前回の記事で学習塾の正社員講師の年収から、割と希望のない話をしてしまいました…。

数日後に正式入社を迎える新卒の方々申し訳ございません。

今回の記事は、前回の記事とは打って変わって「学習塾に正社員として勤めたはいいものを、やっぱり辞めてしまいたい!」で、その後結局辞めちゃうまでのステージ分類についての話です!

ダメなヒトダメなヒト

打って変わってねぇ!やっぱり辞めちゃうんじゃん!希望なしッ!

ま、結局、学習塾業界の古き良き(悪き)体質が変わらん限り、相当の変わり者か、相当の仕事に対する愛着心、もしくはあきらめの心がない限り、学習塾(とくに大手学習塾)で正社員講師として勤めあげるのは至難の業だと。

であるならば、いっそのこと、辞めること前提で話を進めた方が希望があるのでは!という私の自己解釈。

ですから今回の記事は、「どんな経過をたどって自分が今どこにいるのか」そういう指標になればと。そして、ステージⅢやステージⅣあたりになったら、ぜひMr.Mにコンタクトしてくれ、と…。

学習塾の正社員講師が辞めるまでに辿るステージ分類

挫折

独断と偏見のステージ分類表を作成しました。

ステージ分類一覧表

症状 Mr.M的対策 会社に留まれる可能性
ステージ0 会社を辞めたい、独立したいという気持ちは起きない。自分の会社員としての仕事に希望を持っている。 特になし。 90%
ステージⅠ 独立開業への特別な気持ちは起きないが、「会社、辛いな…。」という気持ちが時々現れる。 経過観察。仕事で上手く行ったり、同じ会社で恋愛関係ができるなど、ふとしたことによって快方に向かう場合もある。 70%
ステージⅡ 会社に大きな不満を持ち始める。独立開業への気持ちとともに、空いている時間に転職サイトを見始める。 松下幸之助さんの『道をひらく』、本田宗一郎さんの『会社のために働くな』を読んで、色々考える。 50%
ステージⅢ 転職サイトに登録する。また独立開業を踏まえ、FC系説明会やセミナーに参加する。 『小さな会社・儲けのルール』を読んで開業の準備を整える。または、Mr.Mに接触する。 20%
ステージⅣ 辞表を常にバッグに忍ばせている。独立開業後使えそうな会社データをひそかに集め始める。顧客の引き抜き活動を始める。スタッフの引き抜き活動を始める。もしくは、別会社に元気よく「御社で働かせてください!」と内定を承諾している。 法に触れないように頑張る。Mr.Mと対談する。 0%
Mr.MMr.M

さあ学習塾の正社員講師、正社員教室長として働いている皆さん。皆さんはいったいどのステージまでやって来ているでしょうか?

ステージ0

まさにこの4月から新卒入社する人たちはこのステージです。

最近は大手学習塾も研修に力を入れていたりします。最初の2カ月は現場配属なしで研修ばかりとか…。(私の会社はこのパターン)

現場の壮絶ブラックさが分からんので、学生ノリで過ごせる甘~い期間。

なんとな~くの現場の噂は聞きつつ、ま、大丈夫でしょ?って感じで。

未来についても夢持ってる期間ですよね。同期の誰よりも早く教室長になって、課長になって、部長になって…、結婚もして、子供も産んで…。

この期間が一生続けばいいんですけどね。ま、壮絶な現場配属はすぐに来ます…。

ステージⅠ

悩み

早い人で現場配属一週間でこのステージに突入です。

ま、私はもともと独立志向で会社に入ったんで、入社段階ステージⅣだったんですが、仮に私がステージ0からの入社であっても、現場配属一週間くらいで十分にステージⅠに行く自信はあります。

現場配属2日目とかで、およそ40分間のクレーム電話喰らったりしましたから…。(当たり前ですけど現場のことは全く分からんので、誰さんからの電話で誰宛の文句かも分からないまま、40分間謝り続けるという…。)

