検索上位表示に興味がある個人塾経営者へ

個人塾開業を考えている方、すでに経営している方、多くの方が少なからずホームページに関心があると思います。(中にはホームページなしで驚異的に生徒を集めている塾長もいますが、それはあくまで一部のセンスのある人だと思います。私のような凡人にはホームページは必要です。)

最初は当然作り方に疑問を持つわけですよね。で、この時点で「オラにはホームページなんて作れねぇべ。」と必要以上に高い壁を感じてしまい、ホームページ制作会社に突入してしまう個人塾長も多いのではないでしょうか?ホームページに作成については私も素人ながら少し紹介してますので、過去の記事を参考にしてもらえれば幸いです。(まあホームページは自分で作りましょう!ってことです。)

ダメなヒトダメなヒト

おぉ!ついにオラでもホームページができたぜぃ!

Mr.MMr.M

おめでとうございます。

ダメなヒトダメなヒト

およよ、でも、これじゃあ誰もオラの塾のホームページ見ないんじゃ…。だって「地域+学習塾」で検索しても、5ページ目とか…。5ページ目まで見てくれる暇人なんてオラ以外いないんじゃ…。

そうなんですよね。開業したてのあなたの塾のホームページが検索上位に来ることはほとんどない。もちろん、あなたの塾の名前をドンピシャで検索かけてくれれば上位表示するんでしょうけど、そもそも開業したてあなたの塾の名前なんて誰も知らない。

「地域(市町村など)+学習塾」とか「地域+塾」とかで上位表示してもらいたいですよね。おそらく塾を探すお客様はそういう検索かける訳ですから。そこに引っかからないと、教室の中に看板置くのと一緒。看板はあるけど誰も見れないという状態と一緒。

「でもオラには上位検索させるような必殺技は使えねぇ。」と必要以上に自分の戦闘力を過小評価するのはやめましょう。必殺技がなくても地道に頑張ればグーグルはきっとあなたの塾を上位に表示してくれます。今回は管理人Mr.Mのホームページ上位表示作戦をお伝えします。

管理人の上位表示の実績

①管理人の塾のホームページ順位

2018年8月28日現在のGoogle順位。

「市町村名+学習塾」4位。(検索数約1,500,000件)

「市町村名+個人塾」5位。(検索数約2,000,000件)

「市町村名+塾」7位(検索数約6,000,000件)

ホームページのスペック

サーバー『さくらインターネット』のスタンダードプラン

wordpressにて作成

テーマは『LION BLOG』(無料)

固定ページ数 18

投稿数 550

その他

2015年の2月から運営開始しているホームページです。投稿数は気づいたら550にもなっていましたが、1記事あたりの内容は塾のお知らせだったり、生徒たちの結果報告だったり。平均すると文字数は400程度だと思います。(原稿用紙1枚くらい。)

たまに自分のプライベートのこととか、指導に関する少し重い内容も載せることがあります。そのときは1500字くらいにはなりますね。SEOとかはあまり気にせずに、2,3日に1記事投稿という感じ。(たまに1日3記事とか投稿する場合もあります。)

生徒や保護者、卒業生など「見てます。」という声を聴きますので、更新頻度には結構敏感になってますね。(軽い内容でもとにかく更新します。)

ただ、『さくらインターネット』のスタンダードプランですので正直重いです。自分なりにプラグインやら何やら頑張ってみましたけど焼け石に水。表示速度もグーグルの表示順位には影響を与えるようなので、サーバーの移転をそろそろ考えています。

ただし『さくらインターネット』のスタンダードプランは激安です。本当に節約したい人、まずは練習程度にという人にはおススメです。まあ、重いと言っても、この価格でここまでの表示順位まで持ってきてくれたので文句は言えませんが…。

②当ブログ”普通の生活を手に入れる『学習塾経営』”の順位

2018年8月28日現在のGoogle順位。

「個人塾+経営」7位。(検索数約15,000,000件)

「学習塾+経営」7位。(検索数約16,000,000件)

「塾+経営」10位(検索数約30,000,000件)

ホームページのスペック

サーバー『wpXレンタルサーバー』

wordpressにて作成

テーマ『賢威』(有料)

固定ページ数 3

投稿数 115(この記事を入れて)

