芸人やミュージシャンは辞めた後どうするのか?

挫折

ま、普通に就職するんでしょうけど…。

で、ここで私の疑問。

学習塾に就職する人っているのかなぁ~って。

たぶんですけど、イメージ的に芸人やミュージシャンと学習塾講師って結構対極的。

芸人、ミュージシャン⇒チャラい、適当、軽い…。

学習塾講師⇒真面目、しっかりしてる、堅い…。

世間のステレオタイプ的にはそうなのかなって。ま、学習塾講師の中にもいると思います、「俺らの仕事は芸人とかミュージシャンとは違うからね!」みたいな偏見持ってる人。古いっていうか、つまらんっていうか、ま、どうでもいい理論とかプライド持ってる塾関係者だと思いますけど。

一方で、芸人とかミュージシャンを目指してる人も「塾講師なんてお堅い商売俺には無理。」なんて思ってる人も多いかなって。「勉強なんてしたくねぇ。」って。

なんかね、もったいないなぁ~って。

私はホント、思うんですよ。

芸人とかミュージシャンで成り上がり目指している人たち、で、夢半ばで諦める大勢の人たち。その後の人生の選択肢に、学習塾もぜひ検討してほしいって。

ぜんぜんできますって。で、たぶん、楽しいですって。似ている要素絶対あるから。

「芸人・ミュージシャン⇒学習塾講師」の就職ルートって、ホント、私は真剣に考えてほしい。実際、人材派遣業で独立した同級生に話を持ち掛けたこともあるくらいです。(ま、その後連絡ないんで流れたようですが…。)

もうね、今回の記事が「芸人 諦める 就職」とか「ミュージシャン 諦める 就職」とかの検索キーワードで上位表示されて、このページ経由でMr.M塾に応募の電話とか、本気で期待してますから!もうね、そういう使い方もしますよ、このブログは!

油断したダメな人油断したダメな人

経営は血みどろの戦いじゃ!採用活動だってやれることは何でもやるのじゃ!

Mr.MMr.M

たまには良いこと言うじゃん。

芸人やミュージシャンの楽しさと学習塾講師の楽しさは共通する?

集団指導塾に限りますけどね。

芸人だってミュージシャンだって、大勢のお客様の前に立って、お客様を喜ばせてなんぼでしょう?笑わせて、感動させてなんぼの仕事でしょう?それによって金をもらって、有名になって。

同じですよ、集団指導の塾講師だって。特に芸人との共通点はムチャクチャ多いと思いますよ?

芸人がネタを作るように、われわれだって一回一回の授業案を作る訳です。

で、授業をイメージして時には笑いの要素だって散りばめるわけです。

生徒がドッカンドッカン笑って、で、「今日の授業、めっちゃ楽しかったし、分かりやすかった。」って言われれば、そりゃもう嬉しいですよね。自分の仕事に誇りを持てますよね。

芸人さんとの違いは、われわれにはその後があるってこと。その一回の授業が成功したら終わりってわけじゃなくて、その後、テストで点数を取ってこその成功、志望校に合格してこその成功。

でも、この辺りだって楽しいと思いますよ?芸人だって、ミュージシャンだって、ファンの人から「あなたの舞台を見たおかげでその後の人生変わりました!ありがとうございました!」なんて言われたら、最高に嬉しいですよね?

われわれの仕事って、自分たちが良い仕事をできていれば、そういうことをお客様から毎年のように言ってもらえるんです。「先生のおかげで志望校に受かりました。この塾のおかげで勉強の仕方が身につきました。」って。そう考えると、超面白くないですか?

芸人辞めたって、ミュージシャン辞めたって、集団指導の学習塾講師に就職すれば、同じような楽しさ、遣り甲斐ってのを仕事の中で追い求めることができるんです!(ただ、会社に寄るとは思いますけど…。営業色強い塾だと、そうも上手く行かないかな…。)

芸人やミュージシャンはすでに集団指導に必要な素養を持っている?

いいね!

前回の記事で書きましたけど、集団指導塾の講師への最大の障壁って心理的、精神的なものです。

「自分なんかが、大勢の前で話せるわけねぇ!」って言う。

ま、たしかに普通の生活っていうんですかね、普通に学生生活送って、普通に就職してって人の場合、大勢の前で話す機会なんてほとんどないですからね。

やっぱり、そういう意味では相当のハードルなのかもしれませんね。

でも、芸人さん、ミュージシャンさん、あなた方は違うでしょ?

むしろ、大勢の前で自分の力を見せつけることこそ、快感。それが遣り甲斐。それが人生。

われわれ集団指導塾の講師と一緒です。1,2人相手にやる個別指導なんて、正直遣り甲斐なしッ!俺のパフォーマンス能力はそんなチマチマした世界で発揮されるもんじゃないぜッ!って感じですよね?

人前で話せる。それに心理的抵抗がない。それにストレスを感じない。

それだけで集団指導塾の講師としての大事な素養があると、私は考えてます。これ、ホント、多くの人がなかなか持てない力ですから。

就職後、身につけるべき力は誰だってつけられる!

じゃ、なぜに芸人、ミュージシャンが学習塾を選ばないのか。

それもイメージですよね。

「俺はそんなお堅い仕事向いてない」って言う。「勉強なんてやりたくない」って言う。

で、塾側だって芸人、ミュージシャンを諦めた人たちに採用のアプローチかけないわけですよ。

「どうせアナタたち、勉強お出来にならないでざんしょ?おーほほほほっ」って。

バカ言うなって話。関係ないって話。

人前で最高のパフォーマンスやって、お客様に喜んでもらって、お客様のその後の人生にまで寄与できる可能性があるって部分で。そういうことを目指してきた人たちだったら、この仕事はできる!集団指導の学習塾講師はできる!