上司もとくに助け舟出してくれなかったり…、コレ、まともに純真無垢で入社した人だったら「あれれ?」ってなりますよね~。

「辞めたい。」まではいかなくても、「あれれ?なんかこの仕事、結構辛くね?レベル1でカンダタと戦うくらいのハードさじゃね?」とは気づくかもしれません…。

しかし、この段階はまだまだ経過観察で十分。この先、仲の良い先輩が表れたり、恋愛感情を抱く素敵な同僚が表れたり、そんな些細なことでもまだ救われます!もしくは期待してなかったボーナスを意外なほどもらえたり。そんなんでも回復できるのがステージⅠ。

ステージⅡ

完全にゾンビ化が始まっています。たぶん下半身はゾンビになってます。もしくは右半分。年間休日80日を切るような職場だと確実にステージⅡには突入するでしょう。

会社の同期や現場の仲間と飲みに行けば、出てくる話は会社の愚痴、もしくは独立への話。

ステージⅡに入り込むあたりから、なぜか周りで会社を辞める奴の情報がやたらに耳に入ってくる。

「〇〇さんは今月辞めるらしい…。」「〇〇君が田舎に帰るらしい…。」

おそらくゾンビの話はゾンビにしか聞こえないということ。ステージ0やステージⅠのフレッシュな真人間のときには耳に入らなかった話が、ステージⅡに入ると聞こえてくるんです。

そんなあなたのスマホの検索履歴の上位5番目以内には「転職 塾講師」が入ってることでしょう。

ステージⅡに入り込んだ方へのMr.M的アドバイスは、次の2つの本を読むこと。

松下幸之助さんの『道をひらく』、そして、本田宗一郎さんの『会社のために働くな』

この本を読んで色々考えてみて欲しい。ゾンビはゾンビのまま、ゾンビらしくゾンビ人生を全うする覚悟があるのか?それとも、危ない橋を渡る覚悟で人間に戻るのか?

『道をひらく』も『会社のために働くな』も、どっちも独立開業をすすめるような本ではありません。むしろ、社会人としての道徳的なことが書いてあります。この本を読んで、そのまま会社に残るも良し、独立開業に向かうも良し、とにかく2人の超有名経営者が書いた本です。ゾンビ化著しいステージⅡの方々の心にも何か響くはず…。

ステージⅢ

ゾンビの会議

たぶんゾンビです。ほぼ100%ゾンビです。「生徒のために」…もう人間としての思考はこのくらいしか残ってないはず。休日は月4回を切ってますね?呼吸をするが如く当たり前のようにサービス残業をしてますね?

そんなあなたは人間に戻るための最終手段を結構現実的に考えているはず。もう眺めるだけじゃ物足りない、転職サイトに登録してるでしょ?FC系個別指導塾なんかのオーナー向け説明会に参加してる人もいるのでは?もしくは自分の預金通帳を眺めては、「この金額で学習塾開業できるかな…?」なんて毎日のように考えているのではないでしょうか?

ステージⅢまで来たら、ほぼ手遅れ。もう会社にはとどまれない。会社に復活する可能性は5分の1くらいです。カリスマ経営者が現場の貴方の前に降りてきて、訳の分からない「ガッツだぜ!」みたいなことを言って、あなたが変な宗教に騙されるが如く気持ちが支配されない限りは復活はない。

こうなったら覚悟を決めましょう。まずは『小さな会社・儲けのルール』を読みましょう。具体的にどうやって独立して、どう戦えばいいかが分かるかもしれません。ちなみに私は経営戦術的な本は、ほぼコレ一本に頼ってます。(さきほどの『道をひらく』や『会社のために働くな』は経営の戦術的なことはいっさい書いてありません。)

また、転職を考えている人は「塾講師ステーション」なんかに登録してみるのもいいんじゃないでしょうか?「もう学習塾業界はコリゴリッ!」って人にはおススメしませんが…。ちなみに私の塾も塾講師ステーションで応募していることがあります!私の塾にヒットした方はラッキーです!ゾンビにならずに学習塾勤務ができるオアシス、それがMr.M塾ですからッ!と安っぽい宣伝はこのくらいにして…。

個人塾開業を考えているのであれば、Mr.Mに軽くメールをしてみることです。なぜにMr.Mなのか?コンサルタントやセミナーでもいいじゃないか?FC系のオーナー説明会でもいいじゃないか?

