決算月を前にして

管理人Mr.Mの塾の決算月は10月です。そうです、私の塾はごくごく小さい零細個人塾のくせに法人化をしているのです。

ダメなヒトダメなヒト

調子こいてんじゃ~ねぇー。

法人成して2期目が終わるこのタイミングで、個人塾開業は果たして個人事業と法人どちらがいいのか?管理人が肌で感じてることをお伝えしたいと思います。

詳しい手続き的な話とか、詳しい税率的な話とか、そういうことを知りたい方は税理士のホームページへGO!

私はそういう話は全然できませんから…。

売上1,000万円以下なら迷わず個人事業。

はじめて独立開業する人、手堅くまずは自分の生活をそこそこにしたい人、つまり今の管理人くらいの生活をまずは成り立たせたい人、そういう人は迷わず個人事業での開業を選択しましょう。

法人での起業は定款作ったりだの、法人登記したりだの、ほぼ自分で出来ないことを専門家に頼みます。普通に20,30万円吹っ飛びます。それに法人の場合、経理とか決算とかそういう手続き、シロウトだとたぶん無理です。そうすると会計事務所とか税理士事務所にお願いすることになりますけど、当然費用がかかりますよね。

ちなみに今の私は会計事務所に丸投げですけど、月に20,000円ちょっと払ってます。(おそらく会計の顧問契約としてはかなり安い方だと思いますけど…)

あと、法人だと利益が出てなくても法人住民税で年間7万円払いますし。

つまり、最初から借入金とかドカッと借りて大きく勝負、みたいな感じでなければ法人スタートは辞めた方がいいです。

まあ私がおススメしているアパート1室勝負だったらまず個人事業でしょうね。「出費を少なくして手堅く地道に頑張る」なら個人事業です!

売上1,500万円以上、利益500万円程度で法人成りを検討。

以前の記事でも少し触れましたが、私は売上1,500万円超、利益500万(売上ー経費=500万)のときに法人成を検討を開始して、会計事務所に相談しました。で、約半年後には法人化。

まあ、法人成りのメリット、デメリットは色々あると思いますけど、私の中で大きかったのが消費税ですかね。

個人事業でも売上1,000万円を超えると消費税が発生します。で、この消費税。結構デカいんですよ。30万円とか40万円とか平気でいきます。

「弥生の青色申告」に数字入力して最後に決算ボタンをポチっとやりますよね?売上1,000万円超えて利益も500万円くらい出て、まあまあ俺って今年順調だったじゃん?みたいな感じで調子こいて決算ボタンをポチっとやりますよね?

すると、まず所得税に少しビビるんですよ、個人事業主の場合。サラリーマンと比べると、所得税が結構高くなる場合が多いんですよね。でも、これは毎年確定申告で経験してるんで想定済み。

Mr.MMr.M

今年はまあまあ順調だったからしょ~がない、しょ~がない♪オールOK👌

で、売上1,000万円超を経験してから2年後…。3月10日くらい(確定申告期限ギリギリです。)に例の如く「弥生の青色申告」の決算ボタンをポチっとやる訳です。調子こいて「どうせ所得税高いんでしょ~♪分かってる、分かってる。想定済み、想定済み。」みたいに思うんですよね。

で、次の瞬間思い出すんです。あれ?たしか税務署からの書類で、消費税の納付書的な…。

それで「弥生の青色申告」の決算書のページを探すんですよ。しっかり「弥生の青色申告」のヤツは消費税の申告書まで丁寧に作成してくれてる訳ですよ。で、その額面見てあなたは驚く…。

300,000円!

Mr.MMr.M

ゲロゲロゲロゲロ~~~~

もうね、ショックで吐きますよね。吐かないにしても「0の数一個違うんじゃねぇか…?」ってパソコン画面を指でなぞりながら「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅじゅじゅ・・・じゅ~まん!」ってやりますよね。


ということで、私は法人なりを検討し始めた訳です。なぜかと言うと、法人になると最初の2年は免税事業者になれるという情報を手に入れたから。消費税の衝撃で生きる希望を失いかけた私は必死にネットを探したのです。

「節税」「節税」「節税」…と何度も検索かけてたどり着いた法人の2年の免税期間。「これは使うしかない!」ということで晴れて法人成を果たしたのでした…。

※以前の記事でも書きましたけど、消費税を恐れるあまりに売上ちょろまかして1000万円いかないギリギリ申告連発したりする人いるらしいですけど、激しくおススメしません。税務署から疑われてお尻ペンペンされますよ。

法人なりのメリット

節税効果

詳しくは「法人成り シュミレーション」とか検索かけて見てください。数字入れてシュミレーションできるサイトなんか見つかるはずです。自分の今の売上と利益が分かれば(分からない人はいないと思いますけど。)大まかな節税効果は分かると思います。ただ、それでも正確には分からないと思いますので、本気で考えるんだったら会計士とか税理士に相談しましょう。

私の場合は妻も役員にすることで、個人事業のときに自分一人で稼いでいた部分を妻と分ける形で役員報酬を決めました。まあ給料が分散されるんで普通に所得税は下がりますよね。扶養から外れない額で妻に役員報酬を設定すれば、かなり節税されます。所得税だけじゃなくて、社会保険も妻の役員報酬部分にはかからない訳ですし。

「このくらいの手取りにしたいんですけど。」とか言えば、税理士事務所の人がしっかり計算してくれます。個人にかかる税金と法人にかかる税金のバランスとかもしっかり見てくれます。会計の顧問料とか決算費用とか含めて、法人成りが有利なのかどうかを私の場合はしっかり説明してもらえました。

