学習塾に勤めている人、いったい何割の人が「あぁ独立してぇなぁ~…」と思っているでしょうか?

私が想像するに7割は超えるような…。

少なくとも私が勤めていた大手塾では、同期と飲んだり、先輩と飲んだり、そういう場では独立の話がチンアナゴのごとくニョロニョロ出てましたね。(さすがに課長級と飲むときは、皆さん黙ってラッコちゃんのように貝を叩いてるだけでしたけど…)

独立したい。

たしかに年間休日100日未満とか、サービス残業とか、そんな生活してたら考えますよね…。(今は世間も厳しくなったんで、ずいぶん労働環境変わったんでしょうか?)

ちなみに私が勤めていた時の上司(教室長)は月に1回休んでるかどうかでしたね…。で、たぶん今の私よりも稼いでいない。今考えるとホントよくあの人耐えてたなぁ~って思います。

今回の記事は、現在学習塾に勤めていて「独立してぇなぁ。でも、先行き不安だしなぁ。一人でやる自信もないし…」って考えている人をある程度想定しています。

ダメなヒトダメなヒト

だいじょ~ぶ、大丈夫。俺っちだって独立できたんだから。でも、もうすぐ潰れそうだけどな♪

個人塾を起業すると何が得られるか?

「自由」「金」「時間」「スキル」「やりがい」全て得られます。たいして大きな成功をしていない管理人Mr.Mでさえ、そう感じることが多いです。

ただ一つ、当たり前の注意点が…。

全てを得られるけれど、それは「成功した場合のみ」ということ。(私の生活が成功だなんて大きな声で言うつもりはないですけど、少なくとも大手塾勤務のときよりはあらゆる面でいい生活ができていると思います。)

当たり前ですけど、「失敗」したときはほぼ全てを失いますからね…。(だから怖くて皆さん独立できないんだと思うんですけど…。)会社員なら「失敗」してもせいぜい昇進しないだけ。まあ降格する場合もあるでしょうけど。経営者になったら「失敗」=「破産」的なところは確かにありますからね。

でもね、それでも私は起業する価値はあると思いますよ。全てを失うリスクを考えても、得られるものがそれに勝って大きいと思うんです。これはもう独立・起業した人にしか分かりません。

だから無責任に言いますよ。学習塾講師は迷ったら独立です、リスクを最小限に抑えられる個人塾で!

自由を手に入れろ!

独立したらメチャクチャ自由になります。

それは物理的自由よりも精神的自由が大きいです。(物理的自由はどうしても一人塾長時代はなかなか難しいですよね。なんでも一人でやらなきゃいけないし、休みもそれほどとれないんで。)

学習塾に勤めている方々、想像してみてください。

明日からあなたは上司に怒られることはないんです。

明日からあなたはノルマを気にすることはないんです。

上司からの電話にビクビクしたり、怒られないために報告書にないものつけ足したり…。そういうことから一切おさらばできるんですよ!

精神衛生上、こんなに健康的なことってあります?青汁風呂に一週間入ったって、こんなに健康的になりません。

やりたいことやって、やりたくないことやったって怒られる心配はもうないんです。(まあ自分の好き勝手やって客がいなくなることは全然あるでしょうけど…。)

正直、私は独立してみて「自分って会社でずいぶん無駄なことに精神使って時間も使ってたんだなぁ~。」って実感しましたね。クソ生意気で上司の言うこともロクに聞かなかった私ですらこう思ったんですから。

真面目に上司の言うこと聞いてストレス抱えながら塾講師やってる方なんか、私よりも何倍も開放感あるんじゃないですかね。

金を手に入れろ!

当たり前ですけど、順調にいった場合の話です。

私程度の経営者でも、3年目にはおよそ利益で年間5,000,000円出していました。つまり、それが年収です。(まあ個人事業主と会社員だと単純比較はできないんですけどね、個人事業主は税金関係でかなり持ってかれるので…。)

当時、私が27,28歳でしたのでまあまあの額だと思うんです。(調べたところ、現在の27、28歳の平均年収は4,000,000円行くか行かないかって感じらしいです。)

たぶん、この額をこの年齢で会社勤めでもらうには、一部の超スーパー優良企業か、イケイケどんどんのベンチャー企業かって感じですよね。(少なくとも私が勤めていた学習塾では無理でしたね。)

そういうことを考えると、独立して上手く行けば手取りは会社員と比べればガンガン増えますよね。

ちなみに自慢すると、私は会社員1年目は部内の新卒でトップ評価をもらったんですね。トップ評価の新卒が手にした昇給が5,000円だったんです。世間を知った今では、会社員で5000円昇給がどれほどの価値があるか多少は分かっています。でも当時は愕然としましたね。

「こりゃ~いつまでたっても給料上がらんぞ」って帰りの電車で、独立の意志を改めて固めたことを思い出しますね。

まあ会社員はその分、相当のことがない限り下がりもしないですけどね。でも、勝負してでも金を稼ぎたいなら、独立・起業に断然軍配が上がるでしょうね。

時間を手に入れろ!

