接客力

1月のpv数が何と24000を超えていました!

正直、衝撃過ぎて…。

ダメなヒトダメなヒト

醤油を蒋介石に少々こぼしたってか?…うん、滑ったね。

Mr.MMr.M

いや、自信持って下さいよッ!十分面白かったですから!

ダメなヒトダメなヒト

うん、僕ガンバルッ♪

こんなにも多くの方に読んでもらえるようになるとは!有難いです!

コメントやメールをいただくことも増えました。さらに読者の方と直接お会いすること3人!

Mr.Mは今後ますます調子に乗ることでしょう!

ダメなヒトダメなヒト

やめて~ッ!

さて本題です。埼玉県の個人塾経営者の皆さん、2月23日(土)、2月24日(日)、何をする予定ですか?

ダメなヒトダメなヒト

いきなり話題変えてきた!何この人、二重人格!?

ちょっと、いや、だいぶレッドカードの人をチラシで見つけちゃったんですが…。

2月23日(土)、2月24日(日)に集客イベントをやることのリスク

どっすん

2月23日(土)、2月24日(日)に理科実験教室だの、プログラミング体験会だの、何かその手のイベントをやろうとお考えのそこの貴方、公立高校受験を真剣に考えていませんね?

公立高校受験生を集めたいとは思っていませんね?

中学受験専門とか、私国立難関付属専門とか、大学受験専門なら何も文句はありません。

しかし、集客のターゲットを普通の公立高校受験に置いているなら、話は違う。

2月28日に埼玉県の公立高校の学力検査があります、その直前の土日に関係ないイベントを決行しちゃう貴方。

本気度疑われますよ?

それで、受験生集めたい?公立受験まで塾を続けて欲しい?

都合よすぎます。

だって、勝負も勝負、生徒にとっては人生かけた一大勝負を控えた直前の土日、貴方は楽しそうに小学生と理科実験をしている。小学生と共に、ロボットに相撲を取らせている。

その様子を見るお客様、とくに受験生、その保護者は何を感じるだろうか?

「あ、この人、受験はど~でもいいんだ…。」って。

ちなみに私のような公立受験専門塾の講師なら即答ですよね。

「朝から晩まで公立受験対策!」って。

正直、それ以外のことは考えられないくらい、頭の中は「公立受験」ですから。

「あ~中3生少なくて、客単価なかなか上がらない…。中3生集めたいなぁ~。」

「あ~私立単願ばっかりで、12月以降の売上毎年落ちる…。何とか公立受験生が欲しいなぁ~。」

悩んでいながら、2月23日、24日に生徒の集客イベントを何食わぬ顔で仕掛けてしまう。

大手塾ならいざ知らず、パワー配分のできない零細個人塾がそんなことをしていれば、当然、中3生は集まらない。公立受験生は集まらない。だって貴方にその覚悟がないのだから。公立受験よりも、理科実験、ロボット教室が大事なんだから。

公立高校受験を真剣に考えているお客様ならどっちを選ぶだろうか?

覚悟

分かりますよ、新年度を前にして生徒数が確保できなくて焦ってしまうのは。

何か仕掛けないといけないのも分かります。

でもね、公立受験生をターゲットにするなら、集めたいなら、直前での集客イベントはイメージ的にリスクが大きすぎる。(そもそもお客様である受験生の気持ちを考えたら…、接客的にアウトですよね。)

私の塾のように公立受験生を追い込んで追い込んで、それこそ、涙を流して頑張る受験生を前にして、理科実験?ロボット教室?この時期にそういう発想すら、まず出てこない。

私の塾なんかより、もっと受験に対して生徒を追い込んでいる塾もたくさなります。たぶん、そういう塾の先生方から見たら、受験直前のライトな集客イベント、笑えない冗談レベルだと思います。

「23日、24日、小学生対象ロボット教室実施。参加は無料です!」ってA塾。

「23日、24日は公立高校受験直前になりますので、体験授業、入塾面談含む学習相談などの業務はお断りさせていただきます。できましたら緊急の連絡以外の電話連絡も控えていただけるようお願いいたします。受験生に最後の力を注ぐための措置ですので、何卒ご理解ください。」ってB塾。

どっちがインパクトありますか?どっちがイメージいいですか?どっちがカッコいいですか?どっちが生徒を集めますか?どっちが勝ちますか?

中3生を集めたい、公立受験をしてほしい、口ではそう言っていながらA塾になってしまっている貴方。「な~んでB塾は受験生たくさんいるのに、うちはいないんだ?」なんて言っている貴方。

そりゃ、覚悟が違うんです。公立受験に対してのエネルギーのかけ方が違うんです。たぶん、B塾の先生方は「公立高校受験生を集めたい。」なんてことすら、この時期は考えていませんよ?「全員を公立高校に合格させる。」それしか考えてないですよ。覚悟がね、すごいんですよ。

その覚悟と戦うのに、23日、24日の理科実験教室で、ロボット教室で勝てると思いますか?理科実験をニコやかにやりながら、「俺はこの瞬間も受験生たちのことを考えてるぞッ!」って?その気持ち、伝わると思います?受験生に、お客様に。

23日、24日に小学生のライトな集客イベントを放っちゃう個人塾の先生方。残念ながら、貴方の塾には公立受験生は集まらない…。