私の実感としては、「私規模でも法人役員になった方が手元に残る金は多い。」ということ。たぶん、私よりももっと売上が大きい会社の社長は、もっと節税効果が高いと思います。まあホント私個人的な意見になりますが、節税に関しては法人成りして全然良かったと思っています。

社会的信用

金融機関から金を借りる場合は、全然個人事業よりも法人の方が楽でしょうね。まあ、私は金融機関から事業資金を借りたことがないのでわかりませんが…。

でも、個人事業主時代に家のローンで超苦戦した経験があります。詳しくは以前に書いた記事を見てもらうといいかもしれませんが…。(個人事業主自体ローンが通り難いのに、年金払ってないとかはもうアウトオブアウトなので注意!なんで私はアウトオブアウトだったんですね…)

細かいところで店舗の契約書も個人事業主の場合は他に連帯保証人必要だったりしますけど、法人なら連帯保証人は自分で良かったり。複合機のリース契約もすんなり通ったり。まあ個人よりも法人が信用あるのはヒシヒシ感じますね。

Mr.MMr.M

あぁ、世の中の人はMr.Mは信用してなくても(株)Mr.M塾は信用するのね…

という一抹の寂しさは感じますよね。

余計な心理的負担がなくなる

確定申告からの解放

法人になると決算とか日々の経理とか複雑になるので、だいたい専門家に任せると思います。まあ当然顧問料などは取られるわけですが、自分でやってた経理作業とか確定申告の作業からは一気に解放されます。レシートと領収書ファイルにまとめて、会計事務所に送るだけですからね、今は。

特に私は確定申告の作業がグリーンピースくらい嫌い(グリーンピース生産者の方々申し訳ございません)だったので、ここから解放されたのは非常に心理的に大きかったですね。

12月~1月の間に税務署から分厚い確定申告の書類が届くじゃないですか。そうすると提出期限までの間、ことあるごとに確定申告の分厚い封筒が目に入る訳ですよ。

「あぁ、早くやんなきゃ…。でも面倒くさい…。」ってモヤモヤモヤモヤ…。

休日に回転ずし屋行くじゃないですか。皿の上のお稲荷さん見ても思い出すわけですよ、あの分厚い封筒を。家族でスーパー行って、油揚げ見ると思い出すわけですよ、あの分厚い封筒を。それで魂ぬけたようにボケーッとしてると「お父さん、大丈夫?」って家族に無駄に心配かけるわけですよ。

「パパ、仕事のストレス相当ためてるのかなぁ。」なんて。

なんてことはない、油揚げみて確定申告の封筒思い出して「面倒くさいなぁ」って思ってるだけなんですけどね。

必要なものへの投資がしやすい。

これが結構大きいかな、と私は思います。

例えば「自分は500万の年収があれば良し」とします。ある年、個人事業主で600万の利益を上げたとします。自分の想定よりも100万円多い利益…。さあ、あなたはこの100万円、どうしますか?

ダメなヒトダメなヒト

パチンコ!

私だったら、この100万円はためちゃいますね。個人事業主だと事業の利益=個人の収入ですから100万円多く利益を上げても、やっぱり必要な投資をするって方向に行き難い。(誰だってお金は惜しいですからね。)

では、法人の場合どうか?まず、法人役員は事業年度開始のときに役員報酬を決めなきゃいけません。つまり、その事業年度の自分の手取りは問答無用で始めに決まってしまうんです。だから500万必要なら、500万の役員報酬なんです。これはもう事業年度中に「今期は利益がたくさん出そうだな」ってなっても原則変えられないんです。

だから予想よりも100万円利益が大きかったとしても、それが自分のポケットに入ることはないんです。じゃあどうするか?まあ、事業資金としてためる場合もあるでしょう。でも、多くの場合が節税対策のために必要なものを買うって選択をすると思うんですね。

「どうせ税金をたくさん取られるなら、この際ずっとほしかった冷蔵庫を教室に置こう」とか「チラシをうってみよう」とか。(「どうせ税金にとられるなら、自分の私的なものを買おう」ってやると、税務署に頭グリグリされるかもしれないんで注意!)

法人の方が利益があがったときに「自分の収入にはならないのだから、事業で必要なものは思い切って買おう」っていう決断になりやすいと私は思います。(まあ、考えて何でもかんでも買うことはできないですけどね。)必要な投資への心理的負担(「もったいないかも…」という貧乏性的考え方)は、ずいぶん減りました。

「これ買おうかなぁ~、どうしようかな~」とかウダウダ考える時間もずいぶん減るので、時間短縮って意味でも結構メリットありそうですしね。

周りに凄いと言われ無意味に偉そうになる

最後はどうでもいいメリットなんですけど、まあ久しぶりに会う知り合いからは「えぇ、社長になったの?すげぇな。」とか言われますよね。

「すげぇ。」と言われて嫌な気分になる人はいないと思いますので、メリットと言えばメリット何ですかね…。まあどうでもいいんですけどね。そんなことで有頂天になってる場合じゃないですし。

ダメなヒトダメなヒト

俺なんか、昨日パチンコで10万稼いだぜ!凄いでしょ?凄いでしょ?

Mr.MMr.M

・・・・・・

結論

バンバン拡大する覚悟がモリモリの人以外は、最初は個人事業が正解でしょう。

で、売上1000万超くらいで「なぁ~んか税金ばっかとられて、もったいないなぁ…。」ってなったら法人化を検討。税理士に相談して節税メリットありそうなら、法人化ですかね。

詳しい話は税理士の方のサイトとか見ればわかると思いますけど、とにかく消費税発生がかなり法人成するかどうかのポイントになると思います。上手く手続きをふめば、最大4年間消費税を払わなくても良いって場合があるようなので、売上1000万になったら慎重に。


スポンサーリンク