大手学習塾時代の社員旅行を思い出します。

そう、あれは入社1年目、熱海旅行に行ったとき…。

先輩社員の5,6人が旅館に着くや否や姿を消し…。夕食前にタバコのにおいをまとわせて帰ってきました。

そう、あれは入社2年目、沖縄旅行に行ったとき…。

またしても先輩社員の5,6人がホテルに着くや否や姿を消し…。夕食前にタバコのにおいをまとわせて帰ってきました。

そう彼らは目的地に着くや否や、居ても立っても居られずにパチンコに出かけたのであります。

熱海の海も旅館の温泉も、パチンコの前には勝てないのです。

沖縄の国際通りも、ソーキ蕎麦も、サーターアンダギーも、パチンコの前には勝てないのです。

私は2年間で会社を去りましたので、その後の彼らの社員旅行の行動は分かりません。

しかし、それ以降も同じ行動を取り続けているだろうことがありありとイメージできてしまう…。

塾講師、パチンコ好きな方、結構います。

個人塾の知り合いでも、飲み会に平気で遅れてきたと思ったらパチンコ。

私は神様は信じないのですが、それでも神様に決してやるまいと誓いを立てているものが二つあります。それが、タバコとパチンコ。(本当は酒も入れた方がいいと思うんですが、酒は飲んでしまいますね…。)

どっちも無駄だと思うから。

タバコについては以前、記事に書きました。(この時代においても塾講師はタバコ吸う人多いですよね…。何かなかなか成熟しない業界全体を象徴しているかのような感じです。)

今回はパチンコについて、全くパチンコをしたことがなく、パチンコ自体に相当の偏見を持っているMr.Mがアレコレ書きます。(ほぼネット情報で書きます。)

ネットを調べれば調べるほど出てくるパチンコの無意味さ。

パチンコで人生がダメになった人もたくさんいるようです。

パチンコをこよなく愛する塾講師の皆さん。本当にそんなことやってる暇ありますか?

パチンコによる塾講師にとって致命的な5つの浪費

ダメ講師

ま、私に言われるまでもなく、パチンコをしている人が一番分かっていることだとは思うんですけど。

1.金の浪費

当たり前ですけど、金が飛びます。

国の統計など出てないので何とも言えないですけど、月に8万円負けるとか、年間18万円負けるとか色々書いてありますね。

私の近しい人でパチンコをやってる人がいないので、ハッキリ分からないのがもどかしいですけど…。

ただ、「パチンコ 無駄」とかで調べると、パチンコによって借金してホント闇金まで手を出しちゃう人がいる、なんて書いてあるくらいですから、月に1万円未満なんてことはあんまりないんでしょうね~。

ま、仮に月に1万円だとしても私からすると無駄ですけど。だって、1万円あれば笠間でかなりオシャレなコーヒーカップ買えますよ?飯能窯なら「いやぁ~Mさん、このコップ良いっすねぇ~」なんて言われそうなコップが2つ買えます。

平日狙えば、越生のニューサンピアとか1人だったら泊まれるんじゃないですかね?埼玉西部を攻めれば、軽い旅行ができますよ?

(ちなみに私はいくらで何個のパチンコ玉が買えるのかもしらないど素人です。というか、パチンコ店なんか子どものときに叔父さんに連れられて1,2回、行ったくらいです。ほとんど記憶もないです。)

2.時間の浪費

これも国の統計は出ていませんので、いろんな人のブログを見るしかありません。ヤフー知恵袋なんかも見ましたけど、平均すると4,5時間くらいでしょうか?パチンコ店に滞在する時間って。

なんか当たりが出ると10時間とかいるとか…。

超時間もったいなくないですか?4,5時間あったら埼玉西部に住んでる人なら、車でひとっ走り毛呂山の『そば処すみや』で上手い蕎麦食って、その後黒山三滝見に行って川魚食って、上谷の大クス眺めて、その後『大豆工房みや』で上手い大豆を試食しまくって、お土産ちょっと買って。

所沢とか川越とか入間とか狭山とか鶴ヶ島とか坂戸とか、その辺りに住んでる人なら4,5時間でそのくらいのこと、できるじゃないですか。(でもって合計で5000円もかからないでしょ。)

私だったら4,5時間あれば3000文字から4000文字級のブログ記事が2本は書けますし。(その記事がこの前の市川EB蔵さんの酒対談関連でヒットすれば、広告収入飛び上がりますからね…。今の私にとってブログ記事2本って超貴重。)

いや、パチンコやってる間に仕事上の素晴らしいアイディアが閃いて、とか、隣の人とのコミュニケーションがあって人脈広がってとか、そういうのがあればいいんですけど、パチンコってどうやらそれもないみたいで。

私はタバコに対しても時間の無駄だと考えていますけど、まだタバコは吸いながら心が落ち着いてアイディア出たり、コミュニケーションもあったり、ちょっとはメリットあるような気もするんです。

でもパチンコってひたすらパチンコ台眺めているわけでしょ?(新聞とか漫画を読んでる人もいるのかな?)で、隣の人とも話さないんでしょ?何考えてるかって言うと「ほぼ何にも考えてない。」みたいに書いている人が多いんです。それとも、明日の授業は誰に何を教えようかな~、とか考えますか?

