学習塾独立で大きな成功はそもそも無理?

Mr.MMr.M

次の表は経済産業省発表の「平成27年特定サービス産業実態調査(確報)」より、1事業所当たりの年間売上高と従業者1人当たりの売上高を示したものです。

学習塾の売上
果たして学習塾独立は儲ける道として正しいのだろうか?
ダメなヒトダメなヒト

少なっ!!

一応、学習関連には学習塾以外にも教養・技能教授業というものも含まれています。

教養・技能教授業というのはお稽古や習い事、はたまた自動車教習所なんかも含まれるみたいですね。

しかし…1事業所あたりの売上が年間1,500万円というのは何とも夢がない…。そして、1人当たりの売上高が340万円!?

Mr.MMr.M

これじゃあ正社員なんか雇えないぃぃぃ~!!

1人当たりの売上が正社員一人の年間人件費で軽く吹っ飛ぶという事実…。そりゃ、学生アルバイトばっかり使いますよね…

いやぁ~、こういう数字知ってれば独立するときに「1000万円は稼ぎたいよね~♪」なんて夢は語らなかったですね。

こういう数字を冷静にとらえれば、学習塾での独立で大きな成功をつかもうとするのは現実的でないような気がします。私自身、こういう数字を前提に独立したわけではありませんが、案外私の「普通の生活」を目指すくらいが丁度いいのでは?なんて思ったりします。

ダメなヒトダメなヒト

調子こくでねぇ~

どちらにしても大金持ちというか、悠々自適な社長生活というか、皆が羨むバカンス人生を送りたいなら学習塾独立は向いてない。

フランチャイズ加盟塾の売り上げは?

続いて別の資料を。何の恨みもないのに私が勝手に結構否定しているフランチャイズ学習塾についての数字です。(経済産業省『平成27年特定サービス産業実態調査(確報)』※以下、年間売上高などの数字はこの資料による。)

フランチャイズ加盟塾の平均1事業所当たりの年間売上高1,137万円

う~ん…この売上高って利益的にはどうなんでしょ?

フランチャイズ加盟塾はほとんど個別指導の形態とってる訳じゃないですか。まずアルバイト講師の人件費かかりますよね?うちは講師としてのアルバイトはいませんが(だからおそらくバイトの人件費は一般的な個別学習塾よりも低いはず)、それでも年間150万円は出ますね。だから売上1000万円超の個別指導塾なら200万円は出るのでは?

家賃は安くても10万くらいはしますよね?そうすると年間120万円…。

光熱費・通信費・雑費で少なくとも月5万円。その12か月分で60万円…。

まあ売上1000万円超えてればロイヤリティは年間100万円…?

宣伝広告費で20万円…。

ざっと見積もって500万円の支出。(たぶん年間1000万円超の教室なら家賃は10万ってことないと思うんですけどね…。まあ、夢を見るためにも低く見積もりましょう。)

1,137万円ー500万円=637万円の利益

ダメなヒトダメなヒト

おぉ、フランチャイズいいやんけ!!そんなもんでよか、そんなもんでよか!おいらフランチャイズに乗り換えちゃう♪

たしかに平均的な事業所でこれだけの利益を上げていれば全然いいかもしれませんが…それについてのちょっと怖いデータは後程話しましょう…

ちなみに埼玉県のフランチャイズ加盟塾の1事業所当たりの平均年間売上は876万円。(埼玉県は全国平均の250万円程度低くなってるんですね。)

ダメなヒトダメなヒト

およよ…?

ちょっとずつ微妙になってきますよね…?

では、フランチャイズ加盟していない学習塾の1事業所当たりの年間売上高はいくらでしょうか?

フランチャイズ加盟していない学習塾の1事業所当たりの年間売上高は2475万円

ダメなヒトダメなヒト

はいッ、おじさん、フランチャイズ入らない~♪

まあフランチャイズ加盟していない学習塾には大手学習塾が結構入りますからね。一概にフランチャイズ加盟してない方が儲かるとは言えませんけど、フランチャイズ加盟した人には結構ショックかも…

法人以外の個人経営(フランチャイズ含む)の学習塾の売り上は?

さてここで会社経営(=法人)学習塾個人経営学習塾(フランチャイズ加盟塾含む)の数字を比べてみましょう。

年間売上高(万円) 従業者1人当たりの年間売上高
会社経営(法人)学習塾 4,604 374
個人経営など学習塾 632 177
ダメなヒトダメなヒト

えっ???個人経営の学習塾って600万しか売上ないの?じゃあ利益はいくらになるのよ?おれはいくらパチンコに使えるのよ?ていうか、俺の塾、この平均にも届いてないぞッ!ど~してくれんのよ!

フランチャイズ加盟どうのこうの関係なく、個人経営塾はこれが現実です…。

本当にね、金持ち夢見るなら学習塾独立はなしですね。

ダメなヒトダメなヒト

だからオマエ言う普通の生活を夢見ろってかぁ!それだけは、それだけは嫌だぁ~!!お前の言うこと聞くのだけは、いくらオッサンでもプライドがぁぁぁ~!!(でも、年収500万円あるなら結構いいな。毎日パチンコ行けるな。)

ちなみにフランチャイズは大会社のネームバリューを借りることになりますけど、ほとんどが個人経営の形ですよね、おそらく。だから個人経営の数字の方が参考になる人がほとんどのはずです。

まあその辺りの話は次の資料に回しましょう。

フランチャイズ加盟塾の個人経営の割合は?

次の資料は「フランチャイズ加盟塾」と「加盟してない塾」の会社経営と個人経営の事業所数についてのものです。

会社経営(法人)学習塾

事業所数

個人経営など学習塾

事業所数

フランチャイズ加盟塾 2,656 17,220
フランチャイズに加盟してない塾 13,183 15,514

フランチャイズ加盟塾のおよそ87%は個人経営の学習塾です。

いいですか、この数字は結構大事ですよ。

フランチャイズ加盟を考えている人は、本当に冷静に考えたほうがいい。

さっき個人経営の学習塾の年間売上高の資料ありましたよね?個人経営の学習塾の平均年間売上高は600万円そこそこでしたね。

で、フランチャイズ加盟塾のおよそ87%が個人経営の学習塾なんですよ。

フランチャイズ加盟塾全体の平均年間売上は1,137万円でしたけど、13%の会社経営フランチャイズ加盟塾が平均を押し上げている可能性は大いにありますね。

数字上の可能性をどうとらえるか

まあ数字上の可能性をどうとらえるかは人それぞれです。

数字上がどうであろうと、自分はフランチャイズ加盟塾で独立するって夢を突き進むのも一つの道です。(数字上はフランチャイズに加盟しない方が、かなり夢がありそうですけど…)

私は生徒の進路指導でも数字上の可能性は結構重視するタイプなんで、こういう数字を見るとフランチャイズ加盟に自分の夢はやっぱり乗せられない。

私なら考える、独立する前に。フランチャイズ加盟を検討している場合は絶対。自分は上位13%に入れるだけの力と覚悟があるのか?会社に勤めているときに、そもそもその会社の上位13%に入る実力があったのかどうか?少なくとも同期の上位13%に入っているのかどうか?その程度にも入ってないなら、13%の会社経営フランチャイズ加盟塾経営者に自分は成れない可能性が高い。

まあ、私の根拠のないフランチャイズ嫌いが「フランチャイズ加盟を不利に見せる数値分析をしてる」って言われれば、「そんなことは絶対にない!」と自信を持っては言えないんですけど…でも、経済産業省のデータは実際ありますから。


スポンサーリンク