届出

私が提唱する形態であれば、まず個人事業主での開業になるはずです。

3年目くらいまでは地域にあなたの塾を認知させるための地道な忍耐の時期になるでしょうから。

☞「集団授業」一本で

☞「公立高校受験」にしぼる

☞学習塾起業・月謝設定

たしかに法人設立にはいろんなメリットがあると思いますが…

Mr.MMr.M

売上のたたない開業3年目に消費税が発生するのは痛すぎます。

で、個人事業主なら最初の手続き関係は自分でやりましょう。

普通に楽勝ですから。

ダメなヒトダメなヒト

いやぁ、役所のホームページとか調べてみたけど結構面倒くさいよぉ?税理士とかコンサルタントとか、俺は頼んじゃおうかなぁ~。

いやいや、絶対に自分でやって下さい、このくらい。

普通にホームページとかで検索すれば出てきます、手続き関係。

Mr.MMr.M

というか、誰?

個人事業で塾長一人の場合を想定します。

必要書類は、

『個人事業の開業・廃業等届出書』

『青色申告承認申請書』

以上。

えっ?以上?うそでしょ?

嘘じゃありません。

塾長一人ならこんなもんです。

ちなみに青色申告しないなら、実は『青色申告承認申請書』も必要ないんですよ。

ダメなヒトダメなヒト

じゃあ、俺は面倒くさいからそれも提出しないねぇ~。

いや、提出してください。

とくにあなたのような何かにつけて節税、節税とケチりそうな人は特に。

というか絶対に『青色申告』は手続きしておいてください。

個人事業主の控除65万は大きいと思います。

どうせ、初めは売上たたないから簡単な白色申告でいい。って思わないでくださいね。

普通の生活を手に入れる⇒年収500万程度必要

となれば、3年後くらいにはそこそこの税金を払うことになっていくわけです。

節税対策のために結局、青色申告にするわけですから。

それに初年度は赤字になるケースが多いでしょう。

その赤字を繰り越しできるのも青色申告です。

管理人も例にもれず初年度は赤字でした。

『個人事業の開業届出・廃業届出等手続』

〔提出時期〕事業の開始の事実があった日から1か月以内に提出

〔提出場所〕管轄の税務署

『青色申告承認申請書』

〔提出時期〕青色申告書による申告をしようとする3月15日まで。

〔提出場所〕管轄の税務署

ちなみに私の知り合いの塾長で一人だけ白色申告の人がいます。

「白色だったら家計簿みたいなもんだからねぇ~」

とか得意満面で言ってますけどね、旅行行くにも昼飯食うにも「経費、経費」って言ってます。それはもう、三度の飯より「経費」が好きって感じです。

矛盾してますよ、だって青色申告だったらそんな程度の節税分より全然多くの節税できるんですよ、堂々と。

たぶん、こういう人はまともに稼げないと思いますよ。

だって本業である指導のことより、経費のことばっかり考えてるんですから。

もう仕事のメインが「経費探し」と言ってもいいくらいですからね。

まあ案の定この人、教室潰しました…。

まあ別のところで復活して、前と同じような学習塾開いてますけど。

しぶとさだけなら、三国志演義の孟獲レベルです。

もうね、分からないことあったら速攻で税務署に電話です。

それか「もうこんなんでいいのかなぁ。」くらいで税務署に書類を送付です。

不備があったりした場合は、税務署の人から連絡があるはずです。

ダメなヒトダメなヒト

税務署から電話…怖えぇぇ!!

大丈夫です。あなた、全然売上たってないですから。税務署にとられるもの、まだ何もないでしょ?