たしかに教科的な勉強。国語だの数学だの英語だの、それに対してアレルギー反応みたいに感じている人、多いかもしれません。でもね、そんなの関係なくないですか?今から芸人やミュージシャンと同じような楽しさや遣り甲斐を大事にしたまま、生活のためのお金も稼げる世界に行けるかもしれないんですよ?(ま、大成功で大儲けとかは難しい業界ではありますが…。)

自分自身を売って羽ばたくために、国語や数学、英語を勉強するのなんて大したことないと思うんですよね。それこそ、芸人諦めて、ミュージシャン諦めて、宅建とったり社労士とったりすることに比べれば余裕でしょ?(もちろん、大学受験まで教えるってなれば難しい部分ありますけど。高校受験、とくに公立高校受験までだったら、資格試験のための勉強よりも楽な場合が多いはず。

芸人だって、ミュージシャンだって、売れるための勉強とか努力って、それこそ毎日のようにしてきたはずなんです。それの方向性が少し変わるだけ。好きな勉強じゃないかもしれないですけど、塾講師として人前でパフォーマンスするために必要な道具だと思えばやるしかないですよね。

私だって、独立前は英語だけは教えてなかったんですよ。英語だけはどうしてもやりたくないって教科担当から外れていたんです。でも、独立したらそうも言ってられないですよね?だって英語の需要あるんだもん。やらなきゃ自分の生活が成り立たない、明日の飯が食えない。そう思ったら嫌いとか関係なくて、毎日勉強するしかないんですよ。で、今は結局、英語がメインの先生になってるという…。

零細個人塾に就職して新たな成り上がりを夢見てみないか?

勝つ

人前でパフォーマンスをすることによって金を稼ぐ。

自分自身を売ることによって金を稼ぐ。

そして、何もない状態から成りあがっていく。

そういう意味で、芸人とかミュージシャンを諦めた人が、集団指導の零細個人塾に就職したり、起業したりするのって凄く親和性がある気がする。

それこそ、塾業界になが~く勤めていても、「いや、私、個別指導専門なんで…。大勢の前で話すのはちょっと…。」なんてタイプの人より、芸人とかミュージシャンの方が集団指導に向いている気がします。

だってこの手の個別専門塾講師タイプの人って、2つの苦行のうちどっちか選べって言われたら、「10分間20人の前で自己紹介する」ってことより、「3時間黙々と英単語練習する方」を平気で選ぶでしょ?根本の性質が違う気がするんですよね、根本の気構えというか、精神力というか。

われわれ集団指導講師にとっては10分間20人の前で自己紹介なんか楽勝というか、精神的負担なんかほぼないですよね。苦行とすら思わない。むしろ、10分の中でいくつネタを仕込めるかとか、「これ、勝負イケるかなぁ~、いや、滑るかなぁ~、ん~、ま、ギリギリだな…、でも、勝負すっか!」とか楽しみながらやっちゃいますよね。

3時間英単語練習する苦行を選ぶなんてことはない気がするんですよ。

どうですかね、芸人、ミュージシャンの方。一緒じゃないですか?似てませんかね、集団指導の塾講師。

残念ながら、私は芸人の経験もミュージシャンの経験もなくて、学習塾畑で育ってきた人間なので、詳しくは分からないんですけど…。でも、こういう世界の経験を持って、現在、集団塾講師として活躍されている方も知っています。やっぱりね、学習塾畑で、ず~っと育ってきた私のようなタイプとは一線を画すというか、ちょっと違う雰囲気で生徒から人気ですよね。

私はパーソナルブランディングって部分でも、芸人とかミュージシャンの経験が塾講師として生かされる部分も、メチャクチャあると思うんですよね。「元芸人塾講師」なんて、それこそ目立つじゃないですか。「元ミュージシャン塾講師」なんて、なんかちょっとロックじゃないですか。「東大出身塾講師」だから売れるって時代でもないんですから、むしろアドバンテージかもしれませんよね?

ということで、何でこんな記事を書いてきたかというと、最後に本題。

今、この時点で、芸人やミュージシャンを諦めて就職を考え始めている人。求人誌を見る機会が増えてきている、求人サイトを見る機会が増えている、そんな芸人さん、ミュージシャン。ぜひ、このブログの管理人、Mr.Mにメールをくださいッ!

私があなたの第二の人生を活かします!

ホント、ち~っさい塾ですよ。でも、だからこそ芸人とか、ミュージシャンで夢見ていた成り上がりが、再び夢見れるんだと。

いや、ホント、同業の方から見たら、「な~にを今回のMr.Mは書いてるんだ?頭おかしいんかい?」なんて思われるかもしれませんけど、知ったこっちゃない。私は大真面目。(今まで書いてきた記事の中でも5本の指に入るくらい真面目で、本気の記事ですよ、これは。)

採用条件とか、詳しい内容は身バレが怖いんで、ちょっとこのブログには載せられないんで恐縮なんですが…(たいした条件は出せませんけどね)。「いや、そんなことより、俺はお前の心意気に惹かれたぜッ!お前と一緒に新たな夢を見てやるぜッ!」って思ってもらえると有難いんですけどね…。

頼むッ!誰かこの記事をヒットさせてくれッ!グーグル様、上位表示をさせてくれッ!以上ッ!