いやいやいや、Mr.Mでしょう、そこは。理由はタダだから。Mr.Mに接触したって、何か怪しい営業かけられる心配はゼロです!なぜなら私は学習塾経営者だから。ステージⅢの方の相談に乗ったって、それを元に何か売りつけるようなもの、何一つ持ってないんですもん、私は。

だから安心して気軽に接触してください。Mr.Mに。その代わりと言っちゃなんですけど、何の役にも立たない可能性も大、ですよ?だってタダなんだもん。仕方ないでしょ、そこは。(スタッフを探している時期なら、採用の話だって出来ますよ~!)

ステージⅣ

夢・希望

ゾンビをある意味乗り越えて、人間に戻って来てます。もうね、視線の先に会社はない。100%、会社を辞めるステージ。独立開業するかどうかは別として、もう今の会社は辞めるでしょうね~。

辞表の書き方、ググってますよね?で、実際書いて常にバッグに仕込んでいる方もいますよね?今までのサービス残業代計算し始めて、証拠集めに走っている人もいるのでは?ネットでユニオンとか調べたり。

更に末期になると、生徒の引き抜き活動やスタッフの引き抜き活動を水面下で始めている人もいるのでは?教材データとか保存し始めたりする人もいるかも?当たり前ですけど、法に触れないようにしてくださいね。仮に独立開業するなら、こんなスタート期に不要なリスク背負いこむ必要ないですから。

転職サイトに登録どころじゃすまないステージでもあります。もうすでに他社への面接も終えていますね?場合によっちゃ、「来月の初めから勤務出来ますッ!よろしくお願いしまッス!」って元気よく言ってる人もいますね?

ここまで来たら後は法に触れないように会社を辞めるだけ。会社を辞めて時間が出来たら、ぜひMr.Mと会いましょう!なぜMr.Mなのか?しつこいですね~。そりゃタダだからですッ!

大半の正社員講師がステージⅢまではいくような気がする今日この頃…。

ブログ活動を始めて10カ月が経とうとしています。今まで計6名の方と直接お会いしました。メールをいただいた方を含めると、結構な数の方とやり取りをさせてもらうようになりました。

ほとんどが学習塾業界に携わる方ですが、まぁ明るい話はなかなか聞きません。

とくに今現在、学習塾に勤務している方からのメールは結構酷い…。

ほぼ例外なくブラックだと言います。ま、事細かに現状を教えてくれる人もいますが、「うん、真正面からブラックですな」というパターンがホント多い。

というような状況からですね、正社員での学習塾勤務ってのは、大半の人がステージⅢまでは行くのかなって。ステージⅢでとどまっている人が大半なのかなって…。

ステージⅡ~ステージⅢっていちばん辛いですよね。ステージⅣまで行っちゃえば、次の希望があるじゃないですか。もう、次の希望が現実的に見えてるんで、むしろ元気を取り戻すというか。私の短い二年間の会社員生活でも、ステージⅣまで行ってる人って無性に明るくなってたりするんですよね。で、ステージⅡとかステージⅢの人から見ると、なぜか羨ましかったり…。

希望ある小中学生相手の仕事ですから、ホントはエネルギーめっちゃ必要なんです、この仕事って。空元気でもなんでも、訳の分からない迫力とパワーで押し切る勢いって必要じゃないですか。それなのにステージⅡとかステージⅢの状態で戦えって…。ホント、無理だと。

休日だってどう考えたって年間100日は必要ですよ、超人じゃないんだから(いや、それでも少ないけど…)。

ステージ0とかステージⅠにとどまれるポイントって、やっぱり休日でしょうね。「金さえもらえれば」って考え方の人はそんなにいませんから。だからこそ、私はMr.M塾は休日の確保には全力で取り組んで、ゾンビ化した人を取り込もうって魂胆でやってるんですが…。いかんせん、零細すぎて知られないんですけどね、世の中には…。


スポンサーリンク