その他

このブログは2018年の6月2日から運営開始しました。ですから現時点で運営開始から大体3か月が経ちます。一応、上位表示やPV数を狙って色んな方のホームページを見て、素人なりにやれることはやってきました。

まあ、でも実際2つくらいしか徹底できていませんけど…。一つは記事の文字数。1つの記事で1000文字以上は書くようにしています。平均すると1記事2500文字くらいだとは思いますね。

あとは内部リンク。関連記事のリンクは意識的に行っています。ちょこちょこ過去の記事を見返しては、リンクを追加したりなんかはしてますね。

正直、あとは適当ですね。(キーワード対策も試みたんですけど、そもそもGoogleキーワードプランナーの見方がイマイチ分からん…というダメっぷりなんで。)

あとは「毎日書く」って意識だけは持っています。書けない日もありますけど、そういう場合は借金として次の日2つ書くとかは意識してます。

個人塾のホームページ作成で用意するもの

①SEO対策テーマ『賢威』

wordpressを使ってない人からすると何のことだか分からないかもしれませんけど、wordpressでホームページを作るときに使うテンプレートみたいなものをテーマと言います。テーマは無料のものもたくさんあります。実際、私は自分の塾のホームページでは『LION BLOG』という無料のテーマを使っています。

ただ、本当にSEO対策を考えたりレイアウトを考えるなら有料がいい、と色んなサイトで言われているので、この”普通の生活を手に入れる『学習塾経営』”のブログでは有料テーマを使っています。

で、使っている有料テーマですが『賢威』と言うものを使っています。なぜ『賢威』を使っているのか?それは色んなサイトで「SEOにめっぽう強い」的な評判があったからです。さらにここからが私的には結構大事なんですけど、「価格がまあまあ高い」んです。「高い」ってことはそれなりのものじゃなきゃ、今の時代売れませんよね。「高い」のに「悪い」では、とっくの昔に悪い評判が光の速さで全世界中に飛び回って淘汰されているはず…。

ウェブ関係ド素人の私の知識は、真夏の入間川の水量レベルで乏しいわけですから、それぞれの有料テーマを比較したって時間の無駄になる可能性が高い訳です。ということで、それこそ「皆も良いって言ってるし、高ければそれなりに良いだろ?」って勢いで購入したのが事実です。(あと、高いもの買うと大事にするじゃないですか。「こんだけ払ったんだから無駄にできねぇ!」って。それも大きい。)

で、実際使ってみた結果は先ほども書きました。3か月未満で、狙っていた「個人塾+経営」のキーワードでトップページ。「学習塾+経営」でも「塾+経営」でもトップページ。すべてがすべて『賢威』のおかげって訳じゃないと思いますけど、まあ全然満足ですよね。正直、こんなに早くここまで上位表示に持っていけるとは思いませんでしたので…。

あと、これも有料テーマの紹介サイトなんか見ればもっと詳しく書いてありますけど、『賢威』を買うとサポートページがついてきます。このサポートページを見ると、自分が分からないことを質問できます。まあ質問する前に、私のような素人レベルだとほぼ解決策がサポートページに書いてあります。

wordpressはホームページ作成が楽、という話もありますけどホントの素人中の素人には分からないことって山ほどある訳ですよ。そういう私にとって『賢威』のサポートページはかなり便利です。まあ『賢威』を使っている人はかなり多いみたいなんで、Googleで検索かければ色々出てくるのも便利ですし…。

ホームページ制作会社とかSEO業者を考えてるくらいなら、全然『賢威』の方が安いとは思います。他人任せにしない分、自分の力もつくと思いますし。(無料の”LION BLOG”も使いやすいですし、色々できるんでおススメですけどね。)


②wordpress用高速サーバー『wpXレンタルサーバー』

激安の『さくらインターネット』のスタンダードプランに比べると、メチャクチャ速いです。体感的に全然違います。

『wpXレンタルサーバー』のこのブログの管理画面はストレスなくスッと開けます。一方『さくらインターネット』スタンダードプランの塾のホームページの管理画面は結構待ちます。結構ストレスたまります。つまり、塾のホームページを見ようとしているお客様もストレスが溜まってる可能性があるってことです。