別に自分は意識高い系の人間じゃ全然ないですけど、朝10時にパチンコ店入って、たとえば午後3時にパチンコ店を出るとします。その5時間で「今日はコレコレこういう体験できたから良かった。」とか「こんな人と知り合えて良かった。」とか、思うことってほぼないんですよね?5時間後の自分が何か1ミリでも良い人間に近づけた感じはパチンコでは受けないんですよね?

市川EB蔵さんのおかげで一週間くらいpvバブルを私のブログにもたらしてくれた「酒は無駄」の記事に書きましたけど、本来は酒の席だって人脈広げたり、仲良くなったりって部分は薄いと私は思ってるんですね。でも、じゃ酒の席は人脈広げるって効果が0%かって言うとそうではなくて、人によってはやっぱりうまく使う人もいると思いますし、仕事に繋げる人だって少なからずいると思うんです。

でも、パチンコはハッキリ言ってほぼ0%ですよね?

これはどう考えても時間の浪費って言っていい気がするんですよね。

3.精神の浪費

パチンコって負けると相当にストレスをためるのだとか。

パチンコ愛好家の皆さんのコメントを見れば、それはもう憎悪の言葉が並んでいますから…。

たとえたまに勝って高揚感を得たからって、それが持続するわけでもなし。

いや、勝った高揚感で「パチンコ行きたい、パチンコ行きたい…」って常にパチンコに精神を捉われちゃう方もいるとのこと。

ギャンブル依存症ってやつです。

負けても精神が疲弊、勝っても精神が束縛、こんな精神状態を日常的に背負っていてまともの小中学生の指導にあたれるとは思えません。だって、塾の仕事ってエネルギー超必要じゃないですか。小中学生の巨大なエネルギーと日々、対峙しないといけないんです。精神的にも元気じゃないとやっていけないですよ。

ここでホント、ウソみたいな話なんですけど、冒頭で書いたパチンコに行く先輩社員の一人。パチンコが原因で退職しました。正確には、パチンコで作った借金を賄うために生徒たちのテスト費を懐におさめていたのです…。この人、明るい人で集客も上手で私も割と尊敬していた先輩だったんですけど。パチンコって怖いな~、パチンコって人変えるんだな~って。表面上ニコニコしていましたけど、精神の奥は蝕まれていたのかもしれません…。

4.健康の浪費

パチンコ行った人ってタバコのにおいガンガンするんですよね。

自分もタバコ吸うでしょうし、副流煙もゴクゴク吸い込んでると。

でもって4,5時間座りっぱなし。

ただでさえ、塾講師って仕事上、運動不足になりやすい種族なのに、パチンコが趣味って致命的に不健康。

仕事場でも座りっぱなし、休憩頻繁にとってはタバコぷかぷか。で、休日はパチンコで座りっぱなし、打ちながらタバコぷかぷか。病気にならない方がおかしいって…。

5.評価の浪費

ココが一番怖い所。

われわれのお客様って小中学生、もしくは高校生。

で、お金を払ってくれるその保護者様方。

今の小中学生、高校生ってパチンコに対するイメージ、それこそ我々世代と比べて相当悪いと思うんです。

われわれが子供のときって娯楽も少なかったんで、父親たちの日曜の過ごし方の一つに牧歌的なパチンコ風景もあったと思うんです。ま、趣味がないお父さんたちが、家でテレビの前でゴロゴロしているよりはマシかなって感じで。(うちは親父はいませんでしたけど、爺さんはよくパチンコ行ってお菓子とか持って帰って来てくれました。)

今はパチンコって聞くと、「依存症」って言葉が結構来ますよね?パチンコ=悪いことパチンコ=怖いこと、みたいな。

塾の先生がパチンコやってるなんて聞いたら、「おいおいおい、あの先生、大丈夫なの?病気なんじゃない?」極論、そうやって思う子供がいてもおかしくない。

というのは、今の小中学生の親がほとんどパチンコしないですよね?今の保護者ってまず忙しい。仕事が忙しいし、SNSも普通にやりますし、趣味も多彩。休みの日には釣りに出かけたり、マラソンしたり、で、それをブログに書いたり、もしくは週末は必ず家族とお出かけしたり。

母親はもちろん、父親だってパチンコやってる時間ないんですよ。やること腐るほどあるし、やりたいことも腐るほどある。

でもってこの不景気。給料だって上がらない。パチンコに使う金なんて一銭だってないんです。

そういう生活をしているお客様からしたら、パチンコが趣味なんてマジで理解不能。

「そんな金と時間あるんだったら、やること他にあるだろ?」

ほぼ100%の保護者がそう思うんじゃないでしょうか?

