この春、値上げをする塾が続出!?

ショック

2019年春、各業界値上げが続出するらしいです!

ダメなヒトダメなヒト

やめて~ッ!

カレー、アイスクリーム、缶詰、生めん、etc…

ダメなヒトダメなヒト

全てやん!俺の人生支えているほぼすべてが俺を裏切るやん!そっちがその気なら、俺もやる!月謝の値上げやッ!

冗談じゃなく、私の周りの個人塾も結構な数で値上げに踏み切っている感があります。

踏み切ってはいなくても、ホント、ギリギリまで値上げを検討している方もいらっしゃいますし…。

値上げについては以前に記事にしましたが、私の塾も例にもれず、値上げを敢行いたしました。

消費税増税のことを考えたら、もうね、ここでやるしかないと。

これ、値上げ踏み切らないと、明らかに塾の首絞めるって。

もちろん、断腸の思いってやつです。このブログで普段適当なこと言ってたりするんで、儲けるためだけで値上げに踏み切ったとか思われるかもしれませんが、私はそんなに度胸はアリマセン…。

そんな気持ちでホイホイ値上げできるんであれば、今頃、中3五教科10万円とか設定してますって。

ホント、消費税だの送料だの人件費の高騰だの、もうお客様に頼らないと二進も三進もいかんぜよ、って感じで踏み切ったんです…。(ギリギリの経営続けてるわけじゃないですけど、事業拡大とか納税も考えて適切な売上を確保するためです。)

さあ、2019年春の値上げ、Mr.M塾の生徒数はどう変化したか?値上げ幅は妥当だったのか!?それとも、生徒数に波動砲レベルの大打撃を与えたのか!?

Mr.M塾における値上げによる退塾者数はいかに!?

疑問

結論、この春の学年の切り替わりでの退塾者は1名のみです。

率として1.6%。

ま、退塾の理由は結局値上げじゃなかったですけど。

よくある習い事が忙しくて、勉強は後回しってやつです。(その子の家は聞くところによると金持ちなので、本当に値上げ理由ではないのでしょう。)

値上げによる退塾は実質ゼロ。

Mr.MMr.M

ほッ…

では、どのくらいの値上げだったのか?

8%の値上げです。

要はね、消費税を請求してなかったのを請求させてもらうようになったと。

理由としては明確ですよね。

ダメなヒトダメなヒト

おい、消費税増税に向けての便乗値上げじゃねえか?

そうですよ。そうですけど、このまま行ったら最悪、いずれ塾が潰れるかもしれない。人件費だってスタッフの力がついて、商品品質が上がれば当然給料を上げるのが正当な経営ですよね。そんなところで我慢をスタッフに求めていたら、モチベーション低くなるし、結果、お客様に良い授業、良い指導が提供できなくなる。

消費税増税の便乗だろうが、なんだろうが、お客様にとっても我々の塾にとっても値上げが最善だと。それしかないと。

もうね、これに関しては小細工不要で、「すいません!ご協力お願いいたします!」ですよ。消費税増税に便乗と言われようが、生活必需品が軒並み値上げで苦しくなるって言われようが、私には私の守るべきものがある。

ハッキリお願いしてあとは天命を待つのみ。

ま、そんなカッコいいこと言って、1名を抜かして申込書を出してもらったときは、本当にホッとしましたけどね。

値上げによって店に行かなくなるってどんな時?

経費

私自身の話で言えば、美容院ですね。美容院の値上げで、別の美容院を変えたことがあります。たしか、以前、どこかの記事で書きました。

でもね、値上げだけが原因だったかというと、実はそうではない。

田舎に一軒家買って美容院まで遠くなった。直接の値上げの前に、何も知らされずに「友達割引」なるものが消えていた。あとは、髪切ってるときに結構待たされる。そんな感じで、「う~ん…。」って不満はたまってたんです。

で、値上げ。たまってた不満に火がついてドカン。終わり。そんな感じです。

結局、値上げによってその店に行かなくなるって、元々その店への不信感があるとか、愛着度が低下してるとか、値上げ以外の理由がある場合が多いような気がします。

常軌を逸した値上げじゃなければ、やっぱりファンになってくれてるお客様は離れないと思うんですね。ディズニーランドが良い例です。1983年のチケットって3,900円だったらしいんです。で、今いくらですか?私調べてぶったまげたんですけど、7,400円らしいじゃないですか!7400円って茨城の笠間市訪れて笠間焼買おうもんなら、地元のちょっと名の知れた陶芸家のなかなかすごいコーヒーカップとか買えちゃいますよ?

とにかく倍ですよ、倍!たしかに物価とかの問題ありますし、ディズニーランド(今はディズニーリゾートって言うんですかね?)の規模も変わってますので値上げは当然かもしれませんけど、倍って…。1983年から現在までで、値段が倍になった商品って他、何があります?(むしろ下がってるものの方が多いですよね?)

じゃ、ディズニーリゾートの入園者数ってどうなってると思います?1983年当初は、年間10,000,000人くらいだったんです(それでもスゴイですけど…。)。それが今は、約30,000,000人だって言うじゃないですか?3倍ですよ、3倍。

値段が2倍になってんのに、観客が3倍なんですよ、このモンスター企業。

お客様に甘えちゃダメですよ、甘えちゃダメですけど、ファンになってくれてる人ってちょっとやそっとじゃ、その店から離れない。

塾の経営が大変なんです、値上げに応じてください。いや、イヤだ。じゃ、他の塾に移る。退塾者ボロボロ。それはね、ファンがいない証拠じゃないでしょうか。ファンがいないってことは商品が悪いってことじゃないでしょうか。もしくは、人を売ってる商売、塾長自身、スタッフに魅力がないってことではないでしょうか。

ダメなヒトダメなヒト

何か、君自身、魅力的な人間だって言ってる気がすんだけど。気のせいかかしら?

Mr.MMr.M

恥ずかしー!

私は今回の値上げについて、正社員の相棒と話をしたんですね。そしたら、彼が「この値上げで生徒が離れるんであれば、それは我々の商品力がそれまでだったということ。そしたら、また努力を重ねるしかないでしょ。」って。その通りだなと。勇気づけられたんですけどね。

ま、この記事が値上げに迷う人たちに少しでも勇気を与えることができれば幸いです。仮に退塾者が出たとしても、それは自分の塾の商品価値のリトマス試験紙だったと思えれば次につながるんでは?