時間はスーパー増えます。とにかく自分がやりたい仕事に専念する時間は会社員の比ではありません。

上司の顔色想像しながらの報告書作成、ありません。

ほぼ見込みのない客への営業電話、ありません。

朝から時間と精神を潰される訳の分からない会議、ありません。

その他もろもろあなたが要らないと思っている仕事すべて、ありません。

一人塾長だとなかなか時間が自由にならないとは言いながらも、会社員と比べればかなり柔軟に時間が使えます。

休みだって自分で決められる訳ですから、売上とのバランスを見ながら会社員時代よりも多く休みがとれるかもしれません。

まあここは、独立当初はそれほど求めないでもいいと思います。上手く軌道に乗って人を雇う段階になったらホント強烈に実感できますから。正社員一人雇うだけでも休日1.5倍とかは普通にできます。普段の仕事も人に任せることができますから、かなり自分の好きなように時間を使うことができるようになるでしょう。

一人塾長で独立するにしても、人を雇う段階まではぜひ目指してもらいたいと私は思います。もちろん、人を雇うと大変なことは色々出てきますけど、独立・起業の醍醐味は人を雇ってからって感じが私はします。

スキルを手に入れろ!

授業のスキルということであれば、もしかしたら大手学習塾に勤めている人の方が有利な面もあるかもしれません。経験できる場数が違いますからね。生徒も多いですし。(個人塾の場合は、授業準備に時間をかけられるってメリットはありますけどね。大手塾の講師の人たちはそんなに授業準備に時間かけられないでしょ?)

独立して手に入れることができるスキルは総合的なものです。自分で一から何でも作り上げるスキル。自分で何でも解決するスキル。まあ何というか、この現代社会で生き残るためのスキルっていうとカッコいいですけど…。

ホームページを作るスキル。チラシを作るスキル。(スキルなくても業者に頼めば作ってもらえますけど…、まあ高いですよ。)役所に手続きするスキル。物件、コピー機のリースを契約するスキル。交渉するスキル。分からないことを調べるスキル。他人に頼るスキル。

会社員では絶対に獲得できないスキルを獲得できます。というか獲得しないと生き残れませんので…。

ダメなヒトダメなヒト

俺が獲得したスキルはなぁ~、いいかぁ~聞いて驚くなよぉ~。仕事サボってパチンコ行って稼いだ金を3日でなくすスキルだッ!どうだ、笑えんだろ!?

やりがいを手に入れろ!

自分がチラシ出して、ホームページ作って、それを見た生徒が問い合わせに来てくれて、自分で入塾面談して、そして自分が教える。1から10まですべて自分でやるんです、想像すればわかると思いますけどやりがいはメチャクチャあります。

一人塾長なら教えるのは自分一人ですよね。その生徒の成績が上がるも下がるも、完璧にあなた次第な訳ですよ。自分が思うように指導して、それで生徒の成績がメチャクチャ上がって、その生徒が喜んでくれて、友達を紹介してくれて…。で、いつの間にか10人、20人を相手に授業を行えるようになる…。

どうですか?メチャクチャやりがいあると思いません?で、そこには嫌な上司も、理不尽なノルマもない訳ですよ。

会社に行くのが楽しみな人ってどれだけいますか?前もどこかで書いたような気がしますけど、休みの夕方になるとサザエさん症候群になってる人多いと思うんです。特に大手学習塾講師の人たちは。

「やりがいある仕事」を見つけるとね、サザエさん症候群は治ります。休みは休みで必要ですけど、休みが終わっても「よし、明日は何やろう?」ってなります。

塾の仕事って本来やりがいが満載の仕事じゃないですか?でも、大手学習塾勤務だと制約とか束縛が多すぎて、「やりがい」だけで何とか生き長らえている状態の人も多いと思うんですよね。

そうじゃなくて、「やりがい」は生き長らえるための最後の砦ではなくて、「やりがい」を真正面から楽しめて、「やりがい」のために100%力を尽くせる仕事が、個人塾の起業にはあると思うんですよね。

今回の記事が、独立しようかどうか迷っている人の後押しになれば幸いです。

Mr.MMr.M

でも、独立は自己責任ですからね~♪