私ごとですが、この記事がちょうど150記事目です。

6月2日からスタートしたこのブログも、もう4カ月が経とうとしてます。

4カ月で150記事ですから、1日1記事は書いているんですね…。

このブログを書く時間を作ってくれている塾のスタッフたちに何より感謝です!

さて、実はこのブログ関連で、この9月に2つの実験を続けて行いました。

一昨日、昨日と効果測定が少しできそうな数字がとれたんで、今回はそれについて書きたいと思います。

管理人Mr.Mはいったい何を企んでいるのか?その答えは誰も知らない…。

Mr.MMr.M

私自身も分からない…。

ダメなヒトダメなヒト

じゃあ知ってるのは俺だけかぁ。俺はね、知ってるよ。キミの頭の中くらいは読めちゃうんだよねぇ~、ホント、ホント。えっ?何かって?…言わないよぉ、そんなこと。軽々しく言うもんじゃあないよ、そういうことは。俺っち、こう見えても口堅いんだからさ、えっ?明日、パチンコ行くかって…?もちろ…

Mr.MMr.M

黙れ

塾のチラシにおいてキャッチコピーがどれだけ大事かの実験

以前の記事で個人塾のチラシは「とにかく文字を書け。」と言いました。自分のありったけの思いを込めて文章で勝負しろ、と。デザインとか写真勝負だと資金潤沢な大手学習塾にまず勝てないですからね。

まあそんな訳で、私の塾のチラシも文字だらけのチラシをいつもうってる訳です。その文字の中でも果たしてキャッチコピーがどれほど重要なのか?ということは以前から気になっていて…。

今回、私がこのブログを利用して実験したのは「キャッチコピーの重要性」なんです。もうちょっと言うと「インパクトの重要性」。これがどれだけ重要なのかを実験したかったんですね。

だから、今回私がとった戦術は、塾のチラシとは打って変わって「文字は少なく」「なんだこれ?と思わせるキャッチコピーだけ」で勝負を仕掛けた訳です。まあインパクト勝負ですね。内容は0。

ターゲット選定をどう進めたか。

今回の勝負は、ターゲットに対してこのブログを読んでもらうこと。これを目的としました。

ブログを読んでもらえれば閲覧数が増えるわけですから、グーグルアナリティクスで解析が容易な訳です。勝負を仕掛けてその翌日とか、翌々日に閲覧数が増えれば実験は成功。何も変わらなければ実験は失敗。

さてターゲットを考えるときに大事なことは、まず自分が持っている武器を考えること。で、自分が持っている武器がどういう客層の人たちにクリティカルに響くのかを想定すること。

このブログで言えば「年収500万程度稼いで、年間そこそこ休めて家族と普通に暮らしている個人塾経営者の実体験」というのが武器です。

この武器に対して、敏感に反応してくれる人は…

①「個人塾経営をしているが、全然上手く行ってない。せめて普通の生活がしたい。」と考えている人

②「現在、大手学習塾に勤めているが休みも取れずに給料も上がらない。独立でもしたいなぁ…。」と漠然と考えている人

という2パターンをターゲットとして想定しました。

すでに個人塾で成功している人とか、他業種の人がこのブログ見ても「あっそ。くだらないたとえばっかでつまらん…。」ってなるのがオチ。

上の①、②の2パターンの人たちこそ私のブログを読んでほしいですし、ファンになってくれる可能性がある!(と、信じています!)あ、もちろんこの2パターンじゃない人でもファンになってくれたらメチャクチャ嬉しいですけど…。

選んだキャッチコピーは?

「年収500万」「年間休日110日」です。まあこれが分かりやすいですし、私の経験上、これが実現できている個人塾の塾長とか、塾講師の人ってあんまりいない気がするので…。(特に年間休日110日を取得できている人はかなり少ないと見ています。)

このキャッチコピーって他業種だと全然響かない可能性ありですよね。「いや、そんな500万とか休日110日とか当たり前じゃん。」って思う人、学習塾以外の業界だったらたくさんいそうです…(なんか悲しい!)。まあこのあたりの感覚は学習塾業界にいないと分からないことかもしれません。

あとは「ブログへの流入」が目的な訳ですから、ブログのURLブログの題名は伝えないといけません。

今回の勝負で私がお伝えした情報は「キャッチコピー」「ブログの所在」だけです。この2点勝負!

手法とコスト

さて、もったいぶってここまで何をやったのか発表していなかったですが、実は個人情報の関係で言えません…、というのは嘘で、普通にDMです。

ラクスル利用でDMをうちました。

ポストカードDM1
これが①のターゲットを対象に送ったDMです。

まず①「個人塾経営をしているが、全然上手く行ってない。せめて普通の生活がしたい。」と考えている人に対して訴求するため、そういう人たちを探さなければいけません。

そこで登場するのがグーグルマップです。グーグルマップで「学習塾」と検索すると、その範囲の学習塾が表示されます。塾の名前から個人塾っぽいところを探します。

で、まず塾のホームページがあるかないかをチェック。なければ即リスト入り。ある場合は、その塾のホームページをくまなく見て(特に合格実績)、生徒数が少なそうならリスト入り。あとはホームページに書いてあることが、当たり障りない場合はリスト入り。(売れている個人塾は、それなりに尖った内容が書いてあったり、「へぇ~」って感心するような特徴があったりするんですよね。)