管理人もずいぶんと税務署の方から書類の不備などで連絡をもらってきました。

(今は会計事務所通しているので、かなり減りましたが…)

とても丁寧に教えてくれますよ。

で、ここで一つアドバイス。

税務署って、割といつも混んでます。

だから書類の提出とか申告くらいだったら郵送にしたほうがいいですよ。

場所にもよると思いますが、税務署との往復+書類提出で2時間かかるとか。

時間もったいないですからね。

もちろん、書類のコピーは取っておいてくださいね。

万全を期すなら、控用のコピーと切手貼った返信用封筒を同封して、「はんこ押して控送ってください。」ってメモしてもいいと思います。控えを送ってくれるはずですから。

ネットで調べる程度の手続きとか申告でも、後ろめたいことやってなければ、税務署から追徴課税とかのカメ〇メ波を打たれることはないと思いますよ。

不備があれば何でも丁寧に教えてくれるはずです。

経理・税務

青色申告でも会計ソフト使えば大丈夫です。

私は『弥生の青色申告』使ってました。

簡単入力みたいな機能があって帳簿はかなり楽でした。

よく分からないところもありましたけど、税務署から確定申告関連で連絡もらったこともありませんし。

「一人塾長+個人事業」で税理士、会計事務所との契約とか必要ないはずです。

顧問料で月3万とか(私が契約しているところはもっと安いですけど。)…毎月、生徒2人分を支払うのは開業当初は痛いですよ。

『弥生の青色申告』で私は十分でした。

私は商工会議所にも入ってませんでしたし。

”せこせこ余計なごまかしをしないで、正直に会計ソフト使って自分で申告。”

たぶんこれが一番時間も費用も節約できるんでは?

私の場合は100円ショップで売ってるポケット式のA4ファイルにレシートとかを月別に入れておいて、暇なときに『弥生の青色申告』開いて入力って感じでした。

Mr.MMr.M

すいません、嘘です。それは最初の1,2年目くらいまで…

3年目以降は、3月はじめに高校入試終わってその後の2週間で1年分を一気に入力・申告書作成って感じになってました。

個人塾の経理ってそんなもんでも、スーパーサイ〇人になれば間に合っちゃうんですよね。

仕入れとかほとんどないじゃないですか。

飲食店とかに比べて、金の出入りがメチャクチャ少ない業界ですから。

でも皆さんは私の真似しないで、せめて1か月に1回は入力してください。

Mr.MMr.M

まあ普通に自分で確定申告するのが良いです。勉強にもなりますし。あなたの確定申告の最強の助っ人はこちらから ☞やよいの青色申告オンライン

備品

ネットショッピングでサンワダイレクト「会議用テーブル(幅150×奥行45)」を注文してます。これを2人掛けで使います。色はメープルか白ですね、私の場合。 ☞サンワダイレクト WEB限定品

幅180cmというのもあるんですけど、2人掛けでそれは空間取りすぎますし、3人掛けだと生徒が窮屈になります。

幅150×奥行45というのは、ちょうどいいサイズだと私は思ってます。

アスクルでも同サイズの似たような商品あるんで、そっちでもいいと思います。今はアスクルの方が安いのあるかも…

イス

アスクル6脚入りで12000円くらいの折りたたみイスを頼んでます。

机は最安値ねらってもいいですけど、イスの最安値はちょっと考えものです。

ちなみに私が今まで使ったイスで最安値は、ニ〇リの折りたたみイス。

その価格、なんと1脚700円台!!