たとえば、塾を開業するとして客単価2万円を想定して、経営をスタートするとします。いいですか、この2万円というのは、平均値よりも高いんですよ?公立中学生の塾にかける月の費用の平均が1.7万円前後と言われますから。平均値よりも高い月謝を支払う能力があるご家庭を想定して、月謝2万円を設定するわけですよ?

平均値よりも高い月謝が支払えるご家庭の保護者様の価値観からして、パチンコが趣味な塾講師ってのは許容できると思いますか?いや、ここはパチンコが悪だとか無駄だとか、そういう議論ではないんです。あなたがターゲットとしているお客様が、あなたの趣味趣向を許容して、あなたにお金を払ってくれるかどうかが問題なんです。

ちなみに私は学習塾に自分の子どもは通わせない予定ですけど、仮に通わせるとしてもパチンコやってる先生には絶対に預けません。(プライベートのことなんで表面上は分かりませんけどね。)

だって勉強もクソもないじゃないですか。自ら金を捨て、時間を捨て、健康を捨て、精神を捨て、評価も捨てて、一時の快感のためにパチンコ行く人に自分の子どもを関わらせたくないって思うのは、親の私としては当然の帰結なのかなって。良い悪いじゃなくて、私は絶対に嫌。

私の友達で親やってる奴でパチンコやる奴は皆無です(こんな性格何で友達少ないですけど…。)。親戚でもいません。知り合い程度でも、やっぱり親やってる人はパチンコはしてません。タバコは吸ってる人いますけど、パチンコはいないんです。

パチンコが趣味の塾講師が魅力的なわけがないんです…。

挫折

パチンコが趣味の人って、平気で時間に遅れたり、割と自分を大きくみせる傾向があるかなって。(ウソついたり。)

で、ネットで調べると結構そういうことを書いてる人が多かったり。

当たり前ですけど、そういう人が子どもに好かれるはずありません。尊敬されるわけない。(というか、大人同士だって嫌です、そういう人は。)

パチンコが趣味になっちゃってる人は、パチンコ打ってる時以外もパチンコのことを考えるわけでしょ。お客様にとって何一つ楽しくないですよね、パチンコの話って。だって、小中学生、高校生、パチンコやれないじゃないですか。知らんのですよ、その世界は。(むしろ悪いものとして考えてると思った方がよい。)

パチンコに費やす時間を一か月分集めれば、ディズニーランドくらい行けますよね?入場料だってパチンコ一か月分よりは安いかもしれない。ディズニーランドって小中学生、ほぼ全員知ってるじゃないですか。話題にできますよね?生徒との距離を縮められますよね?(お友達会話したらダメですけど。)

いや、ディズニーランドにわざわざ行かなくても、ウィキペディアで調べたって良いわけです。ディズニーランドの開園当初の入園料とか、都市伝説とか。

私なんか趣味の園芸関連の話、めちゃくちゃ授業で使いますからね。雑草の話とか、ホント、生徒たち結構喜んだりするんですよ。「この先生、マジでおかしい。」みたいに。

塾講師ってこういう脇の話というか、小ネタというか、見識というか、あればあるほど有利だと思うんです。人を惹きつけられると思うんです。

塾講師にとっては草むしりだって芸の肥やし。草サッカーだって、草野球だって芸の肥やし。子育てだって、買い物だって何だって仕事に結びつくはずなんです。

でも、パチンコは違う。パチンコは仕事に結びつかない。そして明日の仕事に向かうためのリフレッシュにもならない。

ハッキリ言います。パチンコがどっぷりの趣味になっている塾講師、大成しません。人を惹きつけて、ガンガン集客できるスーパー講師にはなれない。一時は調子の良いときもあるかもしれません。でも、それは周りの人間の力によるものだったり、ただの運だったり。長続きはしない。

自分自身を高める努力を怠るような趣味、それがパチンコ。最初にも言いました、私は決して意識高い系の人間ではありません。休みの日まで自分の成長に捧げろ、なんて言うつもりは毛頭ありません。(私だって昼から酒飲むときもありますし、ぼーっとテレビを眺めているときだってありますし。)

でも、塾講師やってるならパチンコはホント、やらない方が絶対に良い。別にしょぼい講師で終わって結構ってなら、全く何も言うつもりはないですけど。その塾のスーパーエースになるつもりなら、自分の授業で客を集めて来る気概を持っているなら、パチンコは直ちに辞めるべきだと。

Mr.MMr.M

私がスーパーエースと思ってた先輩だって、結局パチンコで身を滅ぼしたんですから…。