒ですから。

ただ、勤怠・給与連動を考えるなら、今度はスマレジ・タイムカードじゃなくてfreeeも出番があるかなと。freee人事労務にもビジネスプランであれば、タイムレコーダー機能があるからです。

勤怠・給与連動…、スマレジに軍配が上がるか?それともfreeeか?

スマレジ・タイムカードで給与・勤怠連動した場合

スマレジ・タイムカード(プレミアム)
管理人数 10名まで
費用 2000円/月
11名以上+300円
機能 タイムカード
シフト管理
休暇管理
給与計算

タイムカードと給与計算まで連動させて月2000円ですから。

相当安いんじゃないでしょうか?

シフト管理機能がある部分なんか、個別指導塾経営には持ってこいじゃないでしょうか?

FC加盟で払ってる人事労務管理システムってどのくらい支払ってます?正直、月2000円ってレベルの額じゃなかったり…?

freeeで給与・勤怠連動した場合

freee人事労務(ビジネスプラン)
管理人数※ 10名まで
費用※ 2500円程度
機能 タイムカード(スマホ管理)
法定三帳簿の作成
マイナンバー管理
年末調整
労務行政手続き
勤怠・有給管理
給与計算

(※管理人の契約状況より)

今回、この記事を書くにあたり、すでに使っている『freee人事労務(ビジネスプラン)』の機能を調べなおしてみたんですね。

な、ななななんとタイムカード機能、あるじゃありませんかッ!

代理店の営業マン、一言もタイムカードの機能について言ってくれなかったじゃん!

早く言ってよ~!

今までタイムカード機能がある『freee人事労務(ビジネスプラン)』を契約していながら、わざわざスマレジ・タイムカードの無料使用を続けていた間抜けな情弱Mr.M…。

次月からは『freee人事労務(ビジネスプラン)』のタイムカード一本で運営していきます…。そうすればアルバイトの勤怠と給与が連動しますので…。

ま、私の戯言はこのくらいで。

タイムカードと給与計算連動で言えば、私は断然『freee人事労務(ビジネスプラン)』をおススメします!

なぜなら、『freee人事労務(ビジネスプラン)』の方が法定調書年末調整など、行政手続きへの対応が充実しているから。

たとえば、年末調整とかそういう部分をスマレジ・タイムカードに求めると、最上級の契約プランのエンタープライズになります。そうすると価格は6000円、で11名以上は+600円(1人あたり)になります。それなりに高いです。(それでもFC経由のシステムよりは安いかもしれませんけど。)

『freee人事労務(ビジネスプラン)』なら、スタッフ10名2500円前後です。『freee人事労務(ビジネスプラン)』はfreeeの公式サイト上では価格が伏せられていますが、実際に私が契約している費用で言うと、10名までで月2500円前後で済んでいます。この値段で、法定調書などの書類出力ができるというのは、相当のメリットだと思いますよ?

ちなみに、『freee人事労務(ビジネスプラン)』をおススメする理由は他にもあって、freeeは会計ソフトもありますので、それとの連動もできるって点で相当のメリットがあるかと。

そもそもこれから開業を考えている人は、とりあえず『開業freee』を使えばいいんです、って話で。『開業freee』無料ですから!メールでいろいろ開業手続きについての質問されるんですけど、とりあえず『開業freee』使っとけと。私に聞くよりそっちの方が早いし正確だし。

『開業freee』⇒『freee会計』の流れで間違いないと。そんでもって他人をたくさん雇うようになったら『freee人事労務』も追加でよし、と。

話がズレて何かfreeeの営業みたいになっちゃってきたんで、ここら辺りでまとめます。

無料でアルバイトのタイムカードを運用したいなら

・スマレジ・タイムカードの無料プランで勤怠管理

・エクセルで給与明細作成

これでよし!学生アルバイトスタッフ10名以下とかなら、年末調整とかもほぼ気にしなくていいのでこれで十分!時間もそんなにかからないし。