正直今では塾のホームページもサーバーを移転したいと考えています。でも、安いですからね『さくらインターネット』スタンダードプラン…。文句は言えません。本当に節約したいって考えてるなら、ありかもしれません。(私の塾は『さくら』でも「市町村+学習塾」でトップページ来てくれますし。)

『wpXレンタルサーバー』は『さくら』スタンダードプランの3倍くらいの値段がかかります。まだ3か月程度しか使ってませんけど、個人的にはそのくらいの価値は全然あると思ってます。だってそのくらいページ開くの速いですから。(自分的にも編集するときのストレスがかかりませんし、当然ページを見てくれる人もストレス感じませんよね。)

将来の安定的なホームページ運営を考えるなら『wpXレンタルサーバー』にしましょう。⇒ wpX

まずはコストをかけずにと言う人は『さくらインターネット』スタンダードプランで。⇒ ☆さくらのレンタルサーバ

(私的には『wpX』をおすすめします。後々のサーバー移転などを考えると大変なんで。まあ今の私がそうなんですけど…。)

③wordpressを導入

ホームページを作るための手段は色々あると思いますけど、断然wordpressをおすすめします。(だから『賢威』とか『wpXサーバー』をおススメするんですけど。)理由はホームページ作成で最も使われているから。

使う人が多いほど、有名なほど、分からないことがあったときに情報がネット上に落ちてる可能性が高いですよね。我々素人がホームページ作ろうってなったとき、基本分からないことだらけです。分からないことを調べるときに、やっぱり使っている人が多いものって言うのは有利なんです。

実は一度concrete5というものにも手を出したことがあるんですね。それもホームページを作るためのCMSの1つなんですけど(と言いつつCMSが何なのかとかはさっぱり分からんのです!)ウェブ上に落ちてる情報量がwordpressに比べると圧倒的に少ないんです。

「よく分からん!」ってなったとき、wordpressの場合は4つも5つも解決策のページが出てきます。でも、concrete5は全然ヒットしないことも普通にあるんですね。「これでは素人は手が出せん!」ということで私はconcrete5からは撤退したのです。

自分で何でもやる、という覚悟を持っているならwordpressがいいと思います。何をやるにもホント情報豊富にネットで調べられますから。

『wpXサーバー』にしても『さくらインターネット』にしても、wordpress導入は簡単です。説明に普通に従ってやってれば普通にできます。で、分からないことがあればネットで調べれば大体解決策は出ています。やりながら覚える、それが向いているのがwordpressだと思いますね。(先ほど紹介した『賢威』なら専用のサポートページがあるんで、さらに万全ですし…。)

上位表示のためにやること

①固定ページを用意しよう。

塾の理念、授業日程、受講料、問い合わせフォーム(wordpressならこういうページも簡単につくれます。)会社概要などは固定ページで用意しましょう。お客様に見せるパンフレットみたいなページです。

「個人塾のホームページの作り方」の記事でも書きましたが、デザインとかはそんなに気にしないでいいと思います。というか気にしても、そんなにきれいなデザインはできません。有料テーマでデザインに特化したものを購入すればできると思いますけど。私がおススメしている『賢威』はデザイン性はそんなに期待できません。

プログラム言語の知識があればかなりカスタマイズできるようですけど、私のようなホームページ作成の初心者では、残念ながらそれは無理です…。見やすければいいと思います。一応このブログでも使用しているプラグインで『shortcodes ultimate』というのがあります。簡単な装飾とかできるプラグインで、このくらいなら私レベルでも多少扱えます。(プラグインとはwordpressの機能をパワーアップさせるものです。)

まあレイアウトとかデザイン気にするよりも文章に気合を入れましょう。

②毎日、投稿しよう。

1,000字くらいでもいいんで、毎日投稿しましょう。とくに個人塾開業であれば最初は生徒も少ないでしょうし、バンバン投稿しましょう。公立高校の入試問題分析であれば、書くことはたくさんあります。公立高校の過去問はネットに無料でたくさんありますので記事のネタとしてガンガン使いましょう。

あとは以前の記事でパーソナルブランディングの話をしましたけど、塾長のキャラを確立するためのプライベートなこともたまには盛り込みましょう。(学習塾の講師として著しくふさわしくないネタは避けた方がいいですが。)

