そもそも開業時に印鑑を作る必要があるのか?

①個人事業主の場合

私の場合は特別に学習塾用に作った印鑑は、ゴム印のみ。塾名とか住所、電話番号が書いてある印鑑です。

ゴム印
『ゴム印』ってのは、こんなやつです。写真みたいに住所とか代表者とかがバラバラにできるタイプが便利です。一体型は安いですけど、書類への応用が利かないんでゆくゆく微妙になるでしょう。

他の印鑑、例えば銀行印とか実印とかは今まで使っていた個人のもの。

まあ、個人事業主の場合、「学習塾の名前」では契約ってのはできません。結局、個人ですべての契約をする訳です。銀行の通帳だって個人名ですし(おそらく個人事業用通帳的な感じにはなりますけど)、物件の賃貸契約だって個人名です。

だから個人事業主の場合、「〇〇学習塾」なんて名前が入った印鑑作ってもしょうがないんですよね。(ただし、個人の銀行印とか実印が三文判って人は新しくしっかりしたものを作った方がいいと思いますけど。)

ただ、住所とか入ったゴム印については作った方がいいかもしれません(上の写真のようなやつ)。役所に出す書類とかいちいち手書きは面倒くさいですから。

あとは請求書とかを教室で出す場合に、封筒に塾の住所とか手書きはきついですからね。(まあ生徒数が20名以下なら手書きでもいいかもしれませんけど、正直時間の無駄です。)塾名の入った封筒を作っちゃえば、そこは気にしなくてもよくなりますけどね。

②会社設立の場合

会社設立の場合は問答無用で必要です。『株式会社〇〇塾代表取締役』的なもの。会社設立後は、会社の名前で契約を交わしていく訳ですから。(というか会社実印=代表者印がないと会社設立ができません。)

最低1本。代表取締役の印鑑が必要です。法的、手続き的にはこれ一本ですべて押しちゃえばいいらしいんですけど、この印鑑は契約なんかに使うかなり重要な印鑑になりますので、普通は3本セットで作ります。

1.代表者印(会社印)

代表者印

2.銀行印

銀行印

3.社印(角印)

社印(角印)

まあとくに銀行印は普通作ります。

リース契約とか銀行からの引き落としがある場合「ではここに代表者印を、ここに銀行印をお願いします。」って営業マンに言われるじゃないですか。

「オラの会社は代表者印と銀行印同じなんだゾッ!」って幼き時代のソンゴクウみたいに言っても、営業マン笑えないですし、なんか恥ずかしいですよ…。(そんなとこケチってる会社、設立当初から破滅に向かってる感満載ですし…。)

まあ、普通に代表者印と銀行印は作るって方向で。(世の中の会社のほとんどが作ってるはずです。)

しかしですね、私は3の社印については「?」なんですね。他の業界は知りませんよ。ただ個人塾でこの3の社印(角印)ってどのくらい使うのか微妙です。何でこんなことを言うのかというと、私は会社設立から今まで、社印(角印)を書類に押したことがないのです。

おそらく使った回数は2回。購入した直後に「どんな印影が出るんだろう。ワクワク…。」と、裏紙に押したのが一回。「おお、カッコいい!じゃ、もう一回。」って連発で押したのが一回。「はい、もういいや。」で終わってるんで、ハンコが届いたその日に裏紙に押した2回きりしか使ってないんです。ドラフト1位で獲得されておきながら、このまま2軍で選手生命が終わってしまうのではないかと、社印もビクビクしてると思うんですよね。

ちなみに社印(角印)は契約書よりも重要度の低い見積書や請求書に押すものらしいんですけど、個人塾の場合はあんまり必要ないですよね…。(私は月謝請求書にハンコ押してないです。)

なので、個人塾の会社設立時にMr.M的に作った方がいいと思うハンコは…

1.代表者印(会社印)

2.銀行印

3.ゴム印(住所印)

になります。私は最初、会社設立3本セット的なものを買ったので、『代表者印+銀行印+社印』という世の中の流れをド直球で行ったわけですね、何も考えず…。で、「ま、ゴム印は大した事なさそうだし後でいいや。」って後回しにしたんです。

後悔しましたね。ゴム印は絶対に最初に作った方がいい。会社設立時の書類の数とか、その後に続く書類の数を舐めてました。

全部手書きとかクソめんどくさいです。ゴム印なんて大した値段じゃないんですから。(会社印とか銀行印はそこそこかかりますけど…。)

「時間は資産」とか偉そうな記事を書いているMr.Mですが、ホントにゴム印に関しては「時間という資産をドブに捨てた哀れな経営者」といってもいいでしょう。確定的にバカ経営者でしたね…。「バカ経営者」というゴム印作って、おでこに押してから毎朝出勤した方がいいくらい愚かでした…。

印鑑を安く作るおススメの方法

ずばり、はんこプレミアムというサイトをおすすめします。

それで、私はチタン製のハンコをおすすめします。

なぜチタン製か?理由はカンタン。耐久力です。

耐久力

まあ柘とか牛の角とかでも、そうそう欠けないと思うんですけど、万が一落としたりして欠けたらもう一度買わなければいけない訳です。で、ハンコを買うだけじゃなくて印鑑証明の登録なんかもやり直さないといけない訳です。

いろいろめんどくさいし、金もかかるじゃないですか。

そういうことを考えて、私はチタン製の印鑑を作りました。チタン製は水洗いもできるんで目詰まりも防げますし。

で、チタン製の法人用印鑑つくるとすると、はんこプレミアムってかなり安いです。法人印鑑に関しては結構金がかかるんで(印鑑程度でこんなに!?って思うくらい。)、私もできるだけ安いところを探したんです。

はんこプレミアムはチタン製の法人3本セットで3万円ちょっとくらいだったと思います。

どうせ買うならゴム印セットの法人設立4本セットがおすすめです。それか代表者印(会社実印)・銀行印の2本セット+ゴム印か。

あんまり安いと品質が…なんて意見もネットで見られますけど、とりあえずはんこプレミアムのチタン製印鑑については文句ないです。セットだと印鑑ケースもついてますしね。印鑑を作る予定のある方、ぜひ一度はんこプレミアムを検討してみてください!最安値とは言いませんけど、かなり安いのは間違いないと思いますよ。

↓はんこプレミアム公式サイトはこちら。
はんこプレミアム


スポンサーリンク