ハンパなく安い!!回転ずし7皿分です。

でもね、生徒の評判がすこぶる悪かったんです。

もう2か月もするとクッション性0です。

土台の金具部分がお尻に当たって、それはもう歴史上一番負担のかからない軽い拷問を生徒にかけているようなもんです…

相当安いんで仕方ないですけどね。毎日、中学生がドカッと座る訳ですから。

700円台のイスの立場からすれば「俺にそんなに期待しないでよ~」って感じだと思います。

値段、耐久性、座り心地なんか考えると、1脚2000円くらいが目安かもしれませんね。

ホワイトボード

アスクル2100mm×900mmの壁掛けのホワイトボードを以前はメインで使ってました。

この大きさで13000円くらいでメチャクチャ安いってことで。

私はホワイトボードは大きい方がいいのでこれを使ってたんです。

ただ、他の価格が高いホワイトボードと比べるとインクが消えにくい、ってところはあります。

しっかりクリーナー剤とか使って掃除しないと跡が残るんですよね。

まあ掃除すれば問題ないんですけど。今も自習室で補助用として使ってますし。

開業期の少しでも節約したいって場合にはいいかもしれませんね。

あ、黒板はおすすめしません。

チョークが安いとか、チョークは書くとき音が鳴って授業のリズムが出るとか、黒板の方が生徒が見やすいとか、いろいろ塾講師としての思想はあるかと思います。

でも、私の考えでは黒板はなし。

チョークの粉が飛ぶ。これが結構飛ぶ。思ったよりも飛ぶ。全盛期のカール・ルイス級に飛ぶ。

「家庭でも各部屋に1台ずつ空気清浄機を買うような時代でこれはない」ってことです。

アスクル公式通販サイト

コピー機

最初は5万前後の複合機を購入。

私はbrotherのものを使っていました、安かったので。

ネットの評判みると、やっぱりSHARPとかCanonの方がいいとか書いてありますけど、どうせ普通の生活を手に入れるまでの助走期間で使うものです。

3年くらいしか使わないって考えれば、十分な機能だったと思います。

生徒が30名を超えるころになれば、印刷速度の面で上位機種を考えるでしょう。

メンテナンスのことを考えてリース契約が有力だと思います。

コピー機が故障することって結構ありますからね。

私の場合は現在、A4印刷機ですけどモノクロ0.9円/枚、カラー9.5円/枚のカウンター料金で、機器のリース料10000円/月でやってもらってます。

他社の営業さんも「それは、ちょっと勝てない。」と言うくらいの条件らしいです。

電話

何でもいいと思うんですけど、子機がついてるものをおすすめします。

トイレに入ってるときに持ち込むためです。

トイレに入っているときほど、電話って鳴るんですよね。

開業したての問い合わせが本当に少ない時期…

あまりにも鳴らず故障かと思っていた電話が鳴ったとき…

あなたはトイレでその音を聞いている…

修学旅行で訳の分からない木刀買っちゃうくらい後悔しますよ。

こんな切ないことってないですよ。

一人塾長は代わりに出てくれる人はいないんです。

トイレに子機を持ち込むっていうのは習慣にしましょうね。

パソコン

我々が使うのは主にオフィス系ですよね。

ワード、エクセルがメイン。たまにパワーポイント。

だから安いのでもいいって言う人、多いです。

私も安いものでいいと思うんですけど、イスと同じで最安値は考えものです

やっぱりオフィス使うにしても、ネット見るにしても最安値のものは遅いですよね。

「時間」は資産ですから、速いに越したことはない。

私はパソコンとかには疎いんでホント詳しいことは分かりませんけど、ハードディスクのコンピューター(私はSSDのコンピュータ―持ってませんので)だと、CPUがcorei3以上がいいと思います。

「いやcorei3でも、型によって全然違うぞ、モバイル版と…」とかは止めてくださいね。

それはもうただのカブトムシ好きの少年に、「いやカブトムシは進化的に甲殻類の中でも…」って言い始めるのと同じですからね。

何度も言いますけど、私、パソコンについてもド素人なんですから。あくまで個人塾経営者に必要な知識レベルで言ってます。

ダメなヒトダメなヒト

オッサン、も~よく分からんわ。電器屋言って店員の兄ちゃんに聞いてくるわ。

って場合は、ネットのBTOパソコンでオフィス入れて10万前後のノートパソコン買えば問題ないはずです。

開業期はノートパソコンに限ります。家でも仕事をするはずだからです。

ダメなヒトダメなヒト

BTOって何だ?オッサン、英語は分からんぞ。

って人は、もうマウスコンピュータか、ドスパラか、パソコン工房でオフィス入れて10万前後のノートパソコン。(3社とも管理人は購入経験あり。簡単に購入できます。)

マウスコンピューター / TOP

掃除機

ここも時間短縮を考えます。

サイクロン式は性能いいですけど(価格も高いですけどね。)、手間がかかりますよね。

かなり日常的にダストボックスの掃除しなきゃいけない。(らしいですね、実は私はサイクロン式を使ったことがありません…)

