あるベテラン先生からのコメント

いただきます。

先日、あるベテランの先生からコメントをいただきました。

内容は、「埼玉県公立高校入試において偏差値50後半~60前半の層がなくなりつつあるのではないか。」というコメント。

正直言いまして、このコメントをいただいた時点では、私はピンと来なかったんです。

自分の塾のメインターゲットがこの層でもあり、「そうなのかなぁ~。」程度で考えていたのです。

ところがどっこい、今、現時点ではこのコメントに超納得しています!

なぜなら、今年の公立高校入試の結果がムチャクチャそれを裏付けるような結果になってしまったから…。

まさか、こんな結果に…。

今年の入試結果の衝撃

挫折

具体的な結果は控えさせていただきます。(身バレしちゃう可能性があるので…。)

ひと言で、相当やられてます…。

で、不合格になってしまった生徒の多くが、まさに偏差値50後半~60前半の学校を受験した生徒たち。

北辰テストの偏差値で見てもまさにそのレベル帯ですし、今までの生徒たちとの比較で言ってもまさに自分の塾が得意としているレベルたちの生徒たち。

ある意味でMr.M塾は、偏差値50後半~60前半の高校に「ちょっと難しい」「大分難しい」学校や北辰テストの評価でそう言われている生徒たちをねじ込むのが得意技だったのです。

正直、このあたりのレベルの高校の受験感覚ってのは自信があった。いや、ここに関して自信がなければ、私の塾は今頃とっくに、木っ端みじんにこの塾乱立時代で霧散していると。

しかし、今年の入試、今までの感覚で言えば「ほぼ大丈夫」そう思っていた偏差値50後半~60前半の生徒たちの大苦戦。もはや、塾講師としてのプライドはズタズタ状態です…。

ちなみにこのレベルの高校に受かった生徒たちの多くは、今まで「いや、もっと上の高校受験してくれよ…。もったいな過ぎるだろ…?」なんて思っていた生徒たち。

「このレベルの層の生徒たちばっかり受けてたら、偏差値65前後必要になっちゃうじゃん…。」

そういう感じで…。

学校選択問題採用の偏差値50後半~60前半のMr.M塾が得意としていた公立高校入試、そのレベル帯の確実な変化を身をもって感じ取ったのであります…。

自分たちの読みと決断と実行力

覚悟

世間が何と言おうと、ベテラン先生のコメント、そして今回の自分の塾の入試結果、その二つで十分。十分、自分たちの仕事の変革を考えなければいけない要素が揃ったと。

偏差値50後半~60前半は消える。そのレベル帯の学校選択校を受験する生徒たちは、少なくとも偏差値65前後の実力を備えていなければいけない。

もうね、合格発表当日には相棒の正社員講師、アルバイトの中心メンバーとは話をし、次の入試に向けて何をどう変えていくかを決めていきました。明日からの授業でいくつかのことを変えて行こうと。

50後半~60前半の層に65前後の生徒たちに要求していた基準を課す。イメージとしては一つ一つの小テストの問題数を2倍に増やし、合格基準を80点から90点に上げる、みたいな。なので学生アルバイトたちが週明けから新しい課題の作成に明け暮れることになる訳ですが…。

まあ、頑張ってもらいましょう。

で、ここで一方では別の選択もあると思うんです。実際、話をしていたときにそっちの話も出てきました。

偏差値50後半~60前半の学校選択校受験予定者をあえてリスクを冒す受験にするのではく、偏差値55前後の学力検査校にシフトダウンさせるという選択。実際、今年の受験結果を見ても、Mr.M塾は依然としてこのレベルに関しての強さが残っている。であれば、上に引き上げるのではなく、下に誘導していく選択もあるのでは?と。ま、私が提案したんですけど…。

「それはない。」というのがスタッフたちの結論。「それでは自分たちの仕事にプライドを持てない。」というのが、私を抜かした全員の一致した意見。より難しい道を選択しないと、結局他の塾と同じような塾になり、いずれ負けるっていうのがスタッフたちの意見でした。

衝撃的な入試結果でかなりへこんでいた私ですが、スタッフたちのこの意見にはずいぶんと勇気づけられましたね。

もっともくだらないのは学者然とした議論に終始すること

「いや~さすがに偏差値50後半~60前半校で、偏差値65前後はいらんだろ~?」

「いやいやいや、それじゃどこも同じような高校になっちゃうじゃん?そんなこと、県も考えてないだろ~?」

「それは正しい見解じゃない。今まで通りの感覚で十分に合格している生徒たちもいる。」

いろんな意見があると思うんです、こういうことを話の導火線にすると。

で、火がついてそれぞれの塾講師たちが、それぞれの経験や立場で己の主張を掲げると思うんですが。

ま、塾講師って好きじゃないですか、こういう議論が。

で、何が正しくて何が間違いかって、それはもう話が盛り上がって盛り上がって。

自分はそういうことはどうでもいい。何が正しくて、何が間違っているかなんてどうでもいい。

世間的に正しくなかろうと、今、自分の塾に起きていること、自分の塾が置かれている立場、それはもう疑いようのない事実。世間からのYesかNoなんて必要ない。そんなことに整合性を持たせる必要なんて全くないし、自分の正しさを証明するために行う理論武装に時間を使っている暇なんて今の自分には一切ない。

自分の考え方とか主張の正しさを必死に叫んだって、何もお客様に寄与しない。仮にそれが100%正しいって評価されたとして、それがお客様に何のメリットがもたらされるのか。

逆に自分の読みが全然違ったとして、そんな受験事情にはなってなかったとして、それでも自分たちが選択して実行したことによって、次の受験生たちの合格可能性が上がるんであれば、それが正解。

大体いくら議論したって、いくら分析したって、100%正しい選択、決断なんてできないでしょう?もうね、30%程度の納得感ですよ、30%程度の正しさがあれば十分ですよ。その程度の決断ができれば、あとは実行。120%の実行を持って100%の結果を目指すって感覚。

ということで、今回の記事ですが、自分が言ってることが正しいとかそういうことを言いたいわけじゃないですから。ま、強いて言えば色々変わる時代の中で、何を選択して決断を下して、そして実行していくかって過程の中で、私の考えと行動の基準軸っていうか、そういうものが分かってもらえれば。で、それがこのブログを見てくれている人の少しでも役に立ってもらえれば。

お客様に最大限奉仕するために、いつまでもウダウダ議論しててもしょうがないし、自分の意見の正当性なんか主張したって何の足しにもならないばかりか、時間の無駄って話で。やるしかないって、とりあえずやってみて考えるしかないって話。たとえ選択したものが正しくなくても、正しい結果を出すために実行し続けるしかないって話。

と、カッコつけたこと言いつつ、未だに入試結果のショックを引きずっているMr.Mであります…。


スポンサーリンク