実例 チラシ印刷料

A社の場合

B4 両面 モノクロ 20000枚 85523円

管理人の兄の会社。

親戚特価ということで、デザイン料も込み。

B社の場合

B4 両面 モノクロ 20000枚 80404円

ポスティング業者の仲介で作成。

一応、ポスティング業者の営業さんが口をきいてくれたらしい。

ただし、紙質は非常に薄い(裏の印刷がもろに透けて見える)。

さらにグラデーション印刷上手くいかず、途中で文字が消えている部分も。

デザインは自分。校正もないまま印刷だったので、文字が消えたまま仕上がった。

多少安くても意味がないということで、ここはこの一回きり。

C社の場合

B4 両面 モノクロ 20000枚 88000円

地元の印刷会社。もともと名刺の作成を頼んでいた。

営業マンが大変親切で、校正なども丁寧にやってくれた。

紙質のアドバイスなどもくれ、A社と同等の紙質であった。

デザインは自分。

兄が印刷会社を辞めた後は、しばらくこの会社にお世話になった。

ラクスルの場合

ホームページに移動し、実際にご自分の目で料金を確かめてみてください。

上の3つの例と比較するとビックリするかもしれません。

一応、この記事を書いている時点での価格

B4 両面 モノクロ 20000枚 49600円

そして両面カラー

B4 両面 カラー 20000枚 53000円

※いずれも7日後到着。

C社の営業マンには大変お世話になっていたんですが、この価格に心が負けました。

もともと自分でチラシを作成していましたので、すぐに切り替えてしまいましたね。

Mr.MMr.M

裏切者!!

注文前に心配だった紙質もバッチリでした。

それ以来、私は名刺もパンフレットも封筒もラクスルです。



ラクスル入稿手順

最初に断っておきますが、もうホントど素人感満載の説明をします。

そんなことは聞かなくても分かる、って思われるかもしれません。

でも私が初めてラクスルを使ったときは「これで大丈夫かな?」って不安に思ったので。

※チラシについての私の考え方などはこちら 『チラシの位置づけ』

※管理人流のチラシ作成手順はこちら 『チラシ作成』

inkscapeでチラシ作成終了→「ファイル」→「名前を付けて保存」→「ファイルの種類」(ファイル名の下)→「Portable Document Format (pdf)」選択→保存

両面の場合、ファイル名は「チラシ表」「チラシ裏」とかにすればいいです。

その後、ラクスルでB4両面カラー20000枚とか商品を選択し購入。

用紙の種類は”光沢紙”で、用紙の厚さ”標準”で十分ですね。

ここでネット印刷に慣れていないと、「え?俺が作ったデータはいつ送ればいいの?」ってなるんですが、データ入稿は商品を買った後です。

ここに入稿してねってラクスルから丁寧に案内されると思います。

そこに作成したpdfデータの「チラシ表」と「チラシ裏」を入稿。

終わりです。

会社の名前の通り本当に楽です。

何かラクスルの営業マンみたいになってきましたね。

私は使ってないだけですけど、プリントパックでも同じようなものかもしれません。

とにかく教室備品で20円、30円安い商品をちまちま時間をかけて探して節約するくらいなら、チラシを自分で作れるようになってネット印刷使った方がいいです。

そっちの方が自分の力もつきますし、万単位での節約ができます。

ポスティング業者

これはもう皆さんの地域それぞれの業者を探すしかないです。

一応私が今のポスティング業者を選んだ理由は、『配布員をよく見かけるから』です。

配布員が会社のカードを首にかけているので分かったんです。

まあ「よく見かける」ということは、ちゃんと配っている可能性は高いのかな、と。

チラシ配布員のアルバイトが、面倒だからチラシを捨てるとか聞くじゃないですか。

(私の知り合いで、「アルバイトで捨てたことある」という奴が実際いましたし…。)

なけなしの資金投入して、心血注いで作ったチラシ。

もし捨てられたら…

Mr.MMr.M

三途の川まで追いかけます。

そこは確実に配ってもらわないと。

だから「配布員をよく見る」という点で今の業者にしたんですね。

そのポスティング業者の営業さん曰く、配布員がやる気をなくしてチラシを捨てないように

「うちは時給を安くしない、だから配布料もこれ以上安くできないんです。多分調べれば、配布料が安いところは他にいくらでもありますよ。」とのこと。

こういう方針は私も賛成するところなので、今は信頼して配布をお願いしています。

※この業者さんでは15日間配布(15日間で配り終えるというプラン)で、1枚3.3円+税。

ちなみにポスティング配布にしてから、二度ほどクレームが入ったことがあります。

「テメェのとこのゴミを勝手に捨てるな!」

最初何のことか分かりませんでした。

本当に地域のゴミ置き場をイメージしてしまいました。

お怒りを必死になだめながら話を聞くと、どうやら「ゴミ=うちのチラシ」。

「捨てる=ポストに入れる」ということらしく…。

クレームは2回ともポスティング業者さんが丁寧に謝りに行ってくれました。

クレームが入るということはしっかり配ってくれてるんだな、と逆に安心した部分もありましたね。

ポスティング業者の選び方は難しいかもしれませんが、一応私からのアドバイスは

・実際配っているところをよく見かける。

・配布料が安すぎない。

ということでしょうか。