グーグルマップのストリートビューも参考にしました。外観を見て「これはあんまり生徒来てなさそうだなぁ。」と判断した場合はリスト入り。

と、ここまで淡々と書いてきましたけど、ものすっ~ごく失礼なことを言っていますよね。要は「繁盛してなさそうな塾」にDM送ったってことになりますから。(繁盛してそうでも何となく興味持ってもらえるかもなぁ、と思った塾にも数部送らせていただいてます。)

でも、怒らないで読んで下さい。すごく大事なことですから。私のDMが届いて、今この記事を読んでいる人、それを今度は自分が生徒集客で使えばいいんです。バカにされたと、実験台にされたと怒ってブログを速攻で閉じても、何も変わりません。

実際、私が予想したターゲットとしてDMを見て、そしてこのブログを見るという私の目的に合致した動きをとったアナタだからこそ、実感できたはずなんです。ああ、こうやって興味を持たせてホームページ(もしくはブログ)までつなげるのか、と。

さて次に②「現在、大手学習塾に勤めているが休みも取れずに給料も上がらない。独立でもしたいなぁ…。」と漠然と考えている人に対してはどうやって攻めたか。

これは簡単です。大手学習塾のホームページで各校舎の住所を調べてDMを送っただけです。大手学習塾ですから、たくさんの送付物がある中で一体どれだけの人が手に取ってくれたかは未知数ですが…。(ちょっと怖かったですけどね。大手塾相手なんで「こんな手紙送るんじゃねぇ!」とかお叱り受けたら嫌だなぁとか。まあでも、自分はお客様と税務署と警察以外から叱られても「そうですね、ごめんなさい。」って感じだと思いますけど。)

ポストカードDM2
これが②のターゲットに送ったDMです。

それぞれ①、②のコストは…

①ポストカードDM 58部 7,392円 (9月22日配達)

②ポストカードDM 111部 10,909円 (9月26日配達)

合計で20,000円弱ですね。さて、気になる効果測定は…

効果測定

現在、このブログの能力は直近30日で見ると、1日平均260pv程度です。

しかし、9月25日(火)⇒450超pv、9月26日(水)⇒600超pv!(500pv超えも今までなかったのに!)

私の実験は成功したと言ってもいいんじゃないでしょうか?チラシにおいて「キャッチコピー」は相当重要である、と。そして、「キャッチコピー」だけでブログ・ホームページ流入はある程度見込める、と。

ターゲット選定を正しくやって、あとはホームページ流入狙いのインパクトチラシをまく。ホームページに魅力的なコンテンツを並べれば、自分の塾のファンをもっと増やせるかもしれません。集客として即効性はないと思いますが、そもそも私は個人塾のチラシに即効性を求めていないので、この手法はありだと感じています。

「チラシ⇒問い合わせ⇒入塾」ではなくて、「チラシ⇒ホームページ⇒ファンになる⇒問い合わせ⇒入塾」の流れ。集客まで時間はかかるし手間もかかりますけど、目立つ看板とかチラシの部数で勝負ができない個人塾の戦術としてはあり。そう思います。

「チラシ⇒問い合わせ」はお客様にとってハードルが高いですけど、それに比べれば「チラシ⇒ホームページ」はメチャクチャハードル低いですからね。私は、今回の実験結果に自信を得たんで、次回の塾のチラシは「チラシ⇒ホームページ⇒ファンになる⇒問い合わせ⇒入塾」の流れをメチャクチャ取り入れたいと思います。まず、ホームページを見てもらう!(そのためにホームページの改善を進めなくちゃいけないですね。)

反省・課題

反省点は①と②の配布時期を続けてしまったこと。9月25日(火)の結果は間違いなく①のDMの効果ですけど、9月26日(水)の600pv超えは果たして①のDM効果なのか、②のDM効果なのか、それとも①②の複合効果なのかが分からなくなってしまいました。

②のDMが配達されたのがだいたい夕方だと思うんです。(自宅にも送っているんで。自宅には夕方届いています。)で、9月26日(水)は②がまだ配達されていないだろう午前中と正午ごろにpv数が伸びている。だから、この日の伸びもおそらく①の影響なのかなぁ、とは推測しています。

①、②の効果をハッキリ取れないところは失敗でしたね。もっと日を開けるべきでした。①対象には効果があって、②対象には効果が薄いのであれば、次回からは①のターゲットに絞れる訳ですし…。あと、2つを比べられれば、どっちが反応の良いイラストだったかもわかったような気がしますし…。

ダメなヒトダメなヒト

また送るの?送られた方も困るでしょうに…。

Mr.MMr.M

送りますよ。結果が出た(と思ってる)なら、続けないともったいないじゃないですか。

より実験を重ねて、新たな集客戦術が確立できれば超儲けものですね♪

ダメなヒトダメなヒト

実験のために20,000円も使うの?俺ならパチンコだなぁ~。