ダメなヒトダメなヒト

今日の昼飯、外で食べよう♪いい店ないかなぁ~?

Mr.MMr.M

ハイッ、そこでストォォォォォップ!

ダメなヒトダメなヒト

うおっ!何、急に!?俺何か悪いことした?

今の瞬間、あなたは何でお店を調べますか?

通勤途中、車のバックミラーで自分の髪を確認して「髪伸びたなぁ~、たまには別の美容院でも行ってみるか。」
そのとき、あなたは何で美容院を探しますか?

今回の記事はそういう話です。現代人「何でものごとを調べるか」という話です。

まあ、こんなにもったいぶらなくても皆さん答えは知ってますね。

はいッ、では皆さん♪答えは~せーのっ!

ダメなヒトダメなヒト

タウンページ!

Mr.MMr.M

・・・・・

あなたの塾のホームページは何で見られているか?

総務省が発表している、平成29年の通信利用動向調査を見てみましょう。

インターネット利用機器の状況(個人)

スマートフォン 59.7%
パソコン 52.5%
タブレット型端末 20.9%
携帯電話・PHS 9.9%
家庭用ゲーム機 8.8%
テレビ 7.2%
その他 1.1%

もはやインターネット閲覧において、パソコンは王者ではないんですね。

まあ自分に置き換えればよく分かります。私だって仕事以外ではほとんどスマホですからね。

ここで個人的なデータをお見せしましょう。

このブログ私の塾のホームページのインターネット利用機器情報です!

スマホ パソコン タブレット
ブログ 66.1% 30.1% 3.8%
塾のページ 77.2% 17.0% 5.7%

かなりスマホの割合が高いですよね?とくに塾のページなんてほぼスマホです。

「自分のホームページはスマホで見られている」って部分を意識しないとダメですよ。

レスポンシブ対応って何?

難しいことはもっと詳しい方のページで見てください。

つまり、スマホ(タブレット)の画面に自分のホームページが対応しているかってことです。対応していれば、スマホで見たときも字が読みやすくなったり、ボタンが押しやすい大きさになったり、スマホで見る人に優しいってことです。

これ、対応してないと悲劇です。スマホ閲覧者に優しくないのは現代では悲劇です。

ちなみにレスポンシブ対応しているサイトはどんな感じか?このブログを例にとって見てみましょう。このブログはレスポンシブ対応です!

レスポンシブ対応

赤の枠部分に注目してください。

「1日8時間労働、土日休みを手に入れる経営方法」という文字がパソコンだと1段なのに対して、タブレットだと2段、スマホ画面だと3段になってますよね。

レスポンシブ対応のサイトだと閲覧者がどの機器を使っていたとしても、それに合わせて見やすいように変えてくれるんです。

一方、非レスポンシブ対応のサイトはどうか?

非レスポンシブサイト

ちょっと分かりずらいかもしれませんが、パソコン画面で映っていた赤枠部分がスマホ画面で消えているのが分かりますか?(横スクロールすると見えます。)

非レスポンシブサイトの場合、閲覧機器が変わってもサイトレイアウトが変わりません。そうすると、スマホで見た場合、サイト全体がスマホ画面に合わせて縮小します。文字がとんでもなく小さくなって読めたもんじゃありません。

あとリンクボタンも小さくなるんで、ホント爪楊枝使わないと押せないレベルになります。

非レスポンシブサイトのイメージ
こんな感じになっちゃいます…。もはや何が書いてあるか分からない…。これじゃ、誰も読まないでしょ?

あなたの塾のホームページはレスポンシブ対応か?

上の2つの写真は「Am I Responsive?」というサイトで調べたものです。上記のこのブログのようにレイアウトが変わればレスポンシブサイトです。

下のうどん屋さんみたいに何も変わらなければ非レスポンシブサイト

わざわざ、このサイトを使わなくても、自分のサイトを開いてページ右上の閉じるボタンの隣をクリックして画面の大きさ変えてみれば分かります。

レスポンシブサイトなら画面を小さくしていくと、レイアウトが変わっていきますから。

非対応の場合の対策は?

まず、非対応の場合は自分の塾のホームページをスマホで改めて見てください。

で、実感してください。

ダメなヒトダメなヒト

こんな小さい字を読ませる俺は鬼か悪魔か、いやタオパイパイか…。

ホントそうですよ、拡大してまで読んでくれるマザー・テレサ級の優しさ持ってる人なんかいませんからね。

そして、私の塾のスマホの閲覧割合77%を理解してください。約8割がスマホなんです。

レスポンシブ非対応だとこの約8割の人を完璧に失う可能性があるってことなんです。

ダメなヒトダメなヒト

おっかしいなぁ~?ホームページ作ってんのに問い合わせ全然来ねぇんだよなぁ。皆パソコン持ってないのかな?

皆スマホで見るんで、小さい字しか出てこないサイトはすっ飛ばしてるだけ。

ダメなヒトダメなヒト

じゃあどうすりゃいいのよ?

色んな記事で書きましたけど、wordpressでホームページ作ればいいんです。

wordpressのテーマ(テンプレート)だったら、無料でもレスポンシブ対応のものがたくさんあります。それ使えば、普通にレスポンシブ対応になります。全然難しくありません。

ホームページ制作会社なんかに目をつけられて「もうこれからはレスポンシブ対応にしないとお客さん獲得できないですよ!」って言われてる人もいるかもしれません。で、焦って契約を考えてる人もいるかもしれません。

契約する前にぜひ自分でホームページを作ってみてください、wordpressで。レスポンシブ対応は超楽ですから。(ホームページを自分で作ろうと検討している人はぜひ下の記事も参考に。)