日常的にその時間にとられるのは私は嫌ですね。

私は紙パック式をおすすめします。

紙パック交換って1か月に1回くらいですから、手間かかりませんよね。

紙パックのコストがかかるって言ったって何百円の世界。

あなたの時給より全然安いんですから、サイクロン式の手入れ時間考えれば節約ですよ。

ただ、しっかり掃除もできなきゃいけないんで紙パック式でも最安値は選びません。

国内メーカーの2万円前後のものを選べば問題ないと思います。私は日立の吸引力が強いってやつが好きですね。

ビジネス用クレジットカード

個人事業であってもクレジットカードはあった方がいいと思います。使った経費が明細書に乗るんで経理的にもかなり時間が節約できると思います。(当然、買い物のときだって楽です。)

でも最大の理由は、カードがないと買えないものが多いってこと。今の時代、ネットショッピングが当たり前ですので、カード支払いのみって場合も多いんです。しかも、その買えないものって言うのが、Mr.M的には個人塾経営を進めていくうえでドラゴンレーダーよりも便利なものが多いんですよね。

まずオンラインストレージのDropbox。パソコン2台使いであれば必須中の必須。まあ別のオンラインストレージでもいいと思いますけど。

そして、Looop電気との契約。これで管理人の塾の電気料金は結構安くなりました。(カードの年会費はまかなえちゃいましたね。)Looop電気はカードがないと契約できないのです…。

あとはホームページ作成のためのwordpress用のテンプレート『賢威』。『賢威』の威力については、ぜひこちらの記事で見てください。

パッと思いつくだけでこの3つはクレジットカードが必要でした。ビジネス用だと年会費が無料とかなかなかないと思うんですけど、その分色々な機能がついてるとかあるらしいので…。(自分はほとんど使ってないですけど。)

でも、まあ一人塾長の場合はネットショッピング多用すると思うんであった方がいいです。代引きだと手数料とられますし、年間の手数料考えたらカードの年会費なんて安いもんです。

「信用のためにゴールドがいい」とかいう人もいますけど、我々零細個人塾経営者がお得意様と会食してカード見せて支払い、なんて場面ほぼ皆無ですよね。日本にオーロラ出るレベルでないです。そこは見栄はらなくていいと思います。使用額だってそんなに高額になることないはずですし。普通でいいです、普通で。(もちろん私もゴールドじゃないです。)

教材

教材会社に連絡とりましょう。新規のお客さんの場合、営業さんが来てくれると思います。

私の場合、「育伸社」と「エデュケーショナルネットワーク」の2社にお世話になっています。

どちらも定価販売ではなく割引してくれますのでありがたいですね。

以前も書きましたけど、教材で儲けようとするのはおすすめしません。

注文の手間と送料分くらいは教材費にのせてもいいと思いますけど、異様に高い教材費を設定するとお客様にそのいやらしさがバレますよ。

ダメなヒトダメなヒト

えっ、教材費1教科20000円とか設定しようと思ってんだけど。だって教材に定価とか書いてないしさ。

Mr.MMr.M

・・・・・・

月謝

月謝は塾の口座作って振り込みをお願いしましょう。

自動引落は手数料がかかりますよね。

手数料分も月謝にのせるんでしょうけど…、まあ月謝が高くなるわけなんでお客様からみれば不利ですよね。

月謝袋は生徒を介しますのでトラブルが起きる可能性が高いです。(生徒が塾に持ってこないで使うとか…で、「いや俺はちゃんと先生に渡した」って…あぁ想像するだけでも面倒くさい!!)

だから私は開業から一貫して振り込みをお願いしています。

お客様には手間をかけさせてしまいますけど、それでも「厳しい塾」にあえて子供を預けてくれる保護者様たちですから、その手間は快く負担してくれています。

少しでもお客様の負担を減らすために、塾から一番近い金融機関に口座は開設しましょうね。

 


スポンサーリンク