あとは生徒の成績が上がったら、その結果をバンバン書く。(もちろん、個人情報に注意して。)私の憧れの塾長もブログ更新は半端ないですけど、生徒の成績が上がれば本当にマメに更新してます。私なんかそのブログ見て「あぁ、やっぱすげぇなぁ。」とか思うわけなんで、お客様だって同じように思いますよね。

私がこのブログで狙った「個人塾+経営」何かと比べると、「市町村+学習塾」は10分の1くらいのページヒット数なんで、100記事くらい書けばで上位表示が狙えるかもしれませんね。(つまり、1日1記事なら3か月弱ってことです。)

あ、あとは記事の中にキーワードを盛り込むことも意識しましょう。「市町村名」とか「学習塾」とか。あんまり過剰にやりすぎるとgoogleからペナルティがあるって話なんでほどほどに。

③狙うキーワードを設定

テーマで『賢威』を使っていれば、「賢威の設定」という項目で上位表示を狙うキーワードを設定します。「賢威の設定」の中の「サイト共通のメタキーワード」という欄に私の場合は”個人塾、学習塾、経営、起業”くらいの感じで入れています。

あんまりたくさん入れてもよくない、的なことが書いてあるサイトがあったりしたんで4つくらいがいいのかなぁ~と。まあ学習塾のホームページなら”市町村、学習塾、個人塾”あたりでいいんじゃないかと。

業者に頼むとどのくらいかかる?

①ホームページ制作にかかる費用

あるホームページ制作会社のサイトによると問い合わせフォーム含めた5ページの最も廉価なプランで製作費が15万円以上。この会社でスマホ対応の最も高いプランで約50万円…。

例えば他の会社のサイトを見るとフォトスライドショー設置10,000円、facebook連動5,000円、アクセスカウンター設置3,000円などなど。

wordpressで自分でホームページを作れば分かると思いますけど、全部自分で出来ます。しかも、全然難しくありません。

無料テーマでもスマホ対応のものはたくさんあります。フォトスライドショーとかfacebook連動もプラグイン入れればすぐできます。私は設置してませんけど、アクセスカウンターだってたぶん速攻で設置できます。(その証拠に「アクセスカウンター プラグイン」って調べれば、腐るほど情報出てきますよね。)

もちろん、プロに頼めば体裁は良くなるんでしょうけど、体裁気にしても資金力豊富な大手には絶対勝てないですからね。機能だけで考えれば、十分自分で開設・運営でいいと思うんです。

②SEO対策にかかる費用

業者によってとか、方法論によってとか、狙うキーワードによってとか色々違いはあるようですけど、どうやら月額3万円くらいは少なくともかかるみたいですね。

おそらく初期費用もかかる訳ですから、最初の1月でたぶん10万円くらいは払うことになるのでは?1カ月分で、『賢威』と『wpXレンタルサーバー』が余裕で契約できますね。

上位表示のためのまとめ

資金的にHP制作やSEO対策を業者に頼む覚悟があるなら、『賢威』『wpXレンタルサーバー』に投資してみるのがいいと思います。業者に頼むよりも格段に安く済みますから。それに自分で作ったホームページなら大事に育てると思うんですよね。たぶん更新もたくさんするはず。

業者に頼んだんだろうなぁってキレイなページで、全然更新してない塾って結構たくさんありますよ。そういうページは結局Googleにも評価されない訳で、上位表示からも消えてく訳です。

最後に、自分の力で検索上位表示を獲得する方法をまとめます。

wpXレンタルサーバー』など高速サーバーを契約する。

SEOに強い有料テーマ『賢威』を購入する。

wordpressでホームページを作る。

1日1記事を投稿する。文字数は1000文字程度。

「市町村」「学習塾」を意識した記事を投稿する。記事内に過剰にならない程度にキーワードを盛り込む。(過剰に入れるとgoogleからペナルティが来るとのこと…)

個人塾の塾長をやりながら、「自分の塾」と「このブログ」2つのサイトで狙ったキーワードでgoogleトップページ表示をさせた管理人Mr.Mの言うことを信じるか信じないかはあなた次第です!